ショッピングカート
Soul/Club/Rap
CD
Dress To Impress
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

商品ページ記載の「発送までの目安」よりお届けに時間がかかる場合がございます。
アウトレットセール
オンラインショップ限定 数量・期間限定の特別セール!(クレジットカード/d払い/宅配代金引換のみ可、クーポン/ポイント利用可、セブン-イレブン受け取り不可) / 「ケース割れ」「パッケージビニール破損」「ジャケット角潰れ」など、外装に若干のダメージがある商品も一部ございます。 こちらのセールはキャンセル不可となります。
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

輸入 (アメリカ盤)

パッケージ仕様

-

発売日

2016年07月22日

規格品番

88985306252

レーベル

RAL/Sony Music Entertainment

SKU

889853062522

作品の情報
メイン
アーティスト
ゲスト
アーティスト
Dru Hill
商品の紹介
87年のデビューから一貫してロマンティックかつエロい歌世界を堪能させてくれるR&Bレジェンド、キース・スウェットの5年ぶり新作!ヤギ声とも称される独特の粘着ヴォーカルに一度でもキュンもしくはジュンときたら最後、わが道を行き続ける彼のトリコに。先行曲(1)(3)をはじめ、ますます熟れて艶を増す五十路の御大の歌は、正装(Dress To Impress)で聴きたい名人芸です。
タワーレコード (2016/07/27)
ニューヨーク、ハーレム生まれのロマンティック・R&Bシンガー、キース・スウェット。前作『ティル・ザ・モーニング』(2011年)から5年ぶりに届けられるスタジオ・アルバム。先行してリリースされたシングル「Good Love」は全米アーバンACチャートで1位を獲得。続くシングル「Just The 2 of Us feat Takiya Mason」(オリジナル楽曲)も、キース・スェットらしいメロウなミディアム。そして「Let's Go To Bed 」ではLSGの盟友、故ジェラルド・レヴァートとの共演を収録。往年のファンにもたまらないサプライズとなっている。
25年以上に及び、キース・スウェットは常にソウル/R&Bシーンに輝かしいキャリアを築いてきた。80年代後半ニュー・ジャック・スウィング・シーンの築き上げたテディー・ラリーのプロデュースでR&Bとヒップホップを初めてブレンドしたシングル「アイ・ウォント・ハー」がメガヒットとなり、1987年にアルバム『メイク・イット・ラスト・フォーエヴァー』で華々しくデビューを飾った。その後もコンスタントにアルバムをリリースし、1996年には、キースの個性的なスウィートな歌声で女性ファンを魅了した「トゥイスティッド」が全米2位の大ヒットとなり、アルバム『キース・スウェット』は400万枚を超えるセールスを記録。数々のアワードを受賞したキースは90年代を代表するR&Bシンガーとなった。翌1997年にジェラルド・レヴァート、ジョニー・ギルの2人のヴェテランと共にR&Bユニット、LSGを結成。プロデューサーにショーン・コムズ(ディディー)とジャーメイン・デュプリ、そして豪華ゲストを迎えたアルバム『レヴァート、スウェット、ギル』は全米で200万枚のセールスを記録した。同時にプロデューサー、俳優としてもマルチな才能を発揮している。現在は、全米にネットワークされる人気ラジオ番組"The Sweat Hotel"のホストとしても活躍中である。
発売・販売元 提供資料 (2016/07/08)
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 01:06:23

Recording information: 116 Studios, Sacramento, CA, USA; Audio 7; Compound Studios; J2 Entertainment Studio, USA; The Sweat Shop, USA; WirlWide Studios. Photographer: Dewayne Rogers. Keith Sweat's first studio album since 2011 arrived as the singer's syndicated radio program, The Sweat Hotel, was approaching its tenth year. It could be deduced that the gig has sharpened Sweat's ears and pen, as Dress to Impress features his best round of songs in well over a decade. Beside a small cast of writing and production associates that includes Wirlie Morris and Derek Allen, Sweat focuses on romance and emotional connection. The album sounds fresh while drawing from numerous eras, just as the Sweat Hotel playlist roams from decade to decade. Most exemplary is "Just the 2 of Us," a duet with Takiya Mason that skillfully fuses classic Philly soul and "Make It Last Forever" without being too indebted to either one. As on the previous couple albums, background vocalists provide a lot of support, and Sweat's leads, more than ever, are about feeling more than technical prowess. Silk and Dru Hill, two groups whose success was due in part to Sweat's efforts, appear on separate tracks. The former enhance "Tonight," a sparkling traditional ballad co-written by Charlie Wilson. Speaking of legends, the pleading "Let's Go to Bed" concludes the album with a previously unutilized vocal from Gerald Levert. With its stream-fishing quantity of songs notwithstanding -- 16 cuts, well over an hour in duration -- Dress to Impress fulfills its intent. ~ Andy Kellman

    • 1.
      [CD]
      • 1.
        Good Love
      • 2.
        Tonight - (featuring Silk)
      • 3.
        Just the 2 of Us - (featuring Takiya Mason)
      • 4.
        Pulling Out the One
      • 5.
        Special Night
      • 6.
        Back and Forth
      • 7.
        Give You All of Me
      • 8.
        Missing You Like Crazy
      • 9.
        Lovers and Friends
      • 10.
        Feels Good
      • 11.
        Better Love
      • 12.
        Dressed to Impress
      • 13.
        Can't Let You Go
      • 14.
        Say
      • 15.
        Get It In
      • 16.
        Let's Go to Bed - (featuring Gerald Levert)
レビュー
  • 前作との違いを訊かれ、〈セイム(同じだ)!〉と言い切ったという逸話も有名な御大。この4年半ぶりの12作目でもブレない美学を込めながら、〈チェンジング・セイム〉な円熟も見せていく。馴染みのワーリー・モリスが手掛け、弟子のシルクを従えた煌めく夜のナンバー"Tonight"、タキヤ・メイソンなる新進女性シンガーを慣れた手つきでロマンティックにエスコートする"Just The 2 Of Us"など、彼らしいR&Bイズムの完成度は当然揺るぎない。さらにドゥルー・ヒルを迎えた"Missing You Like Crazy"をオージェイズへ捧げつつ、故ジェラルド・リヴァートをフィーチャーした"Let's Go To Bed"ではLSGを思い出させるなど、往年のリスナーへのサーヴィスも抜かりなく、ギャップ・バンド"Outstanding"と同じ歌い出しの表題曲にもニヤリとさせられる。年々マイルドになっている気がするヤギ声も、伝統芸をスムースにデリヴァリー。2016年最高のR&Bアルバムだ。
    bounce (C)池谷昌之

    タワーレコード (vol.395(2016年9月25日発行号)掲載)

カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
還元ポイント
対象外
販売価格(税込)
¥ 2,190
¥ 1,095(50%)オフ
¥ 1,095
販売中
在庫あり
発送までの目安:3日~5日

店舗から取り寄せる商品となります

cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加

サマリー/統計情報

欲しい物リスト登録者
1
(公開: 0 人)
コレクション登録者
0
(公開: 0 人)