こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

商品詳細

【CD】

Good Thing

Leon Bridges

  • 1回の配送の合計金額が、1,500円(税込)以上で送料無料!
  • オンラインキャンペーン価格
    ソウル/クラブ/ラップ スペシャルプライス12%オフ

販売中

在庫あり

発送までの目安:3日~5日

※店舗から取り寄せる商品となります

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

※入荷の見込みがないことが確認された場合や、ご注文後40日前後を経過しても入荷がない場合は、取り寄せ手配を終了し、この商品をキャンセルとさせていただきます

  • 通常価格(税込)
    ¥2,041
  • セール価格(税込)
    ¥1,796
    ¥245 (12 %) オフ
  • ポイント数
    16 ポイント

カートに入れる

店舗で取置き

商品の情報

発売日

2018/05/04

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

輸入 (ヨーロッパ盤)

レーベル

Columbia

規格品番

19075839942

商品の紹介

  • デビュー作がグラミー賞ノミネート!新世代ソウル・シンガー『リオン・ブリッジズ』のニュー・アルバム。
    デビュー作が第58回グラミー賞「最優秀R&Bアルバム」ほか2部門にノミネートされた新世代ソウル・シンガー リオン・ブリッジズの、約3年ぶりとなる2ndアルバム『グッド・シング』。リオン・ブリッジズは、伝統的なソウルとドゥーワップをブレンドした懐かしくも新鮮なソウル・サウンドに、甘くセクシーなヴォーカルやスタイリッシュなファッション・スタイルも手伝って、デビュー前から"次世代ソウル・シンガー"として高い注目を集めてきたテキサス出身のアーティスト。レコード会社40社による争奪戦の末、2014年に米コロムビアと契約。デビュー前にして音楽・映画・インタラクティブなどを組み合わせた世界規模のフェスティバル『SXSW(サウス・バイ・サウス・ウエスト)』に出演し、「最優秀パフォーマンス賞」を受賞。2015年にリリースしたデビュー・アルバムは全米初登場6位にランクイン、テレビCMにも2曲起用され、英Apple Music Festivalではファレル・ウィリアムスのサポートを務めた。また、マックルモア&ライアン・ルイスやオデッザの楽曲へのゲスト参加や、ハリー・スタイルズの南米ツアー・サポートなど、ジャンルを超えた様々なアーティストとのコラボレーションも話題だ。2016年に出演したフジロックフェスティバルで初来日ながら大歓声を浴びたリオン・ブリッジズ。約3年ぶりとなる待望のニュー・アルバム『グッド・シング』は、レトロ・ソウルを継承しつつもモダンな要素が加わり、時代や世代を超えた良質なR&Bアルバムとなった。

    発売・販売元 提供資料 (2018/03/23)

  • Rolling Stone - 3.5 stars out of 4 -- "One minute, the intimate acoustic strum of 'Beyond' brings to mind 'Into the Mystic' Van Morrison; the next, the stellar sweep 'Forgive You' takes Usher from the club to the stadium." NME (Magazine) - 4 stars out of 5 -- "[H]e retains the timeless sparkle of `Coming Home' but pushes the clock forward, this time pitching somewhere between 60's-era Mad Men living rooms and present-day clubs." Paste (magazine) - "Things start out on a `70s note with 'Bet Ain't Worth The Hand,' as Bridges' appealing falsetto mixes with Isaac Hayes-style dramatic strings and glockenspiel."

    Rovi

レビュー

  • テキサスのシンガーから3年ぶりの新作が到着。50~60年代のドゥワップや南部ソウルを背景にしたこれまで通りの古色蒼然たる振る舞いと、80s風のポップネス漂う"You Don't Know"やジャジーな4つ打ち"Bad Bad News"などの新味を同居させ、滋味ある歌声にタイムレスな魅力を与える試みに成功した飛躍の一作だ。シンプルな美しさが心に響くフォーキー・ソウル"Beyond"が本作のベスト曲。
    bounce (C)池谷瑛子

    タワーレコード (vol.415(2018年5月25日発行号)掲載)

作品の情報

メイン

収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:34:46

Audio Mixer: Manny Marroquin. Recording information: Black Mountain, NC; Elysian Park, Los Angeles, CA; Gator World, Asheville; Niles City Sound, Fort Worth, TX; Setting Sun, Twentynine Palms, CA. Photographer: Rambo . In sound and look, the Grammy-nominated Coming Home replicated one style from a bygone era with such perfectionist accuracy that Leon Bridges risked being typecast as a malt-shop soul man. Some of Bridges' subsequent featured appearances fulfilled that role, but others indicated that he was primed to break out and loosen up a bit. The singer and songwriter's second album similarly displays different approaches that skillfully build off and depart from the previous release. Austin Jenkins and Joshua Block, two-thirds of the Niles City Sound team with which Bridges made his debut, are involved with the majority of these songs, and are credited as executive producers beside multi-instrumentalist Ricky Reed, who has had platinum success with the squarely pop likes of Jason Derulo, Fifth Harmony, and Meghan Trainor. Nate Mercereau is another new addition present on much of the material. Altogether, they flit across several decades with most of the songs cast in a light comparatively less dust-filled than that of the debut. Bridges displays some hard-fought assurance on the call-and-response soul-jazz groove "Bad Bad News," where he asserts "I hit 'em with the style and grace, and watch their ankles break." "Shy," a mellow number with appealingly awry likenesses to Al Green and the Isley Brothers, quickly pulls Bridges back to his modest, chivalrous self. Bridges later clearly aims to reach a broader audience, though he only briefly approaches Bruno Mars territory with a little uptown funk laced through "If It Feels Good (Then It Must Be)," the effervescent bounce of which is rooted in the Whispers' "It's a Love Thing," and "You Don't Know," a second slice of sophisticated, feel-good post-disco. All these deviations, including the one that sounds like it was written for an early-'70s Rod Stewart album, seem natural for Bridges, who evidently had much more to explore and express than what was shown on Coming Home. What's more, there is no pandering. Most suggestive of the singer's bright future is album closer "Georgia to Texas," a stunning and ultimately affecting tribute to his mother delivered in front of an acoustic jazz quartet. ~ Andy Kellman

  1. 1. [CD]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Bet Ain't Worth the Hand

    close

    2.

    Bad Bad News

    close

    3.

    Shy

    close

    4.

    Beyond

    close

    5.

    Forgive You

    close

    6.

    Lions

    close

    7.

    If It Feels Good (Then It Must Be)

    close

    8.

    You Don't Know

    close

    9.

    Mrs.

    close

    10.

    Georgia to Texas

    close