こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

全ての画像を見る

ロック/ポップス

【CD】

Skiptracing

Mild High Club

  • ポイント10倍
  • オンラインキャンペーン価格
    ロック/ポップス スペシャルプライス 7%オフ
  • どちらで買ってもポイント10倍キャンペーン
    開催期間:5月24日(金)9:00~5月26日(日)23:59まで  期間中はオンラインショップでも、店舗でも、ポイント10倍! 店舗では10,000円以上お買い上げでポイント15倍も開催! [※詳しくはキャンペーン・ページでご確認ください]

販売中

在庫わずか

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥2,473
  • セール価格(税込)
    ¥2,300
    ¥173 (7 %) オフ
  • ポイント数
    21 ポイント →今なら213 ポイント!

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


Skiptracing

Mild High Club

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2016年08月上旬

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

輸入 (アメリカ盤)

レーベル

Stone Throw

規格品番

STH2373

商品の紹介

  • ジャンルレスに多才なアーティストを輩出してきた世界最高峰のインディレーベル:Stones Throw。デビューアルバムでソウル、ロック、ジャズまで幅広い音楽ファンから注目を集めた新鋭SSW:MILD HIGH CLUB、待望のセカンドアルバムが登場!
    MILD HIGH CLUB aka Alex BrettinはLAを拠点にジャズからソウル、ロックまで幅広いバックグラウンドを持ち、ギターからドラム、ベース、キーボード、そしてデジタル機材まで全て自身でこなすマルチミュージシャンだ。ビートルズ、バーズ、スティーリー・ダン、トッド・ラングレンといった60~70'sの巨匠たちから影響を受けたモダンヴィンテージなサウンドがローカルシーンで評価され、マック・デマルコやアリエル・ピンクといったメジャーアーティスト達とステージをシェアしてきた。
    Stones Throwボス、ピーナツ・バター・ウルフががメイヤー・ホーソーンやステップキッズの次を担うアーティストとしてバックアップするオルタナ・ソウル・アクトがこのMild High Clubだ。2015年にリリースされたデビューアルバムでまるで70年代カリフォルニアのラジオから流れてくるような耳触りの良いモダンヴィンテージ・プロダクションに世界中の多くの音楽ファンから一気に注目を集めた。そしてそのデビューアルバムを遥かに凌ぐ待望のセカンドアルバムが登場!アナログ感溢れる拘りのプロダクション、心地よいグルーヴとまどろむようなサウンド、ノスタルジックで歌ごころに溢れたメロディと歌声が生み出すまさにサザン・カリフォルニアならではのオープンマインドな空気感と洗練されたテイストが生んだビターでスウィートなモダンヴィンテージSSWサウンド!
    ソウル、ジャズ・ファンからインディロック・ファンまで幅広い音楽層におススメします!

    発売・販売元 提供資料 (2016/07/26)

  • Clash (Magazine) - "The title track provides the album with undoubtedly its most pop-friendly moments. Expertly faded in drums, festive percussion, and jangly guitars all feel organic and inviting, and Brettin's vocal melodies blend in seamlessly." Clash (Magazine) - "The title track provides the album with undoubtedly its most pop-friendly moments. Expertly faded in drums, festive percussion, and jangly guitars all feel organic and inviting, and Brettin's vocal melodies blend in seamlessly."

    Rovi

レビュー

  • 〈ストーンズ・スロウの未来を担う存在〉なんて呼び声も高い異能のマルチ・ミュージシャンが、2作目を発表した。脱力を誘う甘々なメロディーとグルーミーなムードによって、絶妙にイビツな風合いを生み出していくスタイルは健在。現実をグニャリと曲げるような威力は、フレンチ・ポップ・テイストの"Homage"などで如何なく発揮されている。メロウなスロウ・バラードの比重が若干増したのもポイント高し。
    bounce (C)桑原シロー

    タワーレコード (vol.394(2016年8月25日発行号)掲載)

作品の情報

メイン

その他

収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:30:21

Skiptracing arrives less than a year after Mild High Club's 2015 debut full-length Timeline, and while Alexander Brettin and his pals are still crafting a welcoming brand of mellow, sun-soaked psychedelic pop, they seem significantly more ambitious this time out. Timeline featured laid-back grooves that seemed simple but were far too detailed and considered to appear lazy, even if the music itself made an appropriate soundtrack for spending a sunny afternoon getting high. Skiptracing sports a much fuller sound and a wider scope, and takes more risks. A few songs on the debut had a bit of a Baroque flavor, and while traces of that continue into this album, particularly on "Homage," there's more of an easygoing lite funk sound to this one, with the Sunday morning groove "Tesselation" being a standout. There are more flourishes and changes to these songs' rhythms, and it's far more atmospheric, with widescreen keyboards washing over more delicate ones providing subtle melodies. The slow, kaleidoscopic sway of "Cary Me Back" feels like reflecting on one's troubles at a carnival -- life is difficult and you've made some bad decisions, but now is the time to forget about all that and try to enjoy yourself. On subsequent songs, Brettin ups the dosage a bit, shrouding his voice with blurry effects on many songs and turning the guitar distortion up during "Kokopelli." The album's back half includes a few experimental interludes -- "?Whodunit?" begins with backwards static effects before being attacked by drums weightlessly bashing away, and "Ceiling Zero" is about half-a-minute of Beach Boys harmonies and woodwinds. "Chapel Perilous" throws Jiminy Cricket into the mix by quoting "When You Wish Upon a Star" over swirling keyboards and backwards funk guitar licks. Brettin tries a lot harder to sound weird on Skiptracing than he did on Timeline, and the result is a more vivid album. ~ Paul Simpson

  1. 1. [CD]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Skiptracing

    close

    アーティスト
    Mild High Club

    2.

    Homage

    close

    アーティスト
    Mild High Club

    3.

    Cary Me Back

    close

    アーティスト
    Mild High Club

    4.

    Tesselation

    close

    アーティスト
    Mild High Club

    5.

    Head Out

    close

    アーティスト
    Mild High Club

    6.

    Kokopelli

    close

    アーティスト
    Mild High Club

    7.

    ?Whodunit?

    close

    アーティスト
    Mild High Club

    8.

    Chasing My Tail

    close

    アーティスト
    Mild High Club

    9.

    Ceiling Zero

    close

    アーティスト
    Mild High Club

    10.

    Chapel Perilous

    close

    アーティスト
    Mild High Club

    11.

    Skiptracing (Reprise)

    close

    アーティスト
    Mild High Club