こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

商品詳細

ジャンル別のオススメ

【書籍】

Jazz Thing ジャズという何か ジャズが追い求めたサウンドをめぐって

原雅明

  • 1回の配送の合計金額が、2,000円(税込)以上で送料無料!

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 価格(税込)
    ¥2,376
  • ポイント数
    22 ポイント

カートに入れる

店舗で取置き

商品の説明

話題の新作は「ジャズという何か」から生まれている!80年代以降のJAZZがわかる。著者待望の論考集。

これまでのジャズ史は、マイルスとプリンスを媒介した「ジャズ」の存在を明かしてはくれなかった。いま目の前に現れてきたジャズは、少なくともモダン・ジャズではない。
では、一体どういうジャズなのか?何処から現れたジャズなのか?そして、そもそもこれはジャズなのだろうか?誰にも書けなかった「80年代以降の越境するジャズ史」。
ジャズをめぐるサウンド史年表付き。

商品の情報

発売日

2018/03/30

フォーマット

書籍

構成数

1

製造国

国内

レーベル

DU BOOKS

規格品番

9784866470559

版型

四六変

ページ数

360

レビュー

  • 「ジャズとは何か」はたえず議論されてきた一方で、これまで抜け落ちてきた「ジャズという何か」について考えてみる──まず、原雅明の立てた命題が興味をそそる。本書は90年代を転換点に起きつつ、前史に当たる80年代から現在にいたるまで、ヒップホップやマシーン・ビート、ポストロックなどジャズならざる様々な音楽に聴き取れる「ジャズという何か」を考察する。それは、当然ジャズ自身にもフィードバックされ……マイルス・デイビス、ECM、ロバート・グラスパーらの探究を紐解く。音楽が呼応し合い、交錯し、また新たなアートとして上書きされる。そのダイナミクスに魅了されるすべてのリスナーに。
    intoxicate (C)田中亮太

    タワーレコード (vol.133(2018年4月20日発行号)掲載)

作品の情報

メイン

収録内容

構成数 | 1枚

<おもな目次>
Intro これまでのジャズ史が語らなかった物語

1部
ジャズをめぐるサウンド史

2部
ジャズという何かをめぐる実践的覚書
1章 80年代─ ─ マイルスがアイコン化した時代とその背景
2章 ジャズとヒップホップが成し遂げたこと
3章 ジャズを相対化する─ ─ ギタリストが描き出すアメリカーナ
4章 ECMというサウンド・デザイン
5章 ドン・ウォズと共に蘇生したBlue Noteの現在
6章 ポストロックとジャズの街シカゴ、その過去と現在
7章 マンマシン・ジャズ─ ─ なぜミュージシャンは機械が作り出した音楽をトレースするのか?
8章 コレクティヴが生み出すジャズ─ ─ バンドという集まりを緩やかに解体する
9章 円環するジャズ─ ─ 過去と現在を繋ぐ音楽として

*ジャズをめぐるサウンド史年表

  1. 1. [書籍]