こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

全ての画像を見る

K-POP/ワールド

【CD】

Azel

Bombino

  • オンラインキャンペーン価格
    ワールド/レゲエ スペシャルプライス 7%オフ

販売中

お取り寄せ

発送までの目安:14日~35日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

※入荷の見込みがないことが確認された場合や、ご注文後40日前後を経過しても入荷がない場合は、取り寄せ手配を終了し、この商品をキャンセルとさせていただきます

  • 通常価格(税込)
    ¥3,229
  • セール価格(税込)
    ¥3,003
    ¥226 (7 %) オフ
  • ポイント数
    27 ポイント

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


Azel

Bombino

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2016年04月01日

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

輸入

レーベル

PTKF

規格品番

12135

パッケージ仕様

デジパック

商品の紹介

  • ザ・ブラック・キーズのダン・オーバックが手がけた前作から3年、ニジェールはトゥアレグ族出身のギタリスト/シンガーソングライター、ボンビーノが3枚目のアルバムがリリース!今作のプロデューサーは、ダーティー・プロジェクターズのデイヴ・ロングストレス、ミックスはデイヴィッド・レンチ (FKAツイッグス他)!第55回グラミー賞プロデューサー・オブ・ジ・イヤーを獲得したザ・ブラック・キーズのダン・オーバックが手がけた前作『ノマド』(2013年)により、世界から注目されることとなった砂漠のブルース・ミュージシャン、ボンビーノが、3年の歳月を経て『アゼル』を完成。今回は人気米インディー・バンドのダーティー・プロジェクターズの中心人物デイヴ・ロングストレスをプロデューサーに、ミキサーにはデイヴィッド・レンチ (FKAツイッグス他)を迎えウッドストックにてレコーディング。Tichumaren (砂漠のブルース) を表現するその巧みなテクニック、ジミ・ヘンドリックスにそして地元愛や祖先へ注がれる情熱溢れる「サヘル(サハラ砂漠南縁部の半乾燥地域)のボブ・マーリー」と呼ばれるボンビーノの本作は、彼のアーティストとしての進化が深まっており、中には "Tuareggae"と形容される、軽快なリズムのトラックも含まれている。

    発売・販売元 提供資料 (2016/03/10)

  • Spin - "Producer and Dirty Projector Dave Longstreth leaves extraneous instrumentation mostly to the side while favoring a particularly bright mix highlighting Bombino's double-tracked guitar and a punchy drum kit..." Pitchfork (Website) - "[T]he virtuosic Saharan guitarist Bombino's latest album features a sublime iteration of desert blues that's both authentic and ambitious."

    Rovi

レビュー

  • ダン・オーバックのプロデュースによる前作で世界デビューを飾った〈砂漠のブルース〉の注目アーティストが、新たにダーティ・プロジェクターズのデイヴ・ロングストレスを指揮官に、FKAツイッグス仕事などで知られるデヴィッド・レンチをミキサーに迎えて3年ぶりにカムバック。ウッドストックで録音したこのアルバム、まず耳を惹くのは、速弾き混じりの独特なフレーズと変拍子混じりのリズム・カッティングを聴かせるフリーキーなエレクトリック・ギターの音色で、ジミ・ヘンドリックスも引き合いに出される生命力と躍動感に溢れたワイルドなプレイが文句なしにカッコイイ。そんな自由に歌い踊るギターに付いて行かんとするラフながらもタイトなバンド・サウンドもスリリングで、ボブ・マーリーにも似た素朴で真摯なヴォーカルも味わい深い。聴く者をグイグイと引き込んでいく魔力を秘めた粘着性&呪術性たっぷりのグルーヴは、クセになること必至!!
    bounce (C)ダイサク・ジョビン

    タワーレコード (vol.391(2016年5月25日発行号)掲載)

作品の情報

メイン

その他

収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:46:48

Personnel: Youba Dia (bass guitar); Mama "Mahassa" Walet Amoumene (background vocals). Audio Mixer: David Wrench. Recording information: Applehead Recording, Woodstock, Newyork; Studio Youba, Brussels. Azel is the second studio album recorded in the West by Tuareg Ifoghas guitarist, singer, and songwriter Bombino (Omara Moctar) and fifth overall. It stands in sharp contrast to 2013's Nomad, produced by Dan Auerbach. The earlier album placed Bombino's signature playing style -- directly descended from the Niger master Haja Bebe and informed by Jimi Hendrix and Mark Knopfler -- inside a melange of lap steel guitar, vibes, and a less syncopated rhythmic framework. While the songs and jams were unmistakably Bombino's, the sound and arrangements reflected the producer as much as the artist. Azel was produced by the Dirty Projectors' Dave Longstreth, a hardcore fan. Recorded in a converted barn in Woodstock, New York, this set delivers the full range of Bombino's gifts as composer, singer, and guitarist. The only Longstreth signature is the bright, canny mix. Bombino's double-tracked guitar is framed by a crack rhythm section. But more than this, the richness in his singing voice, with all its timbral and textural gradations, is accompanied by a female voice in the soulful instrument of Mama "Mahassa" Walet Amoumine. "Akhar Zaman" kicks the set off with the stinging razor tone of Bombino's electric guitar. The syncopated refrains and celebratory circular verses are pushed and pulled between popping tom-toms and punchy basslines as the guitarist fills and punctuates the sung lines. "Iwaranagh" begins in a midtempo Saharan drone as the singer dialogues with himself. Before the first minute ends, desert blues collide with what Bombino calls "Tuareggae." The effect is electrifying, with his guitars aided by a soaring B-3 and the rhythm section moving back and forth between Caribbean rocksteady and Niger blues grooves. The single "Timtar," with its slinky Saharan folk melody, is framed by a dubwise bassline, chunky guitar, and pulsing chords. Bombino also displays his heavy side with the blowout "Iyat Ninhay/Jaguar." This is Saharan rock on stun. The snare is mixed on top of a bluesy hard rock vamp born from a Sahel folk-inspired call-and-response lyric. The drive in Bombino's electric style is appended and multiplied in his acoustic music. The longing expressed on "Igmayagh Dum," the grief and militant solidarity on "Ashuhada," and the desolate loneliness in the closing "Naqqim Dagh Timshar" (We Are Left in This Abandoned Place) are devastatingly beautiful. As a man exiled twice due to political oppression in his homeland, his expression is emotional because it is experiential. Azel is essential, not just for Bombino's growing legion of fans or even those of music from the Sahara region. It is a remarkable example of 21st century popular music. It embraces and intertwines the history of various traditions, from West African folk to blues and rock to reggae -- and expands the reach of them all. ~ Thom Jurek

  1. 1. [CD]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Akhar Zaman [This Moment]

    close

    2.

    Iwaranagh [We Must]

    close

    3.

    Inar [If You Know the Degree of My Love for You]

    close

    4.

    Tamiditine Tarhanam [My Love, I Tell You]

    close

    5.

    Timtar [Memories]

    close

    6.

    Iyat Ninhay/Jaguar [A Great Desert I Saw]

    close

    7.

    Igmayagh Dum [My Lover]

    close

    8.

    Ashuhada [Martyrs of the First Rebellion]

    close

    9.

    Timidiwa [Friendship]

    close

    10.

    Naqqim Dagh Timshar [We Are Left in This Abandoned Place]

    close