こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

全ての画像を見る

ロック/ポップス

【LPレコード】

Spencer Sings the Hits!<完全生産限定盤>

Jon Spencer

  • ポイント対象外商品
    商品ページ記載の「発送までの目安」よりお届に時間がかかる場合がございます。
  • アウトレットセール
    数量・期間限定の特別セール!(クレジットカード/d払いのみ可、クーポン/ポイント利用可、セブン-イレブン受け取り不可) / 一部「パッケージビニール破損」など若干のダメージがある商品もございます。

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥3,445
  • セール価格(税込)
    ¥2,411
    ¥1,034 (30 %) オフ
  • ポイント数
    対象外

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


Spencer Sings the Hits!<完全生産限定盤>

Jon Spencer

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2018年11月09日

フォーマット

LPレコード

構成数

1

製造国

輸入 (アメリカ盤)

レーベル

In The Red Records

規格品番

ITR329V

商品の紹介

  • 映画『ベイビー・ドライバー』で代表曲「ベルボトムズ」が大フィーチャーされ再脚光を浴びた、ジョン・スペンサー初のソロ・アルバム『Spencer Sings The Hits』
    ザ・ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン(以下JSBX)として'92年にデビューして以来、10枚のアルバムをリリースし、本国US、ヨーロッパツアーはもとよりここ日本でも第一弾サマーソニックのヘッドライナー出演始め、フジロックフェスティバル、ROCK IN JAPAN FESTIVALを含む計15回の来日公演を果たす等精力的な活動を続けてきたジョン・スペンサー。ここ近年においても、2015年に全国公開された作家・伊坂幸太郎氏原作の映画『グラスホッパー』では、伊坂氏がかねてからジョン・スペンサーの大ファンだったことから、作品に登場する架空のカリスマ的ミュージシャン、"ジャック・クリスピン"として劇中挿入歌を書き下ろした他、音楽と映像の見事なシンクロが話題となった'17年公開の大ヒットアクション映画『ベイビー・ドライバー』でも、やはりジョン・スペンサーの大ファンであったという監督エドガー・ライトの演出により、代表曲「ベルボトムズ」がオープニング・シーンで大フィーチャーされ、更に実際の映画にカメオ出演し再脚光を浴びる等、その唯一無二のカリスマ的存在感で依然としてファンを魅了し続けている。そんなジョン・スペンサーは、バンド・リーダーとしては勿論、全作品のアート・ディレクションからミュージック・ビデオのプロデュース、バンド・マネジメントから楽曲管理ビジネスまで全てを一人で担うという、正真正銘のDIYを体現してきたというから驚愕であるが、本作はそんな彼らしい拘りが詰まった、正に"ジョンスぺ度120%"の作品となっている。レコーディングは'12年発表の『ミート・アンド・ボーン』他、ジャック・ホワイトやザ・キルズ、ブラック・キーズら錚々たるアーティストの作品を生み出した、シカゴ郊外に位置するヴィンテージ・スタジオ、"キー・クラブ・レコーディング・カンパニー"にて、エンジニアのビル・スキビーと本人の共同プロデュースにより、かねてから親交のあったサム・クームズ (Quasi, Heatmeiser/シンセサイザー担当)、Mソード(ドラム担当)を迎えて行われた。ジョン本人は作詞、作曲とヴォーカル、ギター、そしてメタル・パーカッション(=豪雪のシカゴで自らジャンクヤードで掘り起こしあてたというシボレーのガソリン・タンクだという)を担当しているが、「考え過ぎず、自分の直感を信じてやりたいことをとにかくやった」と語るように、正に彼の"初のソロ作品"と呼ぶにふさわしい初期衝動に溢れた、ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンの初期作品を彷彿とさせる、"計算しつくされ完璧な形でぶっ壊れた"、プリミティブ且つスタイリッシュなロックンロール純度120%のアルバムに仕上がっている。

    発売・販売元 提供資料 (2018/10/19)

  • Clash (Magazine) - "Bassist and keyboard player Sam Coomes adds squelchy synths that act as a counterweight to Spencer's guitar on standout tracks like the stop-start `Fake' and the sinewy strut of `Time 2 Be Bad'..."

    Rovi

レビュー

  • 映画「ベイビー・ドライバー」の冒頭でブルース・エクスプロージョンの曲が使われ、新たなファン層を取り込んでいた最中に放つ初のソロ作。表題からカヴァー集と勘違いすることなかれ。クランプスを彷彿とさせる"Cape"をはじめ、すべてが書き下ろしだ。リズム&ブルースや60sのガレージ・ロックに対するオマージュが詰まっている点はこれまでの作品と同じだが、ジョン自身がブッ叩くメタル由来のリズムとサム・クームズ(クアージ)によるシンセが、本作をブルース・エクスプロージョンの時とはひと味違うユニークなものにしている。なかにはプッシー・ガロアを思い出す人もいるかも? しかし全曲が踊れるという意味ではそれとも違う。ジョンがここで提示しているのは完全に新しいロックンロールだ。
    bounce (C)山口智男

    タワーレコード (vol.421(2018年11月25日発行号)掲載)

作品の情報

メイン

収録内容

構成数 | 1枚

Jon Spencer has been making records with his various projects since 1985, and most anyone familiar with his body of work would say that 2018's Spencer Sings the Hits sure sounds like a Jon Spencer album. The only thing curious about that would be that this marks the first time Spencer has released a solo project. Spencer has always displayed a strong personal style, whether in the noise rock assault of Pussy Galore, the hard wailing of the Jon Spencer Blues Explosion, the lascivious R&B stomp of Boss Hog, or the roots-conscious swagger of Heavy Trash. But if you were expecting that something new would be revealed with Spencer as the uncontested leader, free to bend his talents into any direction he chose, well, that's really not what you get here. More than anything, Spencer Sings the Hits suggests the Blues Explosion without the same degree of fire and gravity, and with a little bit of noisy clatter and keyboard blurt added for seasoning. The high-attitude strut of Spencer's vocals is as loud and proud as ever, and the minimalist snarl of his guitar work is similarly confident. But where Judah Bauer and Russell Simins pushed Spencer forward, giving as good as he gave out, percussionist M. Sord and keyboardist Sam Coomes follow the star rather than walking in formation with him, and it makes a difference. This never rocks as hard as Spencer's best music, and while the songs still cut a solid groove and boast some suitably greasy melodic hooks, the finished product sounds like he's moved from heavyweight status down to welterweight. And perhaps that's just what Spencer had in mind; Spencer Sings the Hits is still full of style and high spirits, and the songs "Fake" and "Beetle Boots" show he has no time for various backbiters and syndicators. But it's hard not to feel that if he really didn't want to encourage comparisons to his previous work, he might have made an album that doesn't follow the Blues Explosion's template so clearly. If you dig Jon Spencer, you'll have a good time with Spencer Sings the Hits. But probably not as great a time as you had with him before. ~ Mark Deming

  1. 1. [LPレコード]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Do the Trash Can

    close

    アーティスト
    Jon Spencer

    2.

    Fake

    close

    アーティスト
    Jon Spencer

    3.

    Overload

    close

    アーティスト
    Jon Spencer

    4.

    Time 2 Be Bad

    close

    アーティスト
    Jon Spencer

    5.

    Ghost

    close

    アーティスト
    Jon Spencer

    6.

    Beatle Boots

    close

    アーティスト
    Jon Spencer

    7.

    Hornet

    close

    アーティスト
    Jon Spencer

    8.

    Wilderness

    close

    アーティスト
    Jon Spencer

    9.

    Love Handle

    close

    アーティスト
    Jon Spencer

    10.

    I Got the Hits

    close

    アーティスト
    Jon Spencer

    11.

    Alien Humidity

    close

    アーティスト
    Jon Spencer

    12.

    Cape

    close

    アーティスト
    Jon Spencer