ショッピングカート
J-Pop
CD
EYE
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

国内

パッケージ仕様

-

発売日

2016年03月16日

規格品番

UVCA-3035

レーベル

P.S.C.

SKU

4988023046952

作品の情報
メイン
アーティスト
商品の紹介
シンガー・ソングライター/サウンドクリエイター中塚武の前作『Lyrics』(2013年)から3年ぶり、通算7作目のオリジナル・アルバム。リード曲「JAPANESE BOY」を筆頭に、電子音と生楽器の賑やかなアンサンブルで独自の世界観を極めたサウンドスケープは中塚武の真骨頂ともいえる。本作でも楽曲制作からアレンジ、プログラミング、演奏、歌唱、コーラスに至るまで、本人自らが担当。 (C)RS
JMD (2016/02/02)
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:51:30

    • 1.
      [CD]
      • 1.
        JAPANESE BOY
        00:04:06
      • 2.
        プリズム
        00:04:45
      • 3.
        律動(リズム)
        00:03:30
      • 4.
        あの日、あのとき
        00:04:38
      • 5.
        初夏のメロディ
        00:05:14
      • 6.
        〇の∞ (album version)
        00:03:34
      • 10.
        ひとしずく
        00:03:54
      • 11.
        ひねもすえそらごと
        00:04:24
      • 12.
        からまるゆるめる
        00:05:09
レビュー
  • 前作に引き続き、全編で自身のヴォーカルをフィーチャーした新作だが、そのサウンドはジャズを基調にしながらより尖鋭的なものへ変化を遂げた。電子音が飛び交う"JAPANESE BOY"や、変拍子からワルツへとスイッチする"律動(リズム)"、ビッグバンド編成の"○の∞"、エレクトロニカ調の"ふれる"など多様なアプローチを見せる楽曲には、いずれも複雑なリズムやめくるめくハーモニーが盛り込まれており、先の読めないスリリングな展開の連続に圧倒される。軽やかなAOR"初夏のメロディ"のようにオーセンティックな歌モノとして享受できるナンバーも収めつつ、アルバム全体では、〈歌を中心に据える〉というポップソングのフォーマットからギリギリで逸脱しない大胆なアレンジが際立っているし、そのアグレッシヴな音の海に飲み込まれるような感覚が気持ちいい。ヒップホップなどを吸収しながら拡張する現行ジャズ界の動きに(恐らく)触発されつつ、非凡なソングライティングの才覚を自由に炸裂させた一枚だ。
    bounce (C)澤田大輔

    タワーレコード (vol.389(2016年3月25日発行号)掲載)

カスタマーズボイス
    評価する:
ニュース & 記事
還元ポイント
28pt
販売価格(税込)
¥ 3,080
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加