ショッピングカート
Jazz
CD
Piano Solo
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

開催期間:2021年4月20日(火)11:00~4月30日(金)23:59まで! [※期間中のご予約・お取り寄せ・ご注文が対象 ※店舗取置・店舗予約サービスは除く]
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

国内

パッケージ仕様

-

発売日

2018年04月18日

規格品番

NMSC-1001

レーベル

Noriki Music

SKU

4580047750008

作品の情報
メイン
アーティスト
商品の紹介
自己のアルバムとしては実に30年ぶり。しかも今回は「PIANO」という楽器に正面から向き合った、キャリア初の完全ピアノソロ・アルバム。
レコーディングスタジオのピアノでもなく、ホールやライブハウスのピアノでもない。今回使用したピアノは、日本を代表するピアノ調律師「宮崎剛史」が所有するニューヨーク・スタインウェイ。プライベートな空間で収録されたこのCD は、野力の色彩豊かな奥深い即興演奏と宮崎の美しい倍音を響かせる調律との見事なコラボレーションを、余すところなく完全収録。 収録曲は、名プロデューサー「伊藤潔」との濃密なミーティングを経て厳選された全14曲。
発売・販売元 提供資料 (2018/04/04)
収録内容

構成数 | 1枚

    • 1.
      [CD]
レビュー
  • 渡辺貞夫、伊藤君子、ケイコ・リーなど、数々のバンドでピアニスト、アレンジャーとして活躍してきた野力奏一が自身として初のソロ・ピアノ作を完成。使用したピアノは多くのアーティストのコンサートで調律を手掛けた名調律師、宮崎剛史が所有するスタンウェイ。その響きは野力の表現力抜群のタッチにより、夢幻のごとき美しい音空間を作りあげている。14曲収録された前半はマイルス・トリビュート的選曲に「おおっ!」。後半はジョー・ザヴィヌル、渡辺貞夫、そして自身のオリジナル(映画『キッチン』の音楽も)、ラストは《ダニー・ボーイ》。心に響くジャズ・ピアノを久々に聴いた気がする。
    intoxicate (C)馬場雅之

    タワーレコード (vol.133(2018年4月20日発行号)掲載)

カスタマーズボイス
    評価する:
ニュース & 記事
ポイント15倍
347pt
販売価格(税込)
¥ 2,547
販売中
在庫わずか
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加