ショッピングカート
Soul/Club/Rap
CD
Astroworld
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

開催期間:2024年6月21日(金)0:00~7月15日(月・祝)23:59まで![※期間中のご予約・お取り寄せ・ご注文が対象 ※店舗取置・店舗予約サービスは除く]
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

輸入 (アメリカ盤)

パッケージ仕様

-

発売日

2018年10月19日

規格品番

19075888362

レーベル

SKU

190758883625

作品の情報
メイン
アーティスト
商品の紹介
デビュー・アルバム『ロデオ』、セカンド・アルバム『バーズ・イン・ザ・トラップ・シング・マクナイト』で2作連続全米HIPHOP/R&Bチャート1位を獲得した、ヒューストン出身のラッパー=トラヴィス・スコットが、2年ぶり3作目となるニュー・アルバム『アストロワールド』をリリース!アルバムには、トラヴィス・スコット公式YouTubeで公開中のアルバム・トレーラー映像に起用されている新曲「スターゲイジング」や、2017年5月にリリースされたヒット曲「バタフライ・エフェクト」など、全17曲を収録。また、これまでもケンドリック・ラマーやアリシア・キーズなど様々な豪華アーティストとの共作を果たしてきたトラヴィスだが、本作にはドレイク、ザ・ウィークエンド、フランク・オーシャンなどの豪華ゲストが参加している。ラッパー/ソング・ライターとしてはもちろん、ナイキ/プーマ/アレキサンダーワンなど数々の大手ファッション・ブランドとのコラボも果たすなど、デザイナー/ファッション・アイコンとしても活躍しているトラヴィス・スコット。8/2(木)にはシカゴで開催中の大型音楽フェス=ロラパルーザ初日のヘッドライナーとして圧巻のパフォーマンスを披露したばかり。『アストロワールド』は、マルチな才能で世界中から熱い視線を集め続ける彼の魅力を存分に味わうことのできる作品となっている。
発売・販売元 提供資料 (2018/08/10)
Rolling Stone - 3.5 stars out of 5 -- "[T]he most interesting music of his career, Scott no longer just looking the part of a brilliant artist, but sounding like it too." Spin - "Unexpected guests and surprising sounds jump out at you from every angle-there's vocals and production by everyone from Drake and Juice WRLD to Tame Impala and John Mayer." NME (Magazine) - 5 stars out of 5 -- "The sprawling album's highlight may occur during the elegiac, near-religious, calming coda to that final track. It's a moment that encapsulates the scope and ambition of ASTROWORLD."
Rovi
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:58:32

Photographer: David LaChapelle. Travis Scott sees Astroworld as the real follow-up to Rodeo, having alluded to the recording of Birds in the Trap Sing Brian McKnight as rushed. The Quavo collaboration Huncho Jack, Jack Huncho and appearances on SZA's "Love Galore," Drake's "Portland," and 2 Chainz' "4 AM," among a slew of other tracks, also preceded this third official solo studio full-length, heralded by the single "Watch," conspicuously absent given its direct reference to the demolished Houston attraction the album is titled after. Astroworld undoubtedly feels more like a spectacle than Birds in the Trap did. The sprawling theme park concept, however loose, is a cunning way to rationalize the tactically hospitable variety of producers and featured artists, which numbers somewhere around 50 -- a large supporting cast, even by Scott's standard. A long line of unsurprising guests like the Weeknd, Frank Ocean, and Swae Lee are thrown into play with Stevie Wonder, Philip Bailey, and John Mayer, the latter class of which seems like a bid for Grammy appeal. The beats, contributed by over 30 figures, are neatly sewn together by co-executive producer Mike Dean, who eases the twists and turns taken by the all the slinking rhythms and whirling atmospheres. Scott's voice slithers through the murk, rapping and singing in graphic-as-ever detail about his lifestyle of narcotics, air travel, hotels, and trysts, energized most when boasting about fans "stage divin' out the nosebleeds" and urging all to "fuck the club up." He's clearly not bothered by indulging in thrills reflective of the album's title. The modulation and echo treatments on the vocals, combined with the frequently torpid tempos, nonetheless make Astroworld ideal for being pumped through an (18 and over) amusement park's sound system near closing time, when the challenge of hitting all the rides has started to turn into an overindulgent, overheated chore. Beyond potent highlights "Butterfly Effect," "Sicko Mode," and a levitating tribute to hip-hop pioneer and Houston legend DJ Screw, there's a pair of Scott's most moving and personal cuts in "Coffee Bean" and "Astrothunder." The former, the finale, deviates from the rest of the album with a gently knocking Nineteen85 beat and Scott sounding positively Guru-like as he laments, "Fighting over your seeds, writing over your deeds, sliding over your keys." ~ Andy Kellman

    • 1.
      [CD]
      • 1.
        Stargazing
      • 2.
        Carousel
      • 3.
        Sicko Mode
      • 4.
        R.I.P Screw
      • 5.
        Stop Trying to Be God
      • 6.
        No Bystanders
      • 7.
        Skeletons
      • 8.
        Wake Up
      • 9.
        5% Tint
      • 10.
        NC-17
      • 11.
        Astrothunder
      • 12.
        Yosemite
      • 13.
        Can't Say
      • 14.
        Who? What!
      • 15.
        Butterfly Effect
      • 16.
        Houstonfornication
      • 17.
        Coffee Bean
レビュー
  • テキサス出身の人気ラッパーによる全米1位を獲得済みの3作目は、これまで同様に旬な客演/制作陣が多数参加というトピックもあるが、フランク・オーシャンの参加した“Carousel”はビッグ・タック、“5% Tint”はリル・キキ(さらなる原曲はグッディ・モブ)の楽曲を各々ベースとし、“Can't Say”ではDJ DMDの曲から引用。さらにチョップ&スクリューの祖=DJスクリューに捧げた“R.I.P. Screw”では彼の率いたスクリュード・アップ・クリックの故ビッグ・モー曲からも引用しており、地元を中心とする南部ヒップホップへの偏愛ぶりに耳がいく。ドレイクとスウェイ・リーを招いて大ヒット中の“Sicko Mode”では故ビッグ・ホークのラインを用いるだけでなく客演表記にも加え、敬意を表している。
    bounce (C)Masso187um

    タワーレコード (vol.420(2018年10月25日発行号)掲載)

カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
ポイント15倍
298pt
販売価格(税込)
¥ 2,190
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しい物リストに追加

コレクションに追加

サマリー/統計情報

欲しい物リスト登録者
11
(公開: 0 人)
コレクション登録者
1
(公開: 1 人)
フラゲ対象の詳細を表示するポップアップ
北海道・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・
山口県・四国・九州・沖縄県

フラゲ注文受付期間は地域によって異なります。
お住まいの地域をご確認ください。

北海道・山口県・九州・沖縄県

フラゲ注文受付期間は地域によって異なります。
お住まいの地域をご確認ください。