こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

商品詳細

ジャンル別のオススメ

【SACDハイブリッド】

Parsley, Sage, Rosemary & Thyme<完全生産限定盤>

Simon & Garfunkel

  • 1回の配送の合計金額が、2,000円(税込)以上で送料無料!
  • オンラインキャンペーン価格
    ロック/ポップス スペシャルプライス12%オフ

取扱中

発売日以降のお取り寄せとなります

※入荷の見込みがないことが確認された場合、取り寄せ手配を終了し、この商品をキャンセルとさせていただきます。

※お支払い方法が各種前払いの場合、お支払い確認後の発送となります(よくあるご質問 (Q&A))

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

※こちらはフラゲ(発売日前日お届け)保証外の商品です

  • 通常価格(税込)
    ¥4,093
  • セール価格(税込)
    ¥3,602
    ¥491 (12 %) オフ
  • ポイント数
    33 ポイント

予約する

店舗で予約

商品の情報

発売日

2018/11/09

フォーマット

SACDハイブリッド

構成数

1

製造国

輸入 (ヨーロッパ盤)

レーベル

Mobile Fidelity

規格品番

UDSACD2199

商品の紹介

  • 映画『卒業』の挿入歌「スカボロー・フェア」を収録。ポール・サイモンとアート・ガーファンクルのフォークロック・デュオが放った3rdアルバムで、全米チャート4位を記録した。当時の混沌とした社会へのメッセージを繊細なメロディーと美しいハーモニーに乗せて展開する音世界は彼らならではのもの。二人が育ったNYの情景を歌った「59番街橋の歌(フィーリング・グルーヴィー)」、ポール・サイモンがロンドンで活動して頃に書いた「早く家へ帰りたい」など今も愛される名曲・名演が並ぶ。アルバムのタイトルは、イギリス民謡でもある「スカボロー・フェア」の一節から取られている。1966年作品。

    発売・販売元 提供資料 (2018/04/23)

  • Q (Summer/01, p.126) - 4 stars out of 5 - "...Sees them figuring out how to be effortlessly great..." Uncut (8/01, p.92) - 3 stars out of 5 - "...A flowery, soft-focused affair..."

    Rovi

作品の情報

メイン

オリジナル盤発売日:1966年

収録内容

構成数 | 1枚

Personnel includes: Paul Simon (vocals, guitar); Art Garfunkel (vocals). Reissue producer: Bob Irwin. Recorded between December 14, 1965 and December 22, 1966. Originally released on Columbia Records (9363). Includes liner notes by Bud Scoppa. From the opening finely-woven tapestry, "Scarborough Fair/Canticle," to the closing wake-up call, "7 O'Clock News/Silent Night," Paul Simon and Art Garfunkel present a powerful statement--theirs was to be the new standard in contemporary rock. These harmonies were not those of the fun-loving Beach Boys, and these two New Yorkers weren't singing about girls in bikinis. They sang about women who read Emily Dickinson. Intellectual folk-based rock flourished in this classic collection written by the poet-of-the-moment, Paul Simon. The chemistry between Paul's warm, low tenor and Art's high, airy, etheral tenor was an unrivaled mix, creating a precise harmonic exchange that lent itself perfectly to Paul's well-crafted songs. The intricate arrangement of "Scarborough Fair" is one of the prettiest in the band's catalogue. PARSLEY, SAGE, ROSEMARY AND THYME contains songs that have since become part of the American musical lexicon: the multi-layered poetry of "Dangling Conversation," and the emotional ode "For Emily, Whenever I May Find Her." Songs like "Patterns" signalled that there was now an articulate elite that was changing the sound of the musical landscape. The revolution in the streets and campuses was making its way on to radio airwaves and thence into people's homes. But as heavy as they were politically and intellectually, the duo could still offer up an infectious, light-hearted ditty like "The 59th Street Bridge Song (Feelin' Groovy)."

  1. 1. [SACDハイブリッド]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Scarborough Fair/Canticle

    close

    アーティスト
    Simon & Garfunkel

    2.

    Patterns

    close

    アーティスト
    Simon & Garfunkel

    3.

    Cloudy

    close

    アーティスト
    Simon & Garfunkel

    4.

    Homeward Bound

    close

    アーティスト
    Simon & Garfunkel

    5.

    The Big Bright Green Pleasure Machine

    close

    アーティスト
    Simon & Garfunkel

    6.

    The 59th Street Bridge Song (Feelin' Groovy)

    close

    アーティスト
    Simon & Garfunkel

    7.

    The Dangling Conversation

    close

    アーティスト
    Simon & Garfunkel

    8.

    Flowers Never Bend in the Rainfall

    close

    アーティスト
    Simon & Garfunkel

    9.

    A Simple Desultory Philippic (Or How I Was Robert McNamara'd nto Position)

    close

    アーティスト
    Simon & Garfunkel

    10.

    For Emily, Whenever I May Find Her

    close

    アーティスト
    Simon & Garfunkel

    11.

    A Poem on the Underground Wall

    close

    アーティスト
    Simon & Garfunkel

    12.

    7 O'Clock News/Silent Night

    close

    アーティスト
    Simon & Garfunkel