ショッピングカート
Rock/Pop
CD
Ultraviolet
★★★★★
★★★★★
0.0

お取り寄せの商品となります

入荷の見込みがないことが確認された場合や、ご注文後40日前後を経過しても入荷がない場合は、取り寄せ手配を終了し、この商品をキャンセルとさせていただきます。

開催期間:2024年7月24日(水)0:00~7月26日(金)23:59まで![※期間中のご予約・お取り寄せ・ご注文が対象 ※店舗取置・店舗予約サービスは除く]
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2018年11月02日

規格品番

WARPCD297

レーベル

SKU

801061029722

作品の情報
メイン
アーティスト
商品の紹介
Pitchfork (Website) - "The prepared-piano specialist abandons the meticulous compositions of her previous albums, editing down improvisations and bejeweling them with layers of synthesizers and effects."
Rovi
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:44:58

Audio Mixer: Chris Tabron. Photographer: Timothy Saccenti. Kelly Moran regularly composes music for prepared piano, inserting objects between piano strings in order to produce a wider, more percussive range of tones. Instead of sounding stiff and academic like the prepared piano works of John Cage, however, Moran's pieces are much more vibrant, even ecstatic. The tracks on her 2018 album, Ultraviolet, originate from a series of improvisations recorded during a burst of creativity one epiphanic day. Rather than composing pieces rigorously, Moran simply let the music flow; after recording several hours of improvisations, she edited them and added electronics in order to form these songs. The result is far more expressive than one might expect from an album of prepared piano music. While there are several sparse, spacious moments, the album's lengthier pieces develop into dense sections of cascading, spiraling notes. Moran's playing is precise, but never contained by time signatures or conventional structures, and it always sounds free and unbridled. The additional electronic backing emphasizes the hypnotic qualities of Moran's piano playing, but never drowns it out. A few tracks feature additional production and synth work by Daniel Lopatin (Oneohtrix Point Never), whom Moran has toured with, and his presence is particularly unmistakable on "Water Music." Later on in the album, "Halogen" is much starker, with dizzying clusters of notes pushed to the forefront and more traditional-sounding piano tones interspersed. Ultraviolet is a remarkable album that blurs the lines between jazz improvisation, modern composition, and ambient electronic music, forming its own musical language. ~ Paul Simpson

    • 1.
      [CD]
      • 1.
        Autowave
      • 2.
        Helix
      • 3.
        Water Music
      • 4.
        Nereid
      • 5.
        In Parallel
      • 6.
        Halogen
      • 7.
        Radian
レビュー
  • OPNのサポート・メンバーも務めるNY拠点の女性マルチ・プレイヤーが、ワープに移籍して新作をリリース。各所で高く評価された前作ではプリペアド・ピアノの落ち着いた音色が核となっていたが、今回はチェンバロやカリンバなどさまざまな楽器を使い、ダイナミックな展開で扇情的とも受け取れる音世界を構築。ジャズやクラシック音楽の素養を感じさせつつ、型に囚われずフリーキーに弾ける姿がカッコイイ。
    bounce (C)保坂隆純

    タワーレコード (vol.421(2018年11月25日発行号)掲載)

カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
ポイント20倍
452pt
販売価格(税込)
¥ 2,490
販売中
お取り寄せ
発送までの目安:2日~14日
cartIcon カートに入れる

欲しい物リストに追加

コレクションに追加

サマリー/統計情報

欲しい物リスト登録者
2
(公開: 0 人)
コレクション登録者
0
(公開: 0 人)
フラゲ対象の詳細を表示するポップアップ
北海道・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・
山口県・四国・九州・沖縄県

フラゲ注文受付期間は地域によって異なります。
お住まいの地域をご確認ください。

北海道・山口県・九州・沖縄県

フラゲ注文受付期間は地域によって異なります。
お住まいの地域をご確認ください。