ショッピングカート
Rock/Pop
LPレコード
Hesitant Alien (Limited Picture Vinyl)<限定盤>
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

ロック/ポップス輸入盤レコード/アナログ10%オフ
LP、12"、10"、7"が期間限定プライスオフ
商品の情報

フォーマット

LPレコード

構成数

1

国内/輸入

輸入 (ヨーロッパ盤)

パッケージ仕様

-

発売日

2017年10月13日

規格品番

9362491109

レーベル

Warner Bros.

SKU

093624911098

作品の情報
メイン
アーティスト
オリジナル発売日
2014年
商品の紹介
Warner Bros. Records ピクチャー・アナログ・シリーズ《PICTURE THIS》始動!
Warner Bros. Recordsを代表するアーティストの名作が、限定盤ピクチャー・アナログで登場! ピクチャー・ディスクとしては初の作品ばかりです!【限定商品】
発売・販売元 提供資料 (2017/09/11)
Rolling Stone - 3 stars out of 5 -- "Way is best when he combines his new direction with his essential earnestness: His emotional delivery drives highlights like 'Millions' and 'Drugstore Perfume.'" Alternative Press - 4 stars out of 5 -- "[The] songs are pretty damned great, heavily centered on guitars and Way's trademarked swagger that's remains attitudinal, even at points when his mood turns a bit more melancholy."
Rovi
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:00:00

The very title of Hesitant Alien conjures memories of David Bowie, just like how the album artwork evokes the Thin White Duke's iconic cover for Heroes (which was later repurposed for Bowie's own The Next Day). Such deliberate allusions are Gerard Way's sly nod to his audience, an admission of how he belongs to an art-punk tradition that stretches back several decades, but his first solo effort after the disbandment of My Chemical Romance isn't a re-creation of the glory days of glam. Way does indulge in T. Rex stomps and flirts with Bowie's interstellar swagger -- not to mention his cadence sometimes echoes Eno and he's savvy enough to thread saxophone into the background on "Get the Gang Together" -- but the heart of Hesitant Alien lies in the late '80s and early '90s, the time when all the arty strands of British and American post-punk converged on 120 Minutes. Sometimes Way creates a swirling, circular pastiche, sometimes he creates de facto tributes to individual bands ("Millions" is a dead ringer for prime Stone Roses), the two approaches blending to create a heady rush of sexy, stylish postmodern futurism. The clever thing about Hesitant Alien is, for as much as it consciously references the past, it's a record that never could've been played on college radio in 1990: the razor-thin guitars are too loud, the progressive pomp leans too heavily on '70s concept albums, Way retains the trappings of emo in his heated delivery but not his aesthetic. All this means that for as much as Way refers to other acts, this is a thoroughly original work, a vibrant reflection of all his artistic obsessions. ~ Stephen Thomas Erlewine

    • 1.
      [LPレコード]
      【A面】
    • 【B面】
レビュー
  • マイ・ケミカル・ロマンスの活動休止から1年半、フロントマンのジェラルドがソロ作を発表した。前もって伝えられていたブリット・ポップ色よりも、むしろ70年代末~80年代前半のUKニューウェイヴや、その先駆けとなったベルリン時代のデヴィッド・ボウイの影響が強く感じられる。畳み掛けるようなヴォーカルこそバンド時代を彷彿とさせるが、あえて当時とはまったく違う作風のアルバムを作った点に大きな意味があるだろう。マイケミ壊滅状態の悲しみを乗り越えるために書いたという楽曲群を、まずはまっさらな気持ちで楽しみたい。みずからが演奏したキーボードの音色も新鮮だ。すでにライヴで披露済みの新曲を多くの人が絶賛していて、ここから彼の新たな音楽人生が始まろうとしている。
    bounce (C)山口智男

    タワーレコード (vol.371(2014年9月25日発行号)掲載)

カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
還元ポイント
27pt
販売価格(税込)
¥ 3,399
¥ 340(10%)オフ
¥ 3,059
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加