ショッピングカート
Soul/Club/Rap
CD
Darkness And Light
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

オンラインキャンペーン価格
発売済み輸入盤スペシャルプライス10%オフ
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

輸入 (ヨーロッパ盤)

パッケージ仕様

-

発売日

2016年12月02日

規格品番

88985379532

レーベル

G.O.O.D. Music/Columbia

SKU

889853795321

作品の情報
メイン
アーティスト
ゲスト
アーティスト
Miguel
その他
エンジニア
プロデューサー
商品の紹介
グラミー賞10冠に輝くシンガー・ソングライター=ジョン・レジェンド、約3年ぶり、通算5作目となる待望のニュー・アルバム
グラミー賞10冠に輝くシンガー・ソングライター=ジョン・レジェンドの、2013年発表の前作『ラブ・イン・ザ・フューチャー』に続く、約3年ぶり、通算5作目となる待望のニュー・アルバム『ダークネス・アンド・ライト』。前作からの大ヒットシングルにして究極のラヴ・ソング「オール・オブ・ミー」は、当時10週連続全米1位を記録し難攻不落と言われたファレル・ウィリアムスの「ハッピー」に替わり1位の座を獲得したことでも大きな話題に。そして2016年には、映画『グローリー/明日への行進』のコモンとの共演主題歌でアカデミー賞及びグラミー賞で主題歌賞を受賞するなどして、幅広い層から熱い支持を受けている。新作から一足先に公開された新曲「ラヴ・ミー・ナウ」では、共作者兼プロデューサーに新鋭ブレイク・ミルズを起用。前作までのピアノ弾き語りの曲調と一味違う、バンドとストリングスのサウンドをベースにした壮麗なトラックと、ジョン・レジェンドのソウル溢れる甘美なヴォーカルが絶妙に響き合う、まさに大人のラヴ・ソング。2016年に生まれた娘に捧げる曲も収録されるこの新作にはミゲル、チャンス・ザ・ラッパー、アラバマ・シェイクスのブリタニー・ハワードが参加している。
発売・販売元 提供資料 (2016/11/04)
Entertainment Weekly - "Legend is mostly in his soulful comfort zone. 'Darkness and Light' is a fiery duet with Alabama Shakes' Brittany Howard, backed by blues-guitar flourishes and gospel-y washes of Hammond organ." -- Grade: B+ Pitchfork (Website) - "Legend pushes beyond his comfort zone for something a bit more ambitious.....With its meditative and ingratiating songwriting, this is unmistakably a John Legend album, yet there's a renewed sense of peace and even a sad wisdom that distinguishes it."
Rovi
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:45:50

Audio Mixer: Shawn Everett. Recording information: East West Studio 2, Los Angeles, CA. Photographer: Eliot Lee Hazel. Unlike John Legend's first four proper studio albums, this one, his fifth, was produced almost entirely by one person. Floored by Alabama Shakes' Sound & Color, Legend -- coming off his first number one pop hit and an Academy Award -- recruited Blake Mills, that album's chief collaborator. Mills, who also plays several instruments and co-writes almost every song, responds in kind here with a similarly vivid touch. Even at its most processed, the album sounds handwrought, a fully evolved synthesis of gospel, folk, rhythm & blues, and adult pop. Legend's supporting cast of songwriters, an unconventional mix of commercial pop and underground figures that widely ranges from John Ryan to Will Oldham, is completely different to that of 2013's Love in the Future. The bulk of the songs are thematically similar nonetheless, with the embrace of an intense and long-term partnership -- up against "all that shit from the outside" -- at the center. A little more personal and societal context is drawn here. It starts with "I Know Better," a ballad led by Larry Goldings' Hammond organ and piano, where Legend enters in almost startling fashion with "They say sing what you know, but I've sung what they want." He renounces vanity, then beams "My history has brought me to this place/There's power in the color of my face." After the elegant funk-soul number "Penthouse Floor," a triumphantly escapist number enhanced by Chance the Rapper, the content switches to more personal matters. A one-night stand ("Temporary Painless"), the rejection of anxieties to seize commitment ("Surefire"), love after war ("What You Do to Me"), and life under a microscope ("Overload") are among the subjects. There's also a moving ballad, featuring tenor sax from Kamasi Washington, addressed to Legend's daughter. In addition to Legend's laser focus and Mills' presence, the album is tied together by the supreme rhythm section of Pino Palladino and Chris "Daddy" Dave. Each track has its own kind of burning intensity. The album's front, back, and inner photos are in black-and-white, but the music evokes rich shades of yellow, orange, and red. ~ Andy Kellman

    • 1.
      [CD]
      • 1.
        I Know Better
      • 2.
        Penthouse Floor
      • 3.
        Darkness and Light
      • 4.
        Overload
      • 5.
        Love Me Now
      • 6.
        What You Do to Me
      • 7.
        Surefire
      • 8.
        Right By You (For Luna)
      • 9.
        Temporarily Painless
      • 10.
        How Can I Blame You
      • 11.
        Same Old Story
      • 12.
        Marching Into the Dark
レビュー
  • 過去の偉業が本当に伝説化しつつある男の約3年ぶりの新作。生まれたての愛娘に捧げた曲などで私的な思いを綴りつつ、切なげに弾むような混迷の時代におけるラヴソング"Love Me Now"で普遍的な愛を歌うソロ5作目は、ここにきて制作陣が一新された。全曲にプロデュースで関与したのはブレイク・ミルズ。ブルージーで官能的な表題曲ではブレイクが手掛けたアラバマ・シェイクスのブリタニー・ハワードと絡み合うような歌を聴かせ、クリス・デイヴやピノ・パラディーノらが生楽器によるオーガニックでアーシーなグルーヴを醸成。ジョンの教会ルーツを改めて伝える"I Know Better"や骨太でリズミックな"Marching In The Dark"などでソウルの根源的なスタイルを追求して原点回帰しつつ、チャンス・ザ・ラッパーを招いて高層階に住む特権階級層を皮肉ったミディアム"Penthouse Floor"、カマシ・ワシントンがテナー・サックスを添えたミゲル客演のバラード"Overload"では新たな側面も見せていく。いつにも増して力強いアルバムだ。
    bounce (C)林剛

    タワーレコード (vol.398(2016年12月25日発行号)掲載)

カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
還元ポイント
17pt
販売価格(税込)
¥ 2,079
¥ 208(10%)オフ
¥ 1,871
販売中
在庫わずか
発送までの目安:3日~5日

店舗から取り寄せる商品となります

cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加