ショッピングカート
Rock/Pop
CD
Marauder
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

開催期間:2020年5月26日(火)11:00~5月29日(金)23:59まで [※期間中のご予約・お取り寄せ・ご注文が対象 ※店舗取置・店舗予約サービスは除く]
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

国内

パッケージ仕様

-

発売日

2018年08月24日

規格品番

OLE-11243

レーベル

Matador

SKU

4580211852781

作品の情報
メイン
アーティスト
商品の紹介
インターポール×デイヴ・フリッドマン実現。
NYの2000年代ロック・シーンの牽引バンド、インターポールの通算6枚目。2007年の『Our Love to Admire』以来初めてプロデューサーを起用したお相手は、なんとインディー・ロック好きには感涙のデイヴ・フリッドマン。バンドが常にもっていたダーク・ウェイヴなテイスト、『Marauder(略奪者・襲撃者)』というソリッドな世界観、フリッドマン・サウンドでバンド史上最高の音空間を展開。痺れます。 (C)横浜ビブレ店:松島 友裕
タワーレコード (2018/09/07)
ザ・ストロークス、ザ・ナショナル、アーケイド・ファイア、ヤー・ヤー・ヤーズ、といったバンド達と共に、2000年代のロックンロール黄金時代を牽引してきたNYのカリスマ・バンド、インターポールが前作『El Pintor』(2014年作)以来、実に4年ぶり通算6枚目となる待望の新作『Marauder』を<MATADOR>よりリリース。
ポール・バンクス(Vo)、ダニエル・ケスラー(Gt)、サム・フォガリーノ(Dr)と、2010年に惜しくも脱退したカルロス・デングラー(Ba)の4人組バンドとして、2002年に『Turn on the Bright Lights』で鮮烈なデビューを飾ると、ジョイ・ディヴィジョンやエコー・アンド・ザ・バニーメンを引き合いに出されるポスト・パンク・サウンドとスタイリッシュかつクールな世界観で一気に大ブレイクを果たし、3作目の『Our Love to Admire』(2007年作)では遂にUKチャート2位/USチャート4位に輝き、英米トップバンドの仲間入りを果たした。
毎回新作をリリースするたびに新しいサウンド・アプローチを試み進化し続けているバンドは本作で、ザ・フレーミング・リップス『At War with the Mystics』やMGMT『Oracular Spectacular』、モグワイ『Come on Die Young』といった傑作を生み出してきたデイヴ・フリッドマンをプロデューサーに起用し、リードボーカルのポールが今回初めてベースを担当。
ポールのダークウェイヴ調の耽美で感傷的なヴォーカル、サムの力強く正確でタイトなドラム、ダニエルのスタイリッシュなギターリフが緻密に計算された、重厚ながらも壮大で奥行きのあるバンド史上最高傑作との呼び声高いアルバムがここに完成した。国内盤CDにはボーナストラックが追加収録され、歌詞対訳と解説書が封入される。
発売・販売元 提供資料 (2018/06/11)
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:00:00

    • 1.
      [CD]
      • 1.
        If You Really Love Nothing
      • 13.
        It Probably Matters
      • 14.
        Number 11 (ボーナストラック)
レビュー
  • 2000年代初頭のポスト・パンク・リヴァイヴァル人気における中心的な存在であったインターポールもヴェテランの域に足を踏み入れ、このアルバムで6枚目。キュアーやジョイ・ディヴィジョンへの変わらぬ愛を楽曲に忍ばせつつ、ガレージ・サイケを掘り起こしたと思しき部分もあり。全体の印象としてはスケールが大きいのに、心に引っ掛かってくる不安感みたいなものを絶妙なバランスで成立させている。
    bounce (C)吾郎メモ

    タワーレコード (vol.418(2018年8月25日発行号)掲載)

カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
ポイント10倍
220pt
販売価格(税込)
¥ 2,420
販売中
在庫わずか
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる
欲しいものリストに追加