こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

全ての画像を見る

ジャズ

【CD】

Blow.

Donny McCaslin

  • 輸入盤スペシャル・プライス
    期間限定特別価格

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥2,581
  • セール価格(税込)
    ¥2,065
    ¥516 (20 %) オフ
  • ポイント数
    19 ポイント

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


Blow.

Donny McCaslin

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2018年10月05日

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

輸入 (アメリカ盤)

レーベル

Motema Music, LLC

規格品番

MTM0282

商品の紹介

  • ボウイを魅了した鬼才ダニー・マッキャスリンの新作。『★』で驚愕のプレイを披露した盟友たちと描く新境地。
    2016年1月に発売されたデヴィッド・ボウイの遺作『★』で鮮烈なプレイを聴かせた鬼才テナー、ダニー・マッキャスリン。ボウイに受けた影響をすべて表現した新アルバム『ブロウ』が発売となる。「ボウイと共演するまではこんなことが可能だとは思いもしなかった」と語るマッキャスリン。90年代からジャズ・シーンで活躍を続け、マリア・シュナイダー・オーケストラに参加し、その人脈でボウイとの共演を果たしている。クロスジャンルする現在進行形のジャズ・シーンで活躍中のマッキャスリン。ボウイも魅了したその四半世紀を超すキャリアの中でも本作はアーティストとして大胆に進化した方向性を披露している。アルバムのオープニングを飾る第1弾シングル「ワット・アバウト・ザ・ボディ」のアート・ロックに始まりエレクトロニカまで幅広い音楽的なスタイルを自在にプレイ。ボウイからレコーディング中に「その時 聴こえているものを求めて進めばいい、どう思われるか、どうジャンル分けされるかは心配しないで。音楽を作ろう」と言われたその哲学が深く心に刻まれているというマッキャスリン。本作では従来彼のスタイルにはなかったヴォーカル・ナンバーで見事なコラボレーションを披露している。ボウイ逝去から2年が過ぎ、『★』のセッションでのインパクトを消化し表現した意欲作で共演するのは盟友『★』バンドのマーク・ジュリアナ(ドラム)、ジェイソン・リンドナー(キーボード)、ティム・ルフェーブル(ベース)他世界屈指の精鋭たち。ボウイとの長きにわたる共演で知られるゲイル・アン・ドーシーやインディ界重鎮サン・キル・ムーンも参加しマッキャスリンの人脈の広さを実感させる。

    発売・販売元 提供資料 (2018/08/24)

  • Rolling Stone - 3.5 stars out of 5 -- "[They] step boldly into hybrid, tough-to-classify musical terrain, grafting their trademark sleek, emotive electrojazz onto lush, proggy art rock."

    Rovi

レビュー

  • 新世代ジャズのキーマンであり、デヴィッド・ボウイの遺作『★』のバックを務めて大きな注目を集めたサックス・プレイヤーのニュー・アルバムは、ライアン・ダール、ジェフ・テイラー、ゲイル・アン・ドロシー、サン・キル・ムーンら多数のゲスト・シンガーを迎え、ほとんどが歌モノという、ボウイとの共演からの影響も色濃い〈ロック〉的なダイナミズムと美意識を感じさせる内容だ。マーク・ジュリアナ、ジェイソン・リンドナー、ティム・ルフェーブルなど『★』と同じ鉄壁のメンバーたちと共に作り上げた、ロックともジャズともエレクトロニカとも表現しきれない未来的で幻惑的で刺激的なサウンドは、スペイシーかつドープで未知のトリップ感覚が味わえてとってもスリリング!
    bounce (C)ダイサク・ジョビン

    タワーレコード (vol.420(2018年10月25日発行号)掲載)

作品の情報

メイン

収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:55:04

Personnel: Donny McCaslin (flute, alto flute, clarinet, tenor saxophone); Steve Wall (guitar, Wurlitzer organ, drum programming); Ryan Dahle (guitar, Mellotron); Ben Monder (guitar); Jason Lindner (piano, Wurlitzer organ, synthesizer); Nate Wood , Mark Guiliana, Zach Danziger (drums). Audio Mixer: Steve Wall . Recording information: Figure 8 Studio, Brooklyn, NY; Gardentone, Jersey City, NJ; recRoom Studios, Vancouver, Canada. Photographer: Jimmy Fontaine. With Blow., Donny McCaslin transitions from world-class jazz saxophonist to indie/art rock provocateur. The musician gained mainstream recognition from the rock world when his quartet collaborated on David Bowie's final album, Blackstar. While McCaslin's fascination with these sounds could be heard -- to a degree -- on 2015's Fast Future, its presence was felt more on Beyond Now, inspired by Bowie and cut just months after his death. The latter album offered a clue as to the direction McCaslin was traveling. Blow. brings back the saxist's quartet with drummer Mark Giuliana, bassist Tim Lefebvre, and keyboardist Jason Lindner, augmented by other rhythm section players and guitarists Ben Monder and Ryan Dahle. But what makes this transition to art rock complete is Steve Wall's production sensibility that favors sweeping dynamics, phased and gated guitars and drums, and a boatload of reverb, programmed drums, and more. In addition, eight of these 11 tracks feature vocals from four alternating lead singers who include Dahle, Mark Kozelek, Gayle Ann Dorsey (who also appeared on Blackstar), and Jeff Taylor (who sang "A Small Plot of Land" on Beyond Now). Opener "What About the Body" juxtaposes multi-tracked tenor saxophones atop phased guitars, keys, and basslines propelled by a straight-up 4/4 rock beat. Dahle's heavily treated, layered vocals are delivered with impassioned determination and a declarative quality that recalls both Matthew Sweet and Gary Numan. McCaslin adds stacked flutes as the tune careens to a close. Single "Club Kidd" is an explosive art pop tune that melds wailing tenor sax, Wurlitzer, popping snares, ringing cymbals, and electric guitars as Dahle's vocals carry it over the top. While the instrumental "Break the Bond" commences its nine-plus-minute length with pulsing drums and bass, McCaslin's melodic tenor, Giuliana's syncopated breaks, off-kilter pianos, and Wurtlitzer gradually add layers of abstraction until it becomes something wholly other, falling apart before resurrecting itself in a squalling improvisational interlude that owes a debt to King Crimson's In the Wake of Poseidon. Kozelek's contribution is a rap in the brittle, mysterious cinematic post-electro "The Opener," but it only needs to be heard once. "Great Destroyer" stacks blissed-out vocal harmonies in a spacy glam pop melody, as McCaslin's harmonized horns, sweeping synths, guitars, and drum machines add texture and dimension. The instrumental "Beast," with its treated saxes and double- and triple-timed drums and zigzagging Wurlitzer, juxtaposes fusion with prog mayhem. Closer "Eye of the Beholder," delivered by Dorsey, is the equivalent of mutant 21st century soul in processional 4/4 time, with spacy keyboards, a bumping bassline, and McCaslin's tenor swooning at its expressive best. Those who expected Blow. to be McCaslin's return to jazz will likely be disappointed. That said, those who enjoy adventurous rock -- indie, prog, and otherwise -- will likely find the album to be greatly enjoyable and perhaps even revelatory. ~ Thom Jurek

  1. 1. [CD]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    What About the Body

    close

    アーティスト
    Donny McCaslin

    2.

    Club Kidd

    close

    アーティスト
    Donny McCaslin

    3.

    Break the Bond

    close

    アーティスト
    Donny McCaslin

    4.

    New Kindness

    close

    アーティスト
    Donny McCaslin

    5.

    Exactlyfourminutesofimprovisedmusic

    close

    アーティスト
    Donny McCaslin

    6.

    Tiny Kingdom

    close

    アーティスト
    Donny McCaslin

    7.

    Great Destroyer

    close

    アーティスト
    Donny McCaslin

    8.

    The Opener feat. Sun Kill Moon

    close

    アーティスト
    Donny McCaslin

    9.

    Beast

    close

    アーティスト
    Donny McCaslin

    10.

    Tempest

    close

    アーティスト
    Donny McCaslin

    11.

    Eye of the Beholder (Gail Ann Dorsey:vocal)

    close

    アーティスト
    Donny McCaslin