ショッピングカート
書籍
書籍
こんとん
★★★★★
★★★★★
0.0

お取り寄せの商品となります

入荷の見込みがないことが確認された場合や、ご注文後40日前後を経過しても入荷がない場合は、取り寄せ手配を終了し、この商品をキャンセルとさせていただきます。

商品の情報

フォーマット

書籍

構成数

1

国内/輸入

国内

パッケージ仕様

-

発売日

2019年01月26日

規格品番

-

レーベル

偕成社

ISBN

9784033328904

版型

27cm×19cm

ページ数

41

商品の説明

中国神話に登場する「渾沌」の伝説をもとに、夢枕獏が語るせつない物語。その「ものいわぬもの」のイメージを松本大洋が愛しさをこめて描いた美しい絵本。

作品の情報
あらすじ
名前がないので、誰でもない。誰でもないから、何にでもなれる。それが、こんとん。六本の足を持ち、六枚の翼を持つけれど、目も耳も鼻も口もなく、いつも空を見あげて笑っている、こんとん。そんな、こんとんのところに、ある日、南の海の帝と北の海の帝がやってきた。帝たちは、こんとんに、二つの目、二つの耳、二つの鼻の穴、そして口、あわせて七つの穴を作ってやることにしたのだが──。
メイン
収録内容

構成数 | 1枚

    • 1.
      [書籍]
レビュー
  • 中国神話の四凶の一「渾沌」を下敷きとした絵本。夢枕獏が新たに紡ぎ、鉄コン筋クリートでお馴染みの松本大洋が描く世界は、シンプルさと繊細さ、そして重みを感じられる空気がある。伝説の通り不気味な「こんとん」だがページをめくるごとに愛らしく見えてきて、そしてとても悲しい結末を迎える。絵本の醍醐味とは簡素な表現の中にある感動だが、その時のあまりに"当たり前"の言葉に強烈な物悲しさを覚えた。何が悲しいのかわからないのだが、現代社会で生きていくことの難しさを改めて感じさせてくれる、そんな気持ち。切なくも暖かく、そして可愛い「こんとん」、ぼくも「なんだか すきなんだよねえ」。
    intoxicate (C)板谷祐輝

    タワーレコード (vol.139(2019年4月10日発行号)掲載)

カスタマーズボイス
    評価する:
ニュース & 記事
還元ポイント
16pt
販売価格(税込)
¥ 1,760
販売中
お取り寄せ
発送までの目安:2日~14日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加