こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

ロック/ポップス

【CD】

Out Of All This Blue

The Waterboys

  • ポイント10倍
  • オンラインキャンペーン価格
    発売済み輸入盤スペシャルプライス10%オフ
  • どちらで買ってもポイント10%還元キャンペーン
    開催期間:2019年11月22日(金)9:00 ~ 2019年12月1日(日)23:59まで  期間中はオンラインショップでも、店舗でも、ポイント10%還元! [※詳しくはキャンペーン・ページでご確認ください]

現在オンラインショップ取扱なし

  • 通常価格(税込)
    ¥2,739
  • セール価格(税込)
    ¥2,465
    ¥274 (10 %) オフ

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


Out Of All This Blue

The Waterboys

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2017年09月12日

フォーマット

CD

構成数

2

製造国

輸入 (イギリス盤)

レーベル

BMG/Hostess

規格品番

538292480

商品の紹介

  • UKレジェンダリー・バンド、ウォーターボーイズの2年半振りの新作!収録曲の中には「Rokudenashiko」をはじめ、日本を連想させるタイトルの曲がいくつも存在!
    今作のメンバーはスティーヴ・ウィッカム(フィドル)、デイヴィッド・フッド(b)、ポール・ブラウン(org)他。アルバム・タイトルは今作のためにレコーディングしたが採用されなかったアウト・テイクから流用されたもの。マイクによるプロデュース、レコーディングはダブリンと東京にて行なわれた今作は、バンド史上最も冒険的と言われている。マイクの鋭い歌詞をクラシックR&B、カントリー、ソウル/ファンクといったポップ・ミュージックに乗せ、ベースにはモダン・ヒップホップの価値観とリズムを備えている。ストリングスや金管楽器部のアレンジを手がけたのは、スタジオ兼ミュージシャン集団〈スペースボム〉の一員、トレイ・ポラード。

    発売・販売元 提供資料 (2017/07/18)

作品の情報

メイン

収録内容

構成数 | 2枚

合計収録時間 | 01:36:16

If you're a longtime Waterboys fan who often wonders when Mike Scott is going to get funky -- well, your time has finally come. Stylistic shape-shifting has long been part of Scott's modus operandi, but with the Waterboys' ambitious 2017's double set Out of All This Blue, Scott and his collaborators have jumped headfirst into R&B and funk rhythms, with drum loops and hip-hop-influenced production dominating many of the tracks. This being a Waterboys album, there's an eclectic variety of sounds and genres here, including more familiar detours into Celtic, country, and folk-influenced tracks and a few numbers that focus on Japanese culture (part of the album was recorded in Tokyo). But the majority of the album finds Scott and company belatedly embracing dance rhythms, and he takes to the funk more comfortably than one might expect. When Scott sings about the rough-and-tumble side of life in New York City or his pursuit of his latest romantic obsession, his passion lines up perfectly with the snap of the backing tracks, and this album's take on hip-hop rhythms is thankfully organic and non-gimmicky. Out of All This Blue feels a bit overstuffed at 23 tracks spread over two discs, but precious little of it feels like filler, with even the weakest tracks adding to the overall flavor of the album. And Scott remains a great storyteller, whether he's telling a woman why he should be her boyfriend, debating Memphis vs. Nashville, enjoying a night in a dive bar, or telling off Keith Richards. (And Scott responding to an insult to Neville Chamberlain from Kinky Friedman might sound like some sort of joke, but "Kinky's History Lesson" turns out to be one of the strongest and most moving tracks on this album.) Overall, Out of All This Blue is a bold experiment that succeeds, and once again demonstrates the depth and breadth of Mike Scott's talent. ~ Mark Deming

  1. 1. [CD] DISC 1:

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Do We Choose Who We Love

    2.

    If I Was Your Boyfriend

    3.

    Santa Fe

    4.

    If the Answer Is Yeah

    5.

    Love Walks In

    6.

    Hiphopstrumental 4 (Scatman)

    7.

    New York I Love You

    8.

    Connemara Fox, The

    9.

    Girl in the Window Chair, The

    10.

    Morning Came Too Soon

  2. 2. [CD] DISC 2:

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Hammerhead Bar, The

    2.

    Mister Charisma

    3.

    Nashville, Tennessee

    4.

    Man, What a Woman

    5.

    Kinky's History Lesson

    6.

    Monument

    7.

    Girl in a Kayak

    8.

    Rokudenashiko

    9.

    Didn't We Walk on Water

    10.

    Elegant Companion, The

    11.

    Skyclad Lady

    12.

    Yamaben

    13.

    Payo Payo Chin