こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

商品詳細

ジャンル別のオススメ

【SACDハイブリッド】

バルトーク&コダーイ:管弦楽のための協奏曲

ヤクブ・フルシャベルリン放送交響楽団

  • ポイント10倍
  • 1回の配送の合計金額が、2,000円(税込)以上で送料無料!
  • クラシック輸入盤プライスオフ
    期間限定スペシャル・プライス
  • 〈オンラインショップ限定〉ポイント10倍キャンペーン
    開催期間:10月15日(月)11:00~10月19日(金)23:59まで [※期間中のご 予約・お取り寄せ・ご注文が対象 ※店舗取置・店舗予約サービスは除く]

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥3,121
  • セール価格(税込)
    ¥2,247
    ¥874 (28 %) オフ
  • ポイント数
    20 ポイント →今なら208 ポイント!

カートに入れる

店舗で取置き

商品の情報

発売日

2018/05/19

フォーマット

SACDハイブリッド

構成数

1

製造国

輸入

レーベル

PentaTone Classics

規格品番

PTC5186626

商品の紹介

  • コダーイとバルトークの傑作、管弦楽のための協奏曲を
    フルシャ&ベルリン放響が録音!

    SACDハイブリッド盤。人気・実力を兼ね備えた俊英指揮者のヤクブ・フルシャ。PENTATONEレーベルからリリースが続いておりますが、2017年6月の録音ではベルリン放送交響楽団との共演で、コダーイとバルトークの管弦楽のための協奏曲を収録しました。フルシャは1981年チェコに生まれ。プラハ芸術アカデミーにて故ビエロフラーヴェクに学び、2004年の卒業以来、チェコの主なオーケストラでのデビューを皮きりにライプツィヒ・ゲヴァントハウス管、ロッテルダム・フィル、バーミンガム市響、クリーヴランド管などに客演。プラハ・フィルハーモニア音楽監督兼首席指揮者、東京都交響楽団のプリンシパル・ゲスト・コンダクターとなり2018年現在はバンベルク交響楽団の首席指揮者としても注目されております。コダーイの管弦楽のための協奏曲はシカゴ交響楽団創立50周年記念委嘱作品。コダーイの管弦楽作曲家としての優れた資質と才能を最もよく示す傑作と讃えられています。コダーイはバルトークと同じく、ハンガリーなどの民族音楽を素材として独自の音楽語法を確立しましたが、当作品では民族音楽の要素とバロック時代の管弦楽法や形式との融和が試みられた魅力的な作品です。一方、バルトークの管弦楽のための協奏曲はクーセヴィツキー夫人の追悼、およびクーセヴィツキー生誕70周年とボストン交響楽団指揮者就任20周年記念のために1943年に作曲されました。バルトークの作品の中でも最も色彩的に派手で理屈抜きに面白いものと言えます。若きフルシャがこれらの傑作を見事に演奏しております。
    キングインターナショナル

    発売・販売元 提供資料 (2018/04/05)

作品の情報

収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:55:00


【曲目】
1.コダーイ(1882-1967):管弦楽のための協奏曲(16'25")
2.-6.バルトーク(1881-1945):管弦楽のための協奏曲
(i.10'28"+ii.6'44"+iii.7'36"+iv.4'20"+v.9'52"=39'00")

【演奏】
ヤクブ・フルシャ(指揮)、
ベルリン放送交響楽団

【録音】
セッション録音:2017年6月15-17日/ハウス・デス・ルンドフンクス、RBB(ベルリン)

  1. 1. [SACDハイブリッド]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Concerto for Orchestra: Allegro risoluto - Largo - Tempo primo - Largo - Tempo primo

    close

    2.

    Concerto for Orchestra: I. Introduzione - Andante non troppo

    close

    3.

    Concerto for Orchestra: II. Presentando le coppie - Allegro scherzando

    close

    4.

    Concerto for Orchestra: III. Elegia - Andante, non troppo

    close

    5.

    Concerto for Orchestra: IV. Intermezzo interrotto - Allegretto

    close

    6.

    Concerto for Orchestra: V. Finale - Pesante

    close