こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

DVD/ブルーレイ

  • 国内DVD / ブルーレイ

【DVD】

真白き富士の嶺

森永健次郎(監督)宮口精二(主演)

販売中

在庫わずか

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 価格(税込)
    ¥3,456
  • ポイント数
    32 ポイント

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


真白き富士の嶺

森永健次郎

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の説明

迫りくる死の影をみつめながら、限られた青春に万感の思いをたくし、明るく清らかな純愛に生きる妹と姉の姿を描いた珠玉の文芸抒情大作。

商品の情報

発売日

2019年04月02日

フォーマット

DVD

構成数

1

製造国

国内

レーベル

日活

規格品番

HPBN-134

作品の情報

あらすじ

逗子の浜辺を解放されたようにはしゃぎ廻る梓。髪をなびかせて胸を張り、大手を広げてはしゃぐ姿は天翔ける青春の女神像のような神秘な美しさをたたえていた。姉の梢は止めるのも忘れ、そんな妹の姿に見とれていた。梓が退院したのは昨日だ。父・修平は病気の娘に静かな環境を用意するため、東京から逗子に引越した。修平の頭には、退院間際に院長から言われた「できるだけ患者をいたわってやってください」という言葉が重くのしかかっていた。潮騒が聞こえる梓の部屋で、彼女は梢から贈られた藤椅子にゴキゲンだ。高校の教師の修平と、洋裁学校の先生をしている梢が出かけると、お手伝いの婆や"さと"と二人だけだ。さとからホースを奪った梓は、表を通る高校生に頭から水を浴びせてしまった。恐る恐る垣根の上から顔を出して詫びた梓は、振り向いた高校生に胸をドキリとさせた。キリッとした美少年は、逗子高校のヨット部員・富田一夫。梓は彼の面影を、美しい黒い瞳にやきつけた。二度目に彼をみたのは、修平を駅まで迎えに行った帰り道だ。梓は顔を赤らめたが、父は気づかなかった。そんなある日、梓は無謀にも単身上京し、梢の婚約者・山上を訪ねて驚かせた。一方梢は、梓の留守中、梓にあてられたラブレターを読んでしまい、手紙の主と梓の関係に心を痛めた。翌日から梢は、M・Tというイニシャルをもとに病院患者や逗子高校の名簿を調べたが、該当する人間は見つからず…。

メイン

その他

制作国:日本

制作年:1963年

公開年:1963年

収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 01:39:00

  1. 1. [DVD]

    映像・音声
    面/層
    片面一層
    色彩
    モノクロ
    画面サイズ
    シネスコサイズ=16:9LB
    映像方式
    NTSC
    動画規格
    MPEG2
    オリジナル言語
    日本語
    オリジナル音声方式
    ドルビーデジタルモノラル

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    真白き富士の嶺

    01:39:00

    close