こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

全ての画像を見る

ソウル/クラブ/ラップ

【CD】

We Got It From Here Thank You 4 Your Service

A Tribe Called Quest

  • オンラインキャンペーン価格
    ソウル/クラブ/ラップ スペシャルプライス 7%オフ

販売中

在庫わずか

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥2,041
  • セール価格(税込)
    ¥1,898
    ¥143 (7 %) オフ
  • ポイント数
    17 ポイント

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


We Got It From Here Thank You 4 Your Service

A Tribe Called Quest

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2016年11月29日

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

輸入 (アメリカ盤)

レーベル

Epic

規格品番

88985377872

商品の紹介

  • 伝説的HIP HOPグループ=ア・トライブ・コールド・クエスト18年ぶり奇跡のニュー・アルバムにしてラスト・アルバム
    90年代、それまでの"タフ"なHIP HOPのイメージを覆し、"ウィットとユーモア"に富んだ全く新しいスタイルで、HIP HOP史上に革命を起こした最も重要な集団として知られる"ネイティブ・タン"の中心的存在として、世界中の音楽シーンに今もなお多大なる影響を与え続ける伝説的グループ、ア・トライブ・コールド・クエスト。1990年に発表したデビュー・アルバム『ピープルズ・インスティンクティブ・トラベルズ・アンド・ザ・パスィス・オブ・リズム』がいきなりHIP HOPシーンで最も権威のある専門誌「The Source」で満点の評価を獲得し、80年代の主流であった「ゴールド」、「銃」などのマッチョイズム的HIP HOP感を排除し、ジャズを中心にソウル、ファンクからロックまで多様なジャンルの音楽をサンプリングした緻密なサウンドと遊び心が溢れた内容の歌詞で90年代に生まれた新たなHIP HOP=ニュー・スクールと呼ばれた新たなムーヴメントを牽引してきた。1991年にはジャズ・ベースの巨人、ロン・カーターを迎えるなどジャズ色をより強めた『ザ・ロウ・アンド・セオリー』、1993年には"オー・マイ・ゴッド"、"エレクトリック・リラクゼーション"など多数の名曲が生まれ、ヒップホップの新たな方向性を示した傑作として高く評価された『ミッドナイト・マローダーズ』を発表するなど1998年の解散までに計5枚の革新的なオリジナル・アルバムを残し、HIP HOP史上最も重要なグループのひとつとして知られている彼らであるが、2000年代に入ってからは何度か再結成もされ、2008年の再結成ツアーに密着したドキュメンタリー映画『ビーツ、ライムズ・アンド・ライフ -ア・トライブ・コールド・クエストの旅-』が公開されるなど再評価も高まっている。2016年の3月にMCのファイフ・ドーグが残念ながら45歳の若さでこの世を去ったが、前作から18年の時を経て通算6作目となる今作はそのファイフが生前の頃からレコーディングされていた作品で、実質上フルメンバーとしては最後のスタジオ・アルバムとなる。客演陣として、アンドレ3000、ケンドリック・ラマー、エルトン・ジョン、ジャック・ホワイト、バスタ・ライムスが挙がっている。

    発売・販売元 提供資料 (2016/11/04)

  • Rolling Stone - 4 stars out of 5 -- "Technically, Q-Tip is in a particular school of awesomely stubborn Nineties MCs who only let their flows grow more complex, internally knotty and speedy with age..." Spin - "This is a protest-minded project with a titanic belief in unity....On the opener 'The Space Program,' Jarobi White and Q-Tip adroitly trade lines without missing a step..." Entertainment Weekly - "[I]t does vividly demonstrate the group's unassailable greatness and continued relevance....'The Space Program' brings Tribe's sharp political perspectives to the forefront." -- Grade: B+ Mojo (Publisher) - 4 stars out of 5 -- "Starved fans will breathe a huge sigh of relief at bubbly opener 'The Space Program,' a roiling rhyme fest over a simple organ lick as Phife, Q-Tip and Jarobi relish every rat-tat-tat exchange." Paste (magazine) - "With absolute certainty, 'The Space Program' and 'We the People.' are the greatest one-two opening punch in their catalog..." Pitchfork (Website) - "[I]t's an album that reinvigorates the group's enviable discography without resting on the nostalgia of past accomplishment." Clash (Magazine) - "[T]he overall production, overseen by master cutter Ali Shaeed Muhammed, is unfiltered, choppy and distinctly reminiscent of the original Tribe sound."

    Rovi

レビュー

  • 18年ぶりのニュー・アルバムにしてラスト・アルバムはジャロビも加えた4人でATCQ節をキックする最高の幕開けに、バスタやコンシークエンス、さらにはタリブ・クウェリも駆け付けた結果、見事にグループ初となる全米1位を獲得。Q・ティップ全面指揮のもと多くの楽曲でBIGYUKIこと平野雅之の鍵盤捌きが採用されたのも話題を集めるなか、カニエ、アンドレ3000といった錚々たる客演陣も赤黒緑の世界の登場人物としてシリアスなライミングも辞さないことから、本作に流れるコンシャスな〈Black Lives Matter〉文脈の太さも感じ取れるだろう。またマーク・コレンバーグやケイシー・ベンジャミンらが脇を固める"Melatonin"や、ケンドリック・ラマーとの"Conrad Tokyo"などはディラ不在にもかかわらず立ち込めるウマー臭が何とも芳しく、保管されている思い出を傷つけるどころか新たな魅力も補完してしまう始末。有終の美ではなく第2章の幕開けとして聴きたかった--なんて野暮なことも呟きたくなる傑作でふ。
    bounce (C)ヌーディーマン

    タワーレコード (vol.398(2016年12月25日発行号)掲載)

作品の情報

メイン

その他

オリジナル盤発売日:2016年

収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 01:00:18

Audio Mixers: Q-Tip; Blair Wells. Recording information: Ablab, NJ. It seemed like the story of A Tribe Called Quest ended with the sad passing of original member Phife in early 2016. It began with their glory days as one of hip-hop's greatest acts to years of sometimes bitter estrangement, then hit a high point with the group coming together in 2015 to celebrate the 25th anniversary of their debut album People's Instinctive Travels and the Paths of Rhythm. They had a surprise up their sleeve, though. On the night they performed on The Tonight Show, the four original members of the Tribe decided the time was right to hit the studio and make a new album. Repairing relationships was the first step and once that happened, the group (minus Ali Shaheed Muhammad, who was in Los Angeles working on the music to Luke Cage) holed up in Q-Tip's home studio and started working on their comeback, We Got It from Here... Thank You 4 Your Service. Q-Tip held down the producer's chair with a mad scientist's flair, searching near and far through his record collection for inspiration. Tip, Phife, and Jarobi brought rhymes that sounded like they'd been sealed up since the early '90s, then broken open and served fresh. Old collaborators Busta Rhymes and Consequence dropped by to add their skills and energy; new artists like Kendrick Lamar and Anderson Paak, who grew up on the Tribe, dropped by to add verses, and some big names like Andre 3000 and Kanye West jumped in feet first, especially Andre, whose rapid-fire verses with Q-Tip on "Kids" provide one of the record's highlights. Jack White adds some of his guitar heroics on a few tracks and Elton John makes a cameo as well, singing the hook of the very odd "Solid Wall of Sound." The sheer number of guests, the long wait since their last album, the shifting tides of hip hop -- all these factors could have led to We Got It being a disappointment. Amazingly, it turns out to be almost the exact opposite. Thanks to Q-Tip's visionary and pleasingly weird production, which draws from golden age hip-hop, old-school jazz, odd samples, dub reggae, and interplanetary electro, the fact the neither he nor Phife have lost even a small percentage of a step, and the seamlessly integrated contributions from the guests (especially Paak on "Moving Backwards"), the album is vibrant, intense, and alive. The group sound like they're having a blast on party songs like "The Donald" or the buoyant "Dis Generation," get mad as hell on tracks like "Space Program" and "We the People," and generally come off like they're still the greatest. This is no nostalgia trip or callous comeback. It's a giant exclamation point on the end of a brilliant career. It's also a tribute to the everyman genius of Phife, a widescreen look at the record-making skills of Q-Tip, and most importantly, it's a pure, undiluted, joyous thrill to have the Tribe back and still sounding this vital. ~ Tim Sendra

  1. 1. [CD]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Space Program, The

    close

    2.

    We the People....

    close

    3.

    Whateva Will Be

    close

    4.

    Solid Wall of Sound

    close

    5.

    Dis Generation

    close

    6.

    Kids...

    close

    7.

    Melatonin

    close

    8.

    Enough!!

    close

    9.

    Mobius

    close

    10.

    Black Spasmodic

    close

    11.

    Killing Season, The

    close

    12.

    Lost Somebody

    close

    13.

    Movin Backwards

    close

    14.

    Conrad Tokyo

    close

    15.

    Ego

    close

    16.

    Donald, The

    close