ショッピングカート
クラシック
CD
モーツァルト: ピアノ協奏曲第22番、ハイドン: ピアノ協奏曲 ニ長調、ベートーヴェン: 合唱幻想曲<タワーレコード限定>
★★★★★
★★★★★
4.5

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

国内

パッケージ仕様

-

発売日

2018年06月06日

規格品番

PROC-2160

レーベル

TOWER RECORDS UNIVERSAL VINTAGE COLLECTION +plus

SKU

4988031281048

特典情報
特典

ポストカード(タケウチアツシ デザインのタワレコ限定グッズ絵柄使用)

※2020/9/15以降のご注文がキャンペーン対象となります。

※特典満了次第終了となります。

※複数枚を一回でご注文された場合、商品がすべて揃うまでに特典の保管期間(発売日より1ヶ月)を経過すると、自動的に特典付与対象外となります。

※特典は満了次第終了となりますので予めご了承ください。

※店舗でご購入される際は、各店舗に特典の運用状況をご確認ください。

※画像はイメージです。実物とは異なる場合があります。

商品の説明

※世界初CD化(1)、日本初CD化(2)
※ステレオ録音
※歌詞対訳付(3)
※オリジナル・ジャケット・デザイン使用(合唱幻想曲のみ再発時のジャケット・デザインを解説書裏に掲載)
※本国オリジナル・マスターからのハイビット・ハイサンプリング(192kHz、24bit)音源をCDマスターに使用
※解説:長井進之助氏(新規序文解説)、他、作品解説含む解説書合計6ページ

商品の紹介
デームス30歳時の珠玉のモーツァルトを世界初CD化!70年録音の貴重な「合唱幻想曲」を併録。本国オリジナル・マスターより新規復刻。新規序文解説付

今年(2018年)に90歳を迎える、デームスのDGレーベル初期の録音であるモーツァルトを世界初CD化として復刻。21歳の時にデビューを飾ったデームスは、1956年にはブゾーニ国際コンクールで優勝し、その後は世界各地で演奏旅行を行うなど現在に至るまで第一線で活躍しています。また、往年の名歌手や名ソリストと言われた奏者たち、そして数多くの室内楽を通じて共演者にも絶大な支持を得るなど、ソリスト以外でも多くの活躍の場がありました。デームスのアンサンブルは、音楽の自然な流れを基に、共演者とその場の空気を共有しながら相手の魅力を最大限引き出すやり方であり、これは聴衆のみならず、時には芸歴的に相当上の音楽家であっても、スムーズに調和する彼との音楽は他とは一線を画していると思われます。デームスが残した録音はかなりの数に及び、モノラル時代からステレオ期にかけて、特に数多くの名盤を産み出したことは周知の事実です。そのような中で1959年に行われたこの録音は、人気の協奏曲音源ではありますが、なぜかCD化されていませんでした。モーツァルトのピアノ協奏曲第22番は、第20番以降の名作群の中では地味な部類に入る曲かも知れませんが、とりわけ有名な第20番、21番、そして美しい第23番に挟まれているとはいえ、重厚なまでの作風や、この曲ならではの華やかさは、モーツァルト作品の魅力として劣るものではありません。むしろ、デームスはこの曲に秘められているモーツァルトの内面性を描き出そうとしており、そこに本来の即興性を含めて彼ならではの世界を創り上げている名演です。
オリジナルの2曲に加えて、今回の復刻では1970年に収録された合唱幻想曲をカップリングしました。これはライトナー指揮によりウィーンで録音された音源です。ここでもデームスの存在感が全体に良い作用を及ぼしており、ライトナーの格調高い指揮を含め、作品をより際立出せています。
今回の復刻では、本国のオリジナル・アナログ・マスターテープに遡り、新規でハイビット・ハイマスタリング(192kHz/24bit)でデジタル化を行いました。瑞々しい音質は必聴です。また、オリジナル・ジャケット・デザインを採用していますが、合唱幻想曲のみ再発時のジャケットを解説書裏に掲載してあります。再発にあたっては、永井進之介氏による新規の序文解説をブックレットに掲載しました。尚、今回のVintage+plus Vol.26は全7タイトルを発売します。
タワーレコード (2018/05/09)
収録内容

構成数 | 1枚

【曲目】
1. ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト:ピアノ協奏曲 第22番 変ホ長調 K.482
2. ヨーゼフ・ハイドン:ピアノ協奏曲 ニ長調 Hob. XVIII/11
3. ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン:合唱幻想曲 ハ短調 作品80

【演奏】
イェルク・デームス(ピアノ)
ウィーン楽友協会合唱団(3)
ベルリン放送交響楽団(1,2)、
ウィーン交響楽団(3)
フランツ=パウル・デッカー(指揮)(1,2)、
フェルディナント・ライトナー(指揮)(3)

【録音】
1959年5月12、13日(2)、14、15日(1) ベルリン、イエス・キリスト教会、
1970年1月4日、3月27日 ウィーン、ムジークフェライン(3)

【原盤】
Deutsche Grammophon

【Original Recordings】
Executive Producer: Dr. Wilfried Daenicke (3)、 Recording Producers: Wolfgang Lohse (1,2)、 Dr. Manfred Richter (3)
Balance Engineers: Walter Alfred Wettler (1,2), Klaus Scheibe (3)、 Editors: Helmut Najda, Jobst Eberhardt (3)
    • 1.
      [CD]
カスタマーズボイス
総合評価
4.5
★★★★★
★★★★★
(2)
    評価する:
★★★★★
★★★★★
投稿日:2020/04/06

モ-ツアルトの22番はデームス若き頃の瑞々しい演奏です。指揮者のフランツ・パウル・デッカーは初めてですが、なかなかの実力者がいたのですね。問題作?である合唄幻想曲はフェルヂナント・ライトナーが指揮をすると安心して聴けますね。この曲の代表盤と言ッて差し障りないでしょう。

★★★★★
★★★★★
投稿日:2019/07/10

先般亡くなったオーストリア出身のピアニスト、イェルク・デムスの協奏曲の名演集。モーツァルトのピアノ協奏曲No.22は、ちょっとねっとりとしたピアノの歌いまわしが、陰影に富んだ音楽に合致している。ハイドンのハンガリー風ロンド付きの協奏曲は輸入盤で復刻されていたものだが、こちらはオーケストラのきびきびとした音楽運びが生きている。ベートーヴェンの合唱幻想曲もダイナミックで良い。

ニュース & 記事
還元ポイント
11pt
販売価格(税込)
¥ 1,257
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加