ショッピングカート
クラシック
SACDハイブリッド
ルイジ・ノーノ: リゾナンツェ・エッランティ
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

オンラインキャンペーン価格
クラシック スペシャルプライス15%オフ
商品の情報

フォーマット

SACDハイブリッド

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2019年01月25日

規格品番

SHIIINELN1

レーベル

Shiiin

SKU

4589538733513

商品の紹介
ノーノの「リゾナンツェ・エランティ=さすらう響き(響きの群島)」は1985年から87年にかけて書かれた作品。1975年から彼の友人であった哲学者マッシモ・カッチャーリの思想を受けたこの作品には、ハーマン・メルヴィルのいくつかの詩と中世ルネサンスのアルス・ノヴァの歌詞の断片が、ためいきや休符などに置き換えられ、原型をとどめないほどに分断されて散りばめられています。音を奏でるのはアルト独唱、ピッコロとバス・フルート、テューバ、一連の打楽器と晩年のノーノが愛したエレクトロニクス。言葉の海に時折投げ入れられるかのような打楽器の音がいかにも挑戦的であり、不可思議な世界を織りなします。このアルバムでは1987年のライヴと2014年のライヴ、2種類が収録されており、演奏される時期によって変貌を遂げる作品を姿を見ることもできます。
ナクソス・ジャパン
発売・販売元 提供資料 (2018/11/26)
ノーノの『リゾナンツェ・エランティ=さすらう響き(響きの群島)』は1985年から87年にかけて書かれた作品。1975年から彼の友人であった哲学者マッシモ・カッチャーリの思想を受けたこの作品には、ハーマン・メルヴィルのいくつかの詩と中世ルネサンスのアルス・ノヴァの歌詞の断片が、ためいきや休符などに置き換えられ、原型をとどめないほどに分断されて散りばめられています。音を奏でるのはアルト独唱、ピッコロとバス・フルート、テューバ、一連の打楽器と晩年のノーノが愛したエレクトロニクス。言葉の海に時折投げ入れられるかのような打楽器の音がいかにも挑戦的であり、不可思議な世界を織りなします。このアルバムでは1987年のライヴと2014年のライヴ、2種類が収録されており、演奏される時期によって変貌を遂げる作品を姿を見ることもできます。 (C)RS
JMD (2018/11/27)
収録内容

構成数 | 1枚

【曲目】
ルイジ・ノーノ:リゾナンツェ・エランティ
1.リゾナンツェ・エランティ
2.リゾナンツェ・エランティ

【演奏】
アンサンブル・プロメテオ・・・1
マルコ・アンジウス(指揮)・・・1
フリードリヒ・ゴルトマン(指揮)・・・2
SWRエクスペリメンタルスタジオ・・・2

【録音】
2014年5月10日 ライヴ録音
イタリア パルマ、ファルネーゼ劇場
1987年8月10日 ライヴ録音
フランス、パリ シャイヨー国立劇場
    • 1.
      [SACDハイブリッド]
カスタマーズボイス
    評価する:
ニュース & 記事
還元ポイント
26pt
販売価格(税込)
¥ 3,399
¥ 510(15%)オフ
¥ 2,889
販売中
在庫わずか
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加