こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

クラシック

  • オペラ

【CD】

ワーグナー: 楽劇「ワルキューレ」第1幕

ハンス・クナッパーツブッシュウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

  • クラシック輸入盤プライスオフ
    Grand Slam レーベル 厳選セール

現在オンラインショップ取扱なし

  • 通常価格(税込)
    ¥2,849
  • セール価格(税込)
    ¥1,315
    ¥1,534 (54 %) オフ

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


ワーグナー: 楽劇「ワルキューレ」第1幕

ハンス・クナッパーツブッシュ

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2017年04月19日

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

輸入

レーベル

Grand Slam

規格品番

GS2163

商品の紹介

  • クナッパーツブッシュ& VPO、
    ワーグナー:楽劇「ワルキューレ」第1幕全曲
    信じがたい鮮度で蘇る!!!
    (2トラック、38センチ、オープンリール・テープ復刻)

    制作者より
    当シリーズではGS-2033(廃盤)(LP 復刻、デッカSXL2074 / 5 を使用、2009年)以来、二度目の復刻となります。今回は2トラック、38 センチのオープンリール・テープを使用しましたが、その再生音は事件、70年前の録音とは全く信じがたいほどです。まず、最初の前奏曲、低弦の異様なまでの生々しさに度肝を抜かれますが、そのあとの強弱がこれほど明瞭だったとは驚きです。金管楽器は座席位置が目に見えるほどくっきりと浮かび上がり、打楽器のニュアンスさえも別物に響きます。歌手が登場、ジークリンデがジークムントに水を差し出す時の、清水が湧き出るような美しさは卒倒しそうになります。3人の歌手のやりとりにともない、オーケストラが生き物のように動いている様子も克明に聴き取ることが出来ます。また、解像度が上がったため、歌手の子音もはっきりと聴き取れるばかりでなく、声そのものもぐんと若返った印象も与えます。終盤の〈冬の嵐は去り〉以降はまさに神域に達した数少ない例で、指揮者、歌手、オーケストラともども、史上最高であることが実感出来ます。空恐ろしい復刻盤だと思います。なお、当CDには歌詞対訳は付いておりません。(以上、平林 直哉)
    キングインターナショナル

    発売・販売元 提供資料 (2017/03/28)

作品の情報

収録内容

構成数 | 1枚

エディション | Reissue


【曲目】
ワーグナー:楽劇「ワルキューレ」第1幕

【演奏】
ハンス・クナッパーツブッシュ(指揮)、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
キルステン・フラグスタート(ソプラノ/ジークリンデ)
セット・スヴァンホルム(テノール/ジークムント)
アルノルト・ヴァン・ミル(バス/フンディング)

【録音】
セッション録音:1957年10月28-30日/ゾフィエンザール(ウィーン)
使用音源:Private archive(2トラック、38センチ、オープンリール・テープ)

  1. 1. [CD]