ショッピングカート
Rock/Pop
CD
Satan's Graffiti Or God's Art?
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

オンラインキャンペーン価格
発売済み輸入盤スペシャルプライス10%オフ
開催期間:2020年9月15日(火)11:00 ~ 9月18日(金) 23:59まで[※期間中のご予約・お取り寄せ・ご注文が対象 ※店舗取置・店舗予約サービスは除く]
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

輸入 (ヨーロッパ盤)

パッケージ仕様

-

発売日

2017年05月05日

規格品番

5627000700

レーベル

ADA

SKU

856270007009

作品の情報
メイン
アーティスト
ゲスト
アーティスト
その他
エンジニア
プロデューサー
商品の紹介
神の芸術でも悪魔の落書きでも――大胆ってステキ。アトランタのガレージ・ロック・バンド、ブラック・リップス。60年代サイケやガレージ・ロック、パンクなどから強く影響を受けたサウンドでカルト的な人気を集める彼らの通算8作目となるアルバム『SATAN'S GRAFFITI OR GOD'S ART?』で新たなハチャメチャ伝説を作る?!
発売・販売元 提供資料 (2017/04/07)
Rolling Stone - 3 stars out of 5 -- "They bounce between genres with screwball zeal...the anti-concept loopiness can be weird fun -- from the Wild West psychobilly of 'Occidental Front' to a mutant girl-group ballad 'Crystal Night'..." Magnet - "[T]he fuzzy, surf swing of tracks such as 'Occidental Front' prove the band can be powerfully charming."
Rovi
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:55:42

Audio Mixer: Chris Coady . Recording information: The Farm. Photographers: Logan White; Abigail Briely Bean; Ben Rayner; Christina Swilley; Nicolas Amato. When Mark Ronson and Patrick Carney want to clean up your act, what do you do? If you're in the Black Lips, you go along, which turned out to be a good idea on 2011's Arabia Mountain, produced by Ronson, and not so great on 2014's Underneath the Rainbow, with Carney of the Black Keys at the controls. What if you're not so sure you want your act cleaned up any more? Well, you start hanging out with your friend Sean Lennon, and get him to produce an album that throws you back into the deep end of murk. Released in 2017, Satan's Graffiti or God's Art? not only reestablishes the group's former sonic personality as the fuzzy nexus between the Fall and the Trashmen, it's one of the most unhinged things the Black Lips have cut since 2005's Let It Bloom. Lennon gives the Black Lips a punchier sound than they had pre-Ronson, but ultimately this is the work of a band that was clearly encouraged to get loose after a few years of struggling to be tight. And loose is clearly the band's comfort zone, with these performances bounding all over the place between the ragged guitars, honking saxophones, and wailing keyboards, as the rhythm section valiantly labors to keep things traveling in the same direction. The Black Lips were clearly having a good time conjuring up some dirty-ass rock & roll on these sessions, and they even brought in Yoko Ono to do a guest scream on "Occidental Front." And you'll never think of the Beatles' "It Won't Be Long" the same way again after you've heard what the Black Lips do with it. ~ Mark Deming

    • 1.
      [CD]
      • 1.
        Overture: Sunday Mourning
      • 5.
        Interlude: Got Me All Alone
      • 11.
        Interlude: E'lektric Spider Webz
      • 13.
        In My Mind There's A Dream
レビュー
  • タイラー・ザ・クリエイターやオマール・スレイマンとの絡みなど、課外活動では他方面に手を出してきたけど、3年ぶりとなるこの新作では一貫して激走ガレージ・ロックを鳴らしている。馬鹿が付くほど明るいパンキッシュなナンバーは、ヤケクソのように照る真夏の太陽みたいだ。ショーン・レノンにプロデュースを委ねているとの前情報から、少し身構えてしまった自分が情けない。やっぱりブラック・リップスはこれだろ!
    bounce (C)長崎耕平

    タワーレコード (vol.404(2017年6月25日発行号)掲載)

カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
ポイント10倍
161pt
販売価格(税込)
¥ 1,969
¥ 197(10%)オフ
¥ 1,772
販売中
在庫わずか
発送までの目安:3日~5日

店舗から取り寄せる商品となります

cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加