ショッピングカート
Country/Blues
LPレコード
Born Under A Bad Sign (33Rpm)
★★★★★
★★★★★
0.0

お取り寄せの商品となります

入荷の見込みがないことが確認された場合や、ご注文後40日前後を経過しても入荷がない場合は、取り寄せ手配を終了し、この商品をキャンセルとさせていただきます。

開催期間:2021年7月27日(火)11:00~7月30日(金)23:59まで! [※期間中のご予約・お取り寄せ・ご注文が対象 ※店舗取置・店舗予約サービスは除く]
カントリー/ブルース輸入盤レコード/アナログ10%オフ
LP、12"、10"、7"が期間限定プライスオフ
商品の情報

フォーマット

LPレコード

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2018年01月19日

規格品番

723

レーベル

Speakers Corner

SKU

4260019715470

作品の情報
メイン
アーティスト
ゲスト
アーティスト
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:00:00

Personnel includes: Albert King (vocals, guitar); Joe Arnold (horns); Isaac Hayes (piano). Booker T. & The MG's: Booker T. Jones (piano); Steve Cropper (guitar); Donald "Duck" Dunn (bass); Al Jackson, Jr. (drums). The Memphis Horns: Wayne Jackson, Andrew Love (horns). Recorded at Stax Recording Studio, Memphis, Tennessee between March 1966 and June 1967. The giant left-handed guitarist was no stranger to the recording studio by 1966, but Albert King had still to make his mark with the record-buying public. When he linked up with the cream of Stax's Memphis musicians, including Booker T. And The MGs and the Memphis Horns, that connection was made. "Laundromat Blues", "Oh, Pretty Woman" and "Crosscut Saw" set the scene for "Born Under A Bad Sign" and "The Hunter", which quickly found their way into the repertoires of Cream and Free. The convolutions of his guitar style were perfectly complemented by the trademark Stax funk rhythms. The team went on to make many more singles and albums, none of which could surpass the achievements of their first meeting.

    • 1.
      [LPレコード]
カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
ポイント15倍
612pt
販売価格(税込)
¥ 4,990
¥ 499(10%)オフ
¥ 4,491
販売中
お取り寄せ
発送までの目安:14日~35日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加