こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

商品詳細

【LPレコード】

Let's Have a Party<限定盤>

Amos Milburn

  • ポイント10倍
  • 1回の配送の合計金額が、2,000円(税込)以上で送料無料!
  • どちらで買ってもポイント10倍キャンペーン
    開催期間:2月22日(金)9:00~2月28日(木)23:59まで  期間中はオンラインショップでも、店舗でも、ポイント10倍! 店舗では10,000円以上お買い上げでポイント15倍も開催! [※詳しくはキャンペーン・ページでご確認ください]
  • カントリー/ブルース輸入盤レコード/アナログ10%オフ
    LP、12"、10"、7"が期間限定プライスオフ

販売中

在庫わずか

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥3,013
  • セール価格(税込)
    ¥2,712
    ¥301 (10 %) オフ
  • ポイント数
    25 ポイント →今なら251 ポイント!

カートに入れる

店舗で取置き

商品の情報

発売日

2018/12/20

フォーマット

LPレコード

構成数

1

製造国

輸入

レーベル

Wax Time 500

規格品番

408717

商品の紹介

  • 1957年にアラジン・レコードから発売された「Let's Have A Party」からの音源にボーナストラックを4曲追加した限定盤LP。1947年に録音されたエイモス・ミルバーンの大ヒット曲"Chicken Shack Boogie"の再演セカンドバージョン(1956年録音)が収録されている。ブルース・ファン待望の重量盤LP。

    発売・販売元 提供資料 (2018/10/10)

作品の情報

メイン

収録内容

構成数 | 1枚

Few artists in the history of recorded music have made alcoholism seem quite as appealing as Amos Milburn did on his run of hits for Aladdin Records in the '40s and '50s. Milburn was one of the biggest rhythm & blues stars of the pre-rock era, and his celebrations of wild, booze-fueled nights -- "Let Me Go Home, Whiskey," "Bad, Bad Whiskey," "Juice, Juice," "Vicious, Vicious Vodka," and "One Scotch, One Bourbon, One Beer" among them -- were potent enough to give even the most zealous reader of The Big Blue Book second thoughts about turning down a cocktail. It helped that Milburn was a top-shelf boogie pianist with a sly, witty vocal style, and he was fortunate enough to get just the right help in the recording studio. Let's Have a Party (The Aladdin Recordings) collects 29 numbers Milburn recorded between 1950 and 1957, which means a few of his biggest early hits don't make the cut (the frantic version of "Chicken Shack Boogie" which appears here is a recut recorded in New Orleans in 1956, with Lee Allen and Red Tyler on sax), but what's here is uniformly fine, and even the silly closing number, "We Teenagers Know What We Want" (recorded when Milburn was pushing 30), cooks with gas. While roadhouse jump blues was Milburn's specialty, that's not all this set has to offer; Milburn delivers a great version of Lionel Hampton's "Flying Home," shows his gift for slow blues on "Tears, Tears, Tears," and even leaves the bottle alone for a while on the midtempo groove "Milk and Water." Among single-disc collections of Milburn's work, The Best of Amos Milburn: Down the Road Apiece has the edge since it includes his material from the '40s, and Mosaic's exhaustive The Complete Aladdin Recordings of Amos Milburn is heartily recommended to the wealthy and obsessed, but Let's Have a Party is still an excellent collection of Milburn in his prime, and it'll have you and your friends cracking open your liquor cabinet in no time flat. ~ Mark Deming

  1. 1. [LPレコード]

    A面

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Let's Have A Party

    close

    アーティスト
    Amos Milburn

    2.

    One Scotch, One Bourbon, One Beer

    close

    アーティスト
    Amos Milburn

    3.

    I'm Still A Fool For You

    close

    アーティスト
    Amos Milburn

    4.

    That's What I'Ve Been Through

    close

    アーティスト
    Amos Milburn

    5.

    Rocky Mountain

    close

    アーティスト
    Amos Milburn

    6.

    Baby, Baby, All The Time

    close

    アーティスト
    Amos Milburn

    7.

    Down The Road Apiece (ボーナストラック)

    close

    アーティスト
    Amos Milburn

    8.

    Let Me Go Home, Whiskey (ボーナストラック)

    close

    アーティスト
    Amos Milburn
  2. B面

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Chicken Shack Boogie

    close

    アーティスト
    Amos Milburn

    2.

    Good, Good Whiskey

    close

    アーティスト
    Amos Milburn

    3.

    My Happiness Depends On You

    close

    アーティスト
    Amos Milburn

    4.

    All Is Well

    close

    アーティスト
    Amos Milburn

    5.

    I Know You Love Me

    close

    アーティスト
    Amos Milburn

    6.

    Trouble In Mind

    close

    アーティスト
    Amos Milburn

    7.

    Vicious, Vicious Vodka (ボーナストラック)

    close

    アーティスト
    Amos Milburn

    8.

    Every Day Of The Week (ボーナストラック)

    close

    アーティスト
    Amos Milburn