ショッピングカート
クラシック
CD
月の光 ~1927年製エラールの響き
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

国内

パッケージ仕様

-

発売日

2017年10月10日

規格品番

WAKA-4205

レーベル

若林工房

SKU

4580359961024

作品の情報
メイン
ピアノ
その他
商品の紹介
フランス音楽の真髄を伝える名器エラールのかぐわしき音色

実力派ピアニスト、上野真の若林工房への録音第3弾。今回は1927年製のエラールを使用、得意とするドビュッシーとラヴェルの作品を録音しました。フランスで最も高価な楽器といわれたエラールは、凝ったメカニズム、最高品質の自然木や革などの素材により見た目も楽しませてくれますが、そのサウンドの特徴は、減衰の緩やかな響きにあります。「これこそが本来のアコースティック楽器の姿」(上野真)というエラールの名器を使用したフレンチ・アルバム。極上の音色をお楽しみください。

<上野真>
4歳からピアノを始め、16歳で単身渡米。フィラデルフィアのカーティス音楽院に留学し、故J.ボレットの薫陶を受ける。その後オーストリア・ザルツブルク・モーツァルテウムにてハンス・ライグラフ氏に師事。また、ミエチスラフ・ホルショフスキー、ゲイリー・グラフマン、レオン・フライシャー、ロザリン・トゥーレック、アンジェイ・ヤシンスキといった名教師たちから様々な音楽的助言を受ける。1985年、カーネギー・リサイタルホールやJ.F.ケネディセンターなどで演奏。メリーランド国際(1985・ワシントンD.C.)、ベーゼンドルファー・エンパイア国際(1986・ブリュッセル)、ジュネーヴ国際(1988)、オルレアン20世紀(2002)等、数々のコンクールで入賞。2005年にモスクワで行われた第1回国際スヴャトスラフ・リヒテル・コンクールにて第2位入賞。2017年現在は京都を拠点として活動中。
上野真への賛辞
「ソフィスティケートされ、高度な文化、教養をもち、強い個性を兼ね備えた、熟練のピアニストである」――ダン・タイ・ソン
「上野のドビュッシー演奏は啓示のようなものだった。作曲家の楽譜の忠実な再現というだけでなく、才気に溢れ、感情と色彩に満ち、作品の神秘と様々な側面を明らかにした」――アレクセイ・リュビモフ
「彼の世代の中でもっとも才能に恵まれた一人である。その力量は、最高のレヴェルに達している」――ホルへ・ボレット
若林工房
発売・販売元 提供資料 (2017/09/19)
収録内容

構成数 | 1枚

【曲目】
ドビュッシー:ベルガマスク組曲
ラヴェル:水の戯れ
ラヴェル:ソナチネ
ドビュッシー:前奏曲集第1巻

【演奏】
上野真(ピアノ)
使用楽器:エラールモデル260 フルコンサートグランド、1927年製、90鍵のエクストラベース付

【録音】
2016年11月22~25日、滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 小ホール
    • 1.
      [CD]
カスタマーズボイス
    評価する:
ニュース & 記事
還元ポイント
22pt
販売価格(税込)
¥ 2,526
販売中
在庫わずか
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加