ショッピングカート
書籍
書籍
ダメなときほど「言葉」を磨こう
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

開催期間:2021年6月21日(月)11:00~6月30日(水)23:59まで! [※期間中のご予約・お取り寄せ・ご注文が対象 ※店舗取置・店舗予約サービスは除く]
商品の情報

フォーマット

書籍

構成数

1

国内/輸入

国内

パッケージ仕様

新書

発売日

2017年06月16日

規格品番

-

レーベル

集英社

ISBN

9784087208870

ページ数

176

商品の説明

そのとき、どんな「言葉」を発するかで人生の終着点は大きく変わる!

永六輔、山口百恵、吉永小百合...時代を彩る大スターから市井の人々まで、"欽ちゃん"こと萩本欽一の心に残った言葉から、生きる上で大切なことは何かを考えた「人生哲学」の決定版!

【主な内容】
永六輔の言葉
(40代の頃、永さんのラジオ番組に呼ばれて)「人生って、年を重ねるとたくさんの知り合いができて友だちができたりするけど、もう友だちも知り合いもいらないね。付き合う時間もないし。でもね、その中でも知り合いたい、友だちになりたいっていうのが出てくるんだよ。欽ちゃん、よく来たね」......(「会いたかった」とはひと言も言ってないのに、心から「会いたい」という気持ちが伝わる言葉)

吉永小百合の言葉
(欽ちゃんの映画の出演依頼への返答。「出演できない」との回答に続けて)「(TBSでの稽古の)休憩時間はだいたい○時ごろなので、窓を開けて外の空気を吸うでしょう。そのときに、映画の撮影ではなく、ニュース映像としてなら、お撮りになれるのではないですか」......(映画の出演としてはノーだけど、可能な限りイエスと答えてくれた)

木村拓哉の言葉
(欽ちゃんの番組のオーディションでの質問「好きな食べ物は?」への回答)「お母さんのつくったお稲荷さん」......(99パーセントの人は、「ハンバーグ」や「目玉焼き」のように、料理の名前だけを答える。しかし、彼は「お母さんのつくった」と言葉を添え、さらに、彼のイメージとはまるで異なる家庭的な料理を挙げた。そのセンスに「才能」を見出す)

作品の情報
メイン
著者
収録内容

構成数 | 1枚

【目次より】
第一章 どんな逆境も言葉の力で切り抜けられる
●「ひと言」を大切にする人は逆境に強い
●人を説得したいときはあえて一歩引く言葉を
●関係を断ち切るときは「ごめんなさい」、続けたいときは「言い訳」を

第二章 子育てこそ言葉が命
●貧しさは言葉を磨く一大チャンス
●「怯え」を知る子は生き抜く力が強くなる
●不登校の特効薬は「好きなことしていいよ」

第三章 辛い経験が優しい言葉を育む
●不幸な出来事を不幸な言葉で語らない
●喜びは短く悲しみも短く
●生きるためには芝居が必要

第四章 仕事がうまくいくかは言葉次第!
●仕事が面白くないのは当たり前
●決められたことより少しだけ多くやるのが「努力」
●交渉事は自分の利益より相手の気分がよくなる言葉を

第五章 言葉を大切にしない社会には大きな災いがやってくる
●今の社会は一億総運なし
●進んで損ができると人に恵まれる
●みんなが右を向いたら左を向こう

第六章 言葉の選び方で人生の終着点は大きく変わる
●怒りは優しい言葉に変換して伝える
●百恵ちゃんの超一級の心遣い
●70歳は人生のスタートだった
    • 1.
      [書籍]
カスタマーズボイス
    評価する:
ニュース & 記事
ポイント15倍
105pt
販売価格(税込)
¥ 770
販売中
在庫わずか
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加