こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

全ての画像を見る

ロック/ポップス

【LPレコード】

My Mind Makes Noises (Black Vinyl)

Pale Waves

  • ロック/ポップス輸入盤レコード/アナログ10%オフ
    LP、12"、10"、7"が期間限定プライスオフ

販売中

在庫わずか

発送までの目安:3日~5日

※店舗から取り寄せる商品となります

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

※入荷の見込みがないことが確認された場合や、ご注文後40日前後を経過しても入荷がない場合は、取り寄せ手配を終了し、この商品をキャンセルとさせていただきます

  • 通常価格(税込)
    ¥3,337
  • セール価格(税込)
    ¥3,003
    ¥334 (10 %) オフ
  • ポイント数
    27 ポイント

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


My Mind Makes Noises (Black Vinyl)

Pale Waves

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2018年09月14日

フォーマット

LPレコード

構成数

2

製造国

輸入 (イギリス盤)

レーベル

Dirty Hit/Hostess

規格品番

DH00379

商品の紹介

  • THE 1975に続くUK新世代バンドのニュー・アイコンとして熱い視線を集めている英マンチェスター出身の4人組インディー・ロックバンド、ペール・ウェーヴスが全世界待望のデビュー・アルバム『マイ・マインド・メイクス・ノイジーズ』をUKの気鋭レーベル<Dirty Hit>からリリース!
    ペール・ウェーヴスはこれまでにBBCの名物企画<BBC Sound of 2018>にスーパーオーガ二ズム等と共に選出され、MTVが選ぶ有力新人リスト<Brand New 2018>や、音楽メディアDIYの<Class Of 2018>など多くの媒体でブレイクする有力新人として紹介されてきた。向かうところ敵なしの彼女達は2018年のNMEアワードにおいて<最優秀新人賞>を獲得し、「イギリスが生んだ新たなスター」、「ありそうでなかったゴスとポップの驚きのハイブリッド」、「満を持してデビューするペール・ウェーヴスが世界を席巻する」などと様々な媒体で高い評価を得ている。
    待望のデビュー・アルバムには、レーベルメイトでもあるTHE 1975のマシュー・ヒーリーとジョージ・ダニエルがプロデュースしたデビュー・シングル「There's A Honey」やYouTubeにて500万ビューを記録したヒット・シングル「Television Romance」を含む全14曲が収録されている。一度目にしたら忘れられないアイコニックなヴィジュアルの彼女達だが、奏でる音楽はリズミカルなリフが跳ねるギター・ポップだ。同じ大学に通っていたヘザー・バロン・グレイシー(Vo / G)とシアラ・ドラン(Dr)が2014年にバンドを結成して以来、2人が敬愛するザ・キュアーをはじめ80~90年代のアーティストを好んで聴きながら楽曲制作を行ってきた。「いつでも誰にでも歌えるメロディーのある曲が好き」とへザーが語るように、彼女たちは突き抜けるようにポップな楽曲が詰まったデビュー・アルバムを完成させた。

    発売・販売元 提供資料 (2018/08/06)

  • NME (Magazine) - "It's the perfect record to summarise the band's rise from Manchester's little secret to one of the most adored new bands in the country." Clash (Magazine) - "A sensational singles band, the sheer adrenalin rush of Pale Waves' outsider pop benefits from the depth offered by the full-length format on stellar debut album MY MIND MAKES NOISES."

    Rovi

レビュー

  • BBCの〈Sound Of 2018〉に選ばれ、〈サマソニ〉出演で日本での知名度も急上昇しているマンチェスターの男女混合バンドが、最高のタイミングでアルバム・デビュー。両親の影響で幼い頃からキュアーやスミスを聴いていたというフロントウーマン、ヘザー・バロン・グレイシーにまず目と耳を奪われ、実際にテイラー・スウィフトやチャーリーXCXもすっかり虜なんだとか。そんな4人組が奏でるサウンドは、ほんの少しだけゴスいムードを漂わせたドリーミーなギター・ポップ。レーベルメイトの1975がプロデュースした"There's A Honey"などでのキラキラ感は、歌声の感じも相まってテイラーやチャーチズ好きにもガッツリ刺さることだろう。スターになる予感しかしない100点満点の処女航海!
    bounce (C)柴田かずえ

    タワーレコード (vol.419(2018年9月25日発行号)掲載)

作品の情報

メイン

収録内容

構成数 | 2枚

  1. 1. [LPレコード] DISC 1:

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Eighteen

    close

    2.

    There's a Honey

    close

    3.

    Noises

    close

    4.

    Came In Close

    close

    5.

    Loveless Girl

    close

    6.

    Drive

    close

    7.

    When Did I Lose It All

    close

  2. 2. [LPレコード] DISC 2:

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    She

    close

    2.

    One More Time

    close

    3.

    Television Romance

    close

    4.

    Red

    close

    5.

    Kiss

    close

    6.

    Black

    close

    7.

    Karl (I Wonder What It's Like To Die)

    close