こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

ジャズ

【LPレコード】

Christian Mcbride's New Jawn

Christian McBride

  • ポイント対象外商品
    商品ページ記載の「発送までの目安」よりお届に時間がかかる場合がございます。
  • アウトレットセール
    数量・期間限定の特別セール!(クレジットカード/d払いのみ可、クーポン/ポイント利用可、セブン-イレブン受け取り不可) / 一部「パッケージビニール破損」など若干のダメージがある商品もございます。

販売中

在庫わずか

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥7,333
  • セール価格(税込)
    ¥5,133
    ¥2,200 (30 %) オフ
  • ポイント数
    対象外

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


Christian Mcbride's New Jawn

Christian McBride

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2018年11月21日

フォーマット

LPレコード

構成数

2

製造国

輸入

レーベル

Mack Avenue Records

規格品番

MAC1133LP

商品の紹介

  • 待望!クリスチャン・マクブライドの新グループ"New Jawn"による作品の登場!!チック・コリア、パット・メセニーのグループの一角として活躍し、自身のグループ/プロジェクトでも話題の尽きないクリスチャンは、今や、1ベーシストという枠を越え、クリエイターとして大きな存在感を見せますが、本作の登場によって、またその魅力が証明されます。本グループは、コード楽器を排したカルテット!!近年のクリスチャン・マクブライドの活動では、ピアノ・トリオ、ヴィブラフォン、ピアノを加えたインサイド・ストレート、そして、ビッグ・バンドというのがおなじみで、この編成は演奏機会が極めて少なかった類のもの。しかしだからこそ、クリスチャン自身も、このフォーマットで何が起こるか好奇心も抱いて、挑んだといい、結果は、見事にここに結実しました!クリスチャンのベースをコアとして、ディープなスウィング・ナンバーからブルース演奏あり、アグレッシヴで大胆な抽象的な表現あり、また美しく上品なバラードあり。一言でいえば、メンバー4人がピアノレスならではの化学反応を起こし、最大公約数的な音楽を描き上げたと言えそうな演奏の数々!伝統と革新、統制のとれた美しいアンサンブルと、即興のスリルが混然一体となるこのユニットは、21世紀の注目グループといっても過言でないものを感じさせます。グループのきっかけは、2015年12月、毎年恒例となったヴィレッジ・ヴァンガードの2週間公演の機会にて。クリスチャン・マクブライドは、今やおなじみのピアニストとなったクリスチャン・サンズを迎えたトリオを結成して2枚の作品を録音しながら、評判高まる"サンズ自身の活動の自由"を考えて新しい方向性も考えていたとのこと。そんな時、ジャッキー・マクリーンの薫陶を受け、若くしてラシッド・アリ、オリバー・レイク、ビリー・ハーパーといったレジェンドのグループにも参加し、ケニー・バロン、マーク・ターナーといったアーティストとも録音歴を持つトランペッター、ジョシュ・エヴァンスと"邂逅"。そこにクリスチャン・マクブライド自身"ブランフォード・マルサリスの後継者"と評するマーカス・ストリックランドを迎えて、フロント二管を設定。そしてリズムを共に担うドラマーには20年以上という長年の知り合いでありながら、共演歴が少なく、リスペクトし続けていた未知数のナシート・ウェイツを迎えて結成!クリスチャンは、そんなナシートを"いつ何時もクリエイティヴで、旋風を巻き起こすようなドラマー"と評していますが、その意味は、M2, 4, 7あたり数曲を聴けば納得といえます。酔っ払いが列をなして歩く様子を音楽で表現したというユニークなリズムを配したオープニング曲に始まり、コードレス・カルテットのスリルが炸裂するM4.5、ジョシュ・エヴァンスがセロニアス・モンクへのオマージュを曲にしたM3、ビリー・ストレイホーンの美学を彷彿とさせるM6、そして、ウェイン・ショーターのコンポジションへのメンバーのリスペクトと演奏力が炸裂するM9まで、駄作、駄演なし、ヴァラエティにも富んだ9曲!!本年6月に来日もした本グループ。その公演に共感された方はもちろん、伝統に則る現代ジャズに注目する全ての方にお薦めの最高の作品です!!

    発売・販売元 提供資料 (2018/09/25)

作品の情報

メイン

収録内容

構成数 | 2枚

What's a jawn? Well, it's Philly slang for something that you cannot name yet, or do not see the need to name. In Christian McBride's case, jawn refers to his immensely talented ensemble of fellow jazz musicians on his engaging 2018 album, Christian McBride's New Jawn. A titanic presence on the jazz scene since arriving in the '90s, McBride spent his early years playing propulsive neo-bop before re-engaging with his hip-hop, funk, and R&B roots on a series of genre-bending fusion albums. He then delivered two knockout big-band recordings, while concurrently stripping his ideas down to the essentials with a handful of sophisticated trio albums. With New Jawn, he interpolates that stripped-down vibe once again with a daring pianoless quartet featuring trumpeter Josh Evans, tenor saxophonist Marcus Strickland, and drummer Nasheet Waits. The lineup (all serious players with a wealth of improvisational ideas) brings to mind both the Chet Baker/Gerry Mulligan group of the early '50s and Ornette Coleman's classic quartet of the late '50s and early '60s -- though New Jawn leans more heavily toward Coleman's mutative, confrontational free jazz group than Mulligan's cool chamber swing. That said, it's the rub between lyrical accessibility and atonal adventurousness on display throughout New Jawn that makes it so compelling. Cuts like the aptly titled "Walkin' Funny," with its off-kilter walking bassline, and "Ke-Kelli Sketch," with its scratchy opening volley of bowed bass and drum, speak to McBride's deft ability to balance cheeky humor with commanding group leadership. He remains a magnanimous maverick, jovially sparring with his bandmates and pushing them toward the less obvious choice at any given moment. The main theme to the Latin-infused "Pier One Import" threatens to explode with hard bop dynamism just as Waits pulls the band back from the brink with his impressionistic drum solo. Conversely, McBride and Waits' pulsing minor groove on "Seek the Source" leads to extended solos from Strickland and Evans, as they both dance and crash against the rhythmic caravan swell. Yet there are still languorous, thoughtfully composed moments here, like the noir-ish "Ballad of Ernie Washington," where Evans sinks into the melody with closed-eye warmth. Similarly, on the cinematically hard-boiled "John Day," Strickland's woody bass clarinet works to magnify the tune's dusky mystery. With New Jawn, McBride has put together a band with a well-defined artistic aesthetic that still sounds fresh. If, as "jawn" implies, he can't exactly name his band, the vibrant music and virtuosic playing certainly speak for themselves. ~ Matt Collar

[SideA]
1. Walkin' Funny
2. Ke-Kelli Sketch
3. Ballad of Ernie Washington
[SideB]
4. The Middle Man
5. Pier One Import
[SideC]
6. Kush
7. Seek The Source
[SideD]
8. John Day
9. Sightseeing

  1. 1. [LPレコード]

  2. 2. [LPレコード]