ショッピングカート
J-Pop
CD
POP VIRUS [CD+DVD+特製ブックレット]<初回限定盤B>
★★★★★
★★★★★
4.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

商品ページ記載の「発送までの目安」よりお届けに時間がかかる場合がございます。
数量・期間限定の特別セール!(クレジットカード/d払い/宅配代金引換のみ可、クーポン/ポイント利用可、セブン-イレブン受け取り不可) / 一部「パッケージビニール破損」など若干のダメージがある商品もございます。
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

3

国内/輸入

国内

パッケージ仕様

-

発売日

2018年12月19日

規格品番

VIZL-1491

レーベル

SPEEDSTAR

SKU

4988002777426

作品の情報
メイン
アーティスト
オリジナル発売日
2018年12月19日
商品の紹介
前作「YELLOW DANCER」以来3年ぶりとなる待望のニューアルバムリリース決定!大ヒット曲「恋」「Family Song」を始め、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』の主題歌として配信リリースされた「アイデア」、ドコモ『青春のドまんなか・スタート』篇のCMソング「サピエンス」を収録。

「星野源 LIVE at ONKIO HAUS Studio」として、星野源のレコーディングやライブでおなじみのバンドメンバーが集結し、レコーディングスタジオ「音響ハウス」において、全11曲をパフォーマンス。「肌」や「KIDS」など、ライブで初披露となる楽曲も収録!

「創作密着ドキュメンタリー「ニセ明と、仲間たち」」 星野源の友人“ニセ明”が新曲制作のためにある場所へ。ニセ明が集めた仲間たち、雅マモルとウソノ晴臣の協力を得て、新曲を作り上げる姿に密着した抱腹絶倒の“リアル”ドキュメンタリーを収録!出演は、ニセ明・雅マモル(宮野真守)・ウソノ晴臣(ハマ・オカモト)。コメンタリーも含めるとトータル約200分の映像作品を収録!

特製ブックレットには、ここでしか読めない5th Album『POP VIRUS』のロングインタビュー(聞き手:高橋芳朗)、星野源によるエッセイ、全曲解説のほか、撮り下ろし写真を収録。
発売・販売元 提供資料 (2018/12/20)
収録内容

構成数 | 3枚

合計収録時間 | 02:33:41

[DVD]
・星野源 Live at ONKIO HAUS Studio
1. Night Troop
2. 肌
3. 桜の森
4. Snow Men
5. KIDS
6. SUN
7. 海を掬う
8. 恋
9. プリン
10. アイデア
11. Friend Ship
・創作密着ドキュメンタリー「ニセ明と、仲間たち」
星野源と友人によるコメンタリー付
    • 1.
      [CD]
    • 2.
      [DVD]
      • 1.
        Night Troop (星野源 Live at ONKIO HAUS Studio)
        00:04:41
      • 3.
        桜の森 (星野源 Live at ONKIO HAUS Studio)
        00:06:16
      • 4.
        Snow Men (星野源 Live at ONKIO HAUS Studio)
        00:04:55
      • 6.
        SUN (星野源 Live at ONKIO HAUS Studio)
        00:04:20
      • 7.
        海を掬う (星野源 Live at ONKIO HAUS Studio)
        00:02:58
      • 9.
        プリン (星野源 Live at ONKIO HAUS Studio)
        00:04:34
      • 11.
        Friend Ship (星野源 Live at ONKIO HAUS Studio)
        00:06:13
      • 12.
        創作密着ドキュメンタリー「ニセ明と、仲間たち」
        00:00:00
レビュー
  • ソウル/R&Bを日本語のポップスへと消化した前アルバムでのアプローチに改めて腰を据えて取り組み、深化させた5作目。タイムレスなメロウネスをさまざまな形で紡ぐ一方で、現行のビート・ミュージックの骨格を旺盛に採り込んでおり、表題曲などの5曲でSTUTSが鮮やかなリズムを弾き出し、"Dead Leaf"では山下達郎によるひとり多重コーラスにネオ・ソウル経由の伸縮自在のグルーヴを重ねるという大胆な配合で聴き手を驚かせる。そうしたサウンド面の美しく野心的な成果がいちいち最高なのだが、何よりも星野源その人の歌に耳を奪われることがやはり本作の凄みかもしれない。ミクロ~マクロの広範な視点から愛を語る歌唱からは、スタイルを超えてソウルの根源に触れんとする意志が感じられる。
    bounce (C)澤田大輔

    タワーレコード (vol.422(2018年12月25日発行号)掲載)

カスタマーズボイス
総合評価
4.0
★★★★★
★★★★★
(1)
    評価する:
★★★★★
★★★★★
投稿日:2020/05/15

自身のサウンドベクトルを新しい方向へと向けたアルバムですね。今まで彼の作品を追いかけてきた私としては少し違和感を感じる作品でした。前回のアルバムに引き続きバンドサウンドに重きを置いて壮大に作られリズムキットを起用したりと今まで彼に無かった要素が沢山含まれてます。とはいえ、90年代R&B好きな私としては親近感が湧く曲が所々にあって好きです。

関連商品
ニュース & 記事
還元ポイント
対象外
販売価格(税込)
¥ 5,280
¥ 1,584(30%)オフ
¥ 3,696
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる
欲しいものリストに追加