こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

商品詳細

ジャンル別のオススメ

【CD】

ヴォルフ: イタリア歌曲集

ディアナ・ダムラウヨナス・カウフマンヘルムート・ドイチュ

  • 1回の配送の合計金額が、2,000円(税込)以上で送料無料!
  • クラシック輸入盤プライスオフ
    期間限定スペシャル・プライス

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥2,149
  • セール価格(税込)
    ¥1,590
    ¥559 (26 %) オフ
  • ポイント数
    14 ポイント

カートに入れる

店舗で取置き

商品の情報

発売日

2019/01/11

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

輸入

レーベル

Warner Classics

規格品番

9029565866

商品の紹介

  • ディアナ・ダムラウとヨナス・カウフマン。今をときめく2人によるヴォルフの「イタリア歌曲集」が登場します。「最も独創的であり、私の作品の中でも芸術的に一番完成度が高い」とヴォルフ自身が語ったという「イタリア歌曲集」は、全46曲で構成されていますが、1曲1曲が比較的短いことと、曲の順番を自由に組み替えることで、まるで歌劇のように「愛の情景」を描き出すことができるという作品。その分、曲の完成度の高さは歌手たちの技量に任されています。
    ダムラウとカウフマンは、カウフマンと長年のコラボレーションを行っている名ピアニスト、ヘルムート・ドイチュとともにこの歌曲集を携え、2018年2月にヨーロッパ6か国で計12回のリサイタルを行いました。この録音は、エッセンでのリサイタルをライヴ収録したもので、ダムラウは美しい声で言葉のニュアンスを完璧に捉え、カウフマンは強靭な声でヴォルフ特有の複雑なニュアンスを丁寧に紡ぎだしており、ドイチュはピアノ・パートの複雑な書法を入念になぞり、各々の歌を引き立てることに成功しています。
    ワーナーミュージック・ジャパン

    発売・販売元 提供資料 (2018/11/20)

作品の情報

メイン

その他

収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 01:16:00


【曲目】
フーゴ・ヴォルフ: イタリア歌曲集(全曲)
1) 小さくてもうっとりとさせられるものはある、
2) この世界の生みの親に祝福あれ、
3) 緑色と、緑を身にまとう人に幸ありますように、
4) あなたは世界で一番美しい、
5) あなたのお母さんがお望みでないらしいわね、
6) 昨夜、真夜中に私が起き上がると、
7) ああ、あなたのお家がガラスみたいに透き通っていたらいいのに、
8) ベッドの中でへとへとの体を大きく伸ばしているというのに、
9) ブロンドの頭をあげておくれ、眠るんじゃないぞ、
10) あたしの恋人が月明りの注ぐ家の前で歌っているわ、
11) セレナードを捧げにわたくし参りました、
12) ぼくはもう歌えないよ、だって風が、
13) ちょっと黙ってよ、そこの不愉快なおしゃべり男、
14) おお、お前は分かっているのだろうか、どれほど俺がお前を思って、
15) 一体誰があんたを呼んだのよ、
16) どうして陽気でいられるもんか、まして笑うことなんて、
17) あなたは細い糸たった一本で私を捕まえて、
18) 相棒よ、おれたちゃ修道服でもまとって、
19) 深淵が恋人の小屋を飲み込んでしまえ、
20) さあ、仲直りしよう、
21) 賤しからぬあなた様の御身分は重々承知しておりますわ、
22) 君が僕をちら見して笑い出し、
23) あなたが、愛する方、天国に昇る時がきたら、
24) 君にはどんな歌を歌ってあげたらいいのかな、
25) 私たちは二人とも、長いこと押し黙っていました、
26) それから、あなたが朝早くベッドから起き上がり、
27) 戦場に向かわれるお若い方々、
28) 君の魅力がすべて描かれて、
29) 遠いところに旅立つそうね、
30) 君の彼氏が昇天するところを見たいのなら、
31) 僕が死んだら、この体を花で包みこんでおくれ、
32) 私の恋人はとってもちっちゃいの、
33) 今は亡き君の母上に祝福あれ、
34) 私はもう濡れていないパンを食べることはありません、
35) 月がひどい不満をぶちまけ、
36) 彼氏があたしを食事に招いてくれたの、
37) 私がしょっちゅう聞かされた噂では、
38) もうどれほどずっと待ち焦がれてきたことでしょう、
39) 君を愛することで、どれほどの時間を無駄使いしてきたことか、
40) なにを怒っているの、大切な方、そんなに熱くなって、
41) 闇の世界に生きる人たちは幸いだ、
42) 駄目、お若い方、そんな事しちゃ嫌、
43) ふんぞり返っておいでだな、麗しき娘よ、
44) 侯爵夫人様じゃないんだからって、あたしに言うけど、
45) 放っておけばいいさ、あんな高慢ちきを演じる女なんか、
46) あたし、ペンナに住んでる恋人がいるの、

【演奏】
ディアナ・ダムラウ(ソプラノ:1,3,5,7,10,13,15,17,19,21,23,25,27,29,32,34,36,38,40,42,44,46)、
ヨナス・カウフマン(テノール:2,4,6,8,9,11,12,14,16,18,20,22,24,26,28,30,31,33,35,37,39,41,43,45)、
ヘルムート・ドイチュ(ピアノ)、

【録音】
2018年2月18日、エッセン・フィルハーモニー、アルフリート・クルップ・ザール(ライヴ)

  1. 1. [CD]