ショッピングカート
Soul/Club/Rap
CD
Birds In The Trap SingMcKnight
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

オンラインキャンペーン価格
発売済み輸入盤スペシャルプライス10%オフ
開催期間:2021年4月20日(火)11:00~4月30日(金)23:59まで! [※期間中のご予約・お取り寄せ・ご注文が対象 ※店舗取置・店舗予約サービスは除く]
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

輸入 (アメリカ盤)

パッケージ仕様

-

発売日

2016年11月08日

規格品番

88985377712

レーベル

Epic/Grand Hustle

SKU

889853777129

作品の情報
メイン
アーティスト
ゲスト
商品の紹介
全米アルバムチャート1位獲得!若手注目度No.1トラヴィス・スコットの2ndアルバムケンドリック・ラマー、アンドレ3000、ザ・ウィーウエンド、ヤング・サグほか豪華ゲストが参加!
カニエ・ウエストやT.I.が完全バックアップ、リアーナのプロデュースなどで"ヒップホップ界最後の大型新人"と注目を集め、2015年にリリースしたデビュー・アルバム『ロデオ』を全米3位に叩きこみ鮮烈なデビューを果たしたトラヴィス・スコット。事前予告から程なくして、2016年9月2日に一部の配信のみで緊急リリースされた今作『Birds InThe Trap Sing McKnight』は、限られた販路にも限らずいきなり全米アルバムチャート1位を獲得し、その注目度の高さを見せつける格好となった。その『Birds In The Trap Sing McKnight』がいよいよCD化される。先行シングル「pick up the phone」には前作にも登場したヤング・サグとクェーヴォが参加。またザ・ウィークエンドも前作に続き参加しているほか、ケンドリック・ラマー、アンドレ3000、キッド・カディ、ブライソン・ティラー、スウィズ・ビーツ、キャシー等、豪華なメンバーがゲストに集結している。
発売・販売元 提供資料 (2016/10/17)
Pitchfork (Website) - "Scott remains committed to his signature sound on BIRDS but has finally made small tweaks to make it his own. Most Travis Scott songs sound very serious, and BIRDS finds him at his most melodramatic." Clash (Magazine) - "On BIRDS..., Scott is in command and control of how everything and everyone sounds. Mostly, the album is about drug abuse in the early hours and the chaos that can ensue in the window between sunset and sunrise."
Rovi
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:53:39

Photographer: Nick Knight. Titled after one of Quavo's lines from the chirpy summertime 2016 hit co-billed to Travis Scott and Young Thug, this fitfully hypnotizing follow-up arrived after numerous delays, toward the end of the year's third quarter. "Pick Up the Phone" functioned as the lead single off Thug's JEFFERY, and it sensibly reappears here, buried in the latter half, de-emphasized yet not quite a tacked-on bonus. It's easily the track with the most pop appeal on Scott's second full-length. Released almost exactly a year after Rodeo, Birds in the Trap features little development, though the large company Scott keeps is quite different, and Metro Boomin is noticeably absent. Among the present is Andre 3000, who drops by on "The Ends" to recollect the infamous rash of murders that struck his city during his early childhood. The album's deepest verse by a great measure, it has no discernible connection to Scott's surrounding rhymes of cocksure nonsense. That remains the M.O. of Scott, who remains deeply into heavy accessorization and proclamations of dominance, as well as punctuations with affirmative exclamations cast in dehumanizing pitch alteration. Swarming basslines and sluggish beats likewise form the rhythmic foundation, with gauzy and tickling keyboards adding sweetness to Scott's hedonistic hooks. Only on "Guidance," through scuttling drums granted by DF, is there a significant shake-up. This time, Scott co-produced only one track, another Weeknd collaboration, and it easily slips into the album's scheme with its serpentine menace and lightweight lyricism. Among the others on the guest carousel are Kendrick Lamar, Kid Cudi, 21 Savage, and Cassie. They all pass in a slow-motion blur. ~ Andy Kellman

    • 1.
      [CD]
      • 1.
        Ends, The - (featuring Andre 3000)
      • 2.
        Way Back
      • 3.
        Coordinate - (featuring Blac Youngsta)
      • 4.
        Through the Late Night - (featuring Kid Cudi)
      • 5.
        Beibs in the Trap - (featuring Nav)
      • 6.
        SDP Interlude
      • 7.
        Sweet Sweet
      • 8.
        Outside
      • 9.
        Goosebumps - (featuring Kendrick Lamar)
      • 10.
        First Take - (featuring Bryson Tiller)
      • 11.
        Pick Up the Phone - (featuring Quavo)
      • 12.
        Lose
      • 13.
        Guidance - (featuring Kashief "K. Forest" Hanson)
      • 14.
        Wonderful - (featuring The Weeknd)
レビュー
  • 自身の初作『Rodeo』を絶頂に、ドレイクやリアーナらの楽曲に関わった2015年はまさに彼の年だったと言っても差し支えないだろう。そのまま深く関与したリアーナの『Anti』以降はやや抑え気味になったものの、ウィズ・カリファ"Bake Sale"やミゲル、DJスネイクらの話題曲に参加した2016年も好調の波は続いている。その過程で制作されていたのがこのセカンド・アルバムだ。ブライアン・マックナイトを示す表題はヤング・サグとの連名ヒット"Pick Up The Phone"におけるクエヴォ(ミーゴス)のフレーズが気に入って付けたそうで、こういうノリがもっともらしく響くのも時代の寵児ならでは。冒頭曲からアンドレ3000がラップし、ケンドリック・ラマーやブライソン・ティラー、キッド・カディ、ウィークエンドらも招いているが、そこに重きを置かないアルバム構築の美学は蟹江師匠にも通じるもの。ゲトーな酩酊フロウと残響トラップのドープな深みヤバみは前作に譲ると思うが、勢いからして当然の全米No.1。まだ24歳か。
    bounce (C)椋鳥

    タワーレコード (vol.397(2016年11月25日発行号)掲載)

カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
ポイント15倍
293pt
販売価格(税込)
¥ 2,390
¥ 239(10%)オフ
¥ 2,151
販売中
在庫わずか
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加