こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

クラシック

  • 現代音楽

【CD】

Jan Erik Mikalsen: Saan

ハンナ・チャンポワンオスロ・フィルハーモニー管弦楽団ミゲル・アルト=ベドヤノルウェー放送管弦楽団ダリア・スタセフスカ

  • ポイント15倍

販売中

お取り寄せ

発送までの目安:14日~35日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

※入荷の見込みがないことが確認された場合や、ご注文後40日前後を経過しても入荷がない場合は、取り寄せ手配を終了し、この商品をキャンセルとさせていただきます

  • 通常価格(税込)
    ¥2,849
  • セール価格(税込)
    ¥2,422
    ¥427 (15 %) オフ
  • ポイント数
    22 ポイント →今なら330 ポイント!

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


Jan Erik Mikalsen: Saan

ハンナ・チャン

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2018年01月31日

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

輸入

レーベル

Aurora

規格品番

ACD5092

商品の紹介

  • 豊かなエクスチュアと「北欧の音色」

    ノルウェー現代音楽シーンのニューフェースのひとり、ヤン・エーリク・ミカルセンの「ポートレート」アルバム。ミカルセンは、1979年、クリスチャンスンに生まれ、グリーグ・アカデミーのモッテン・アイデ・ペーデシェン、王立デンマーク音楽アカデミーのハンス・エーブラハムセンとベント・サーアンセン--「オーケストレーションに素晴らしく造詣の深い作曲家たち」(ミカルセン)--に学びました。「ポスト・ポスト・ロマンティックな文脈スタイル……民俗音楽に由来するオーバートーン・スケールによるハーモニー……リヒャルト・シュトラウスと後期ロマンティックのシェーンベルクから、メシアン、さらにはリゲティの跡をたどる姿を思い描いている」。ミカルセンの管弦楽作品の特徴として、豊かなエクスチュアと「北欧の音色」を挙げることができます。《サン》(韓国語の「山」)は、オスロ・フィルハーモニックの委嘱により作曲された作品です。〈ロンターノ(遠くの)〉〈プラシード(穏やかな)〉〈ロンターノ〉の3楽章構成。アコーディオンとサクソフォーンとコントラバスのトリオ、POINGをオーケストラの前面に置いて演奏することを想定。チャング、ブク、パクなど朝鮮半島の打楽器も使われます。トロンハイム交響楽団の首席指揮者に就任するハンナ・チャン(1982-)の指揮で2017年1月12日に初演。翌日、アルバムのための録音セッションが行われました。《パーツII》は、2012年1月20日、2011年度武満徹作曲賞のファイナルで東京フィルハーモニー管弦楽団により初演され、TONO(ノルウェー著作権協会)の主宰する2012年度エドヴァルド賞を受賞した作品です。「ロンターノ」「(指定なし)」「ペザンテ(重量感のある)」「ロンターノ」の4つのセクションから構成、さまざまな「パーツ(部品)」がアーチを形成していく姿が描かれます。ダリア・スタセフスカ(1984-)は、ウクライナ、キエフ生まれの指揮者。オスロ、トロンハイムのオーケストラに客演、2016年のヘルシンキ・フェスティヴァルではオープニング・コンサートを指揮しました。ノルウェー放送管弦楽団の委嘱で作曲された《ソングル》(古ノール語で「歌」)は、オーケストラの幅広いパレットを使って音風景を描いた作品です。ハープと2つのヴァイオリンを四分音で調律、民俗楽器のハリングフェレが「オーケストラの楽器」として使われます。2つの〈ロンターノ〉と〈デジデラーレ(希望、憧れ)〉の3楽章。ノルウェー放送管弦楽団と首席指揮者ミゲル・ハース=ベドーヤ(1968-)のアルバム『変奏曲による変奏曲』(ACD5096)(2016年秋録音)に収録されました。
    キングインターナショナル

    発売・販売元 提供資料 (2017/09/12)

作品の情報

収録内容

構成数 | 1枚


『サン(Saan)』

【曲目】
ヤン・エーリク・ミカルセン(1979-):
(1)サン(Saan)(山)(2016)(トリオと管弦楽のための)
(2)ソングル(歌)(Songr)(2014)(管弦楽のための)
(3)パーツ I(I Parts II)(2010)(管弦楽のための)

【演奏】
(1)POING、フローデ・ハルトリ(アコーディオン)、
ロルフ=エーリク・ニューストレム(サクソフォーン)、
ホーコン・テリーン(コントラバス)、
オスロ・フィルハーモニック管弦楽団、
ハンナ・チャン(指揮)
(2)ノルウェー放送管弦楽団、
ミゲル・ハース=ベドーヤ(指揮)
(3)オスロ・フィルハーモニック管弦楽団、
ダリア・スタセフスカ(指揮)

【録音】
2016年4月(3)、2017年1月(1) オスロ・コンサートホール、
2016年8月 ノルウェー放送(NRK) 大スタジオ、オスロ(2)

  1. 1. [CD]