こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

ロック/ポップス

【CD】

Weather Diaries (Jewel Case)

Ride

  • オンラインキャンペーン価格
    ロック/ポップス スペシャルプライス 7%オフ

販売中

在庫わずか

発送までの目安:3日~5日

※店舗から取り寄せる商品となります

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

※入荷の見込みがないことが確認された場合や、ご注文後40日前後を経過しても入荷がない場合は、取り寄せ手配を終了し、この商品をキャンセルとさせていただきます

  • 通常価格(税込)
    ¥2,689
  • セール価格(税込)
    ¥2,501
    ¥188 (7 %) オフ
  • ポイント数
    23 ポイント

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


Weather Diaries (Jewel Case)

Ride

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2018年03月13日

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

輸入 (イギリス盤)

レーベル

Wichita/Hostess

規格品番

WEBB510CD

商品の紹介

  • イギリスの伝説的シューゲイザー・バンド、ライドによる21年ぶりのニュー・アルバム!世界のトップDJエロル・アルカンによるプロデュース、アラン・モウルダー(アークティック・モンキーズ、フー・ファイターズ、ザ・キラーズ)がミキサーとして参加!20年ぶりとなる新曲「Charm Assault」「Home Is A Feeling」を立て続けに2曲公開していたイギリスの伝説的シューゲイザー・バンド、ライド。そんな彼らが、1996年の『タランチュラ』以来、21年ぶりとなるニュー・アルバム『ウェザー・ダイアリーズ』を6月にリリースすることが決定した。ヴァリエーション豊富なサウンドが詰まった今作は、クリエイション・レコード時代にライドを支えたマーク・ボーウェンとディック・グリーンによって設立されたWichita Recordingsからのリリースとなる。デビュー・アルバム『ノーホエア』をミックスし、続く『ゴーイング・ブランク・アゲイン』をプロデュースしたアラン・モウルダー(アークティック・モンキーズ、フー・ファイターズ、ザ・キラーズ)をミキサーに、世界のトップDJエロル・アルカンをプロデューサーに迎えて制作された『ウェザー・ダイアリーズ』。震動するディストーション、美しいハーモニー、激しいリズム、きらめくサウンドスケープと素晴らしいソングライティングがあわさった、タイムレスで中毒性の高い内容に。まさにライドが90年代頭に決定的な存在(バンド)となった、クラシックな要素がたっぷり詰まったアルバムに仕上がっている。

    発売・販売元 提供資料 (2017/04/03)

  • Uncut - "[A] discreet upgrade of the band's patented dreampop sound, seemingly unaffected by Andy Bell's staunch shifts in Oasis and Beady Eye." Alternative Press - 4 stars out of 5 -- "[W]ith their place in the British pop firmament secure, they're comfortable with combining some propulsive rockers and closing the album with a trio of spacey experiments that land with a hushed whisper rather than a bang." Clash (Magazine) - "'Lateral Alice''s slow motion wash douses a direct drive that pushes relentlessly, until finally hitting `Integration Tapes': a celebration of the sky looming above Ride's worlds."

    Rovi

レビュー

  • オリジナル・シューゲイザー世代による2017年春夏シーズンのリリース・ラッシュ。締めを飾るのはライドの復活アルバムだ! 96年の解散前夜に披露していたローリング・ストーンズやバーズ的なサウンドの続きを描くのではなく、タイトル曲からして初作『Nowhere』を踏襲した激しいフィードバック・ノイズ合戦の様相で、〈ジザメリやスロウダイヴと口裏を合わせたんじゃ?〉と思えるほどタイミングばっちりの内容。アンビエントな"Integration Tape"をはじめ、昨今のフォロワーに歩み寄る場面も用意しつつ、マーク・ガードナーとアンディ・ベルの美しいハーモニーが飛び出した瞬間、聴き手を即〈あの頃〉へタイムスリップさせてしまう力量には感服する以外ない。そのあたりはプロデュースを手掛けたエロール・アルカンの、尋常ならざるライド愛の賜物でもあるだろう。いまのところはこれで大々満足。で、ぜひ次は『Carnival Of Light』の続編を……なんて言ったら欲張りかしら?
    bounce (C)柴田かずえ

    タワーレコード (vol.404(2017年6月25日発行号)掲載)

作品の情報

メイン

  • アーティスト : Ride

その他

収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:52:10

Audio Mixer: Alan Moulder. Recording information: Phantasy Sound; Vale Studios. During a 27-month period in which they released four EPs and two albums, Ride grew from a charmingly scruffy composite of inspirations into a source of gleaming nuggets that mixed power pop and dream pop with confident emphasis on the former. At the end of this phase, Ride recorded a song about entering a time machine. When the band reappeared two years later, they sounded and looked as if they had taken one through the late '60s. A couple years after that, album four arrived with the band no longer intact, their farewell single a backslide across Primal Scream's retracing of Stones/Faces steps. After nearly 20 years spent mostly apart -- they met up in 2001 to record an improvisation for a Sonic Youth documentary -- Ride re-formed for gigs, then recorded their fifth album with production from Erol Alkan and mixing from old partner Alan Moulder. Considering Ride's fast and prolific early development, the museum phase that followed, and two decades of near silence, Weather Diaries isn't easy to separate from the history that led to it. Not wanting to pick up where they left off, Ride hoped to generate the positive energy they felt as they made second album Going Blank Again. Weather Diaries in turn sounds like the work of a version of Ride that perhaps vanished immediately after that set, with neither Carnival of Light nor Tarantula in their past. Much of Weather Diaries lyrically is unmistakably a 2017 work. In the first three songs, there are allusions to Brexit, a reference to an "acid sweating hunchback apparition" who "sets fire to your world," and the feeling of an "ill wind blowing." Later, there's some existentialism, suspicion in another setting that what's "too perfect" is a mirage, and a bit of reflection about the band's break and existence. There are also states of contentment and bliss to fill out an emotionally rounded group of songs that looks outward more often than any previous Ride release. Whether downcast or upbeat, drifting or driving, the songs levitate with those familiar sighing/soaring harmonies and cascading guitar lines, and a slight haze that coats almost everything, thickening only for a brief ambient instrumental. There are other flashes of the past, good and bad, from the spring-loaded rhythms to reminders of the sometimes vast qualitative disparity between their melodies and lyrics. Ultimately, compared to their 1996 sendoff, this is more like it. ~ Andy Kellman

  1. 1. [CD]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Lannoy Point

    close

    2.

    Charm Assault

    close

    3.

    All I Want

    close

    4.

    Home Is a Feeling

    close

    5.

    Weather Diaries

    close

    6.

    Rocket Silver Symphony

    close

    7.

    Lateral Alice

    close

    8.

    Cali

    close

    9.

    Integration Tape

    close

    10.

    Impermanence

    close

    11.

    White Sands

    close