こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

全ての画像を見る

ロック/ポップス

【CD】

New Misery

Cullen Omori

  • オンラインキャンペーン価格
    ロック/ポップス スペシャルプライス 7%オフ

販売中

お取り寄せ

発送までの目安:2日~14日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

※入荷の見込みがないことが確認された場合や、ご注文後40日前後を経過しても入荷がない場合は、取り寄せ手配を終了し、この商品をキャンセルとさせていただきます

  • 通常価格(税込)
    ¥2,257
  • セール価格(税込)
    ¥2,099
    ¥158 (7 %) オフ
  • ポイント数
    19 ポイント

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


New Misery

Cullen Omori

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2016年03月18日

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

輸入

レーベル

Sub Pop

規格品番

SPCD1154

レビュー

  • 2014年に惜しまれつつも解散したスミス・ウェスタンズのフロントマンによる初のソロ・アルバム。ガールズの好敵手とも目されたバンド時代のギター主体な作りから、リヴァーブをたっぷりかけたシンセ・サウンドに移行しているものの、ナイーヴでノスタルジックな世界観は変わらず。テーマは〈ダーク・ポップ〉だそうで、ファンの裏側というか、青春の闇を見事に切り取っています。ダイヴの次はこれ!
    bounce (C)小泉いな子

    タワーレコード (vol.389(2016年3月25日発行号)掲載)

作品の情報

メイン

その他

収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:43:05

Personnel: Cullen Omori (vocals, guitar, piano, organ, synthesizer); Loren Humphrey (drums, percussion). Audio Mixer: Shane Stoneback. Recording information: Treefort Studios. Photographer: Alexa Lopez. Cullen Omori was just 17 years old when he co-founded the Smith Westerns, and for good or ill the experience was a major part of his early adulthood. After the Smith Westerns broke up in 2014, Omori appears to have made a conscious effort to separate himself from the band's punk-meets-glam attack. On his solo debut, 2016's New Misery, Omori has embraced an evocative and graceful brand of pop music that's informed by youth and experience at once. Suggesting a midpoint between the sublime early work of the Chamber Strings and the damaged beauty of Big Star's Third, New Misery fuses breathy pop melodies and lyrics that often confront life's disappointments. The tone of the album sometimes seems like therapy as much as art, but if this work is personal, Omori has also found a way to make it accessible, at least to indie pop fans. Omori performed most of this music himself, with a valuable assist from lead guitarist James Richardson and drummer Loren Humphrey. The results sometimes have the home-brewed quality of a bedroom four-track project, but that also adds to the music's potent atmosphere. Omori and producer Shane Stoneback have made canny use of synthesizer sweeps and melodies that somehow soar even in minor keys, as well as Omori's youthful vocal timbre. New Misery is a far cry from what Omori brought us in the Smith Westerns (beyond sharing a fascination with '70s music), but at its best, it's similarly accomplished. It's impressive that Omori has been able to conjure two musical personalities this distinct at the age of 26. New Misery may be uneven, but it confirms Cullen Omori has a musical future one might not have expected based on the Smith Westerns. ~ Mark Deming

  1. 1. [CD]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    No Big Deal

    close

    アーティスト
    Cullen Omori

    2.

    Two Kinds

    close

    アーティスト
    Cullen Omori

    3.

    Hey Girl

    close

    アーティスト
    Cullen Omori

    4.

    And Yet the World Still Turns

    close

    アーティスト
    Cullen Omori

    5.

    Cinnamon

    close

    アーティスト
    Cullen Omori

    6.

    Poison Dart

    close

    アーティスト
    Cullen Omori

    7.

    Sour Silk

    close

    アーティスト
    Cullen Omori

    8.

    Synthetic Romance

    close

    アーティスト
    Cullen Omori

    9.

    Be a Man

    close

    アーティスト
    Cullen Omori

    10.

    LOM

    close

    アーティスト
    Cullen Omori

    11.

    New Misery

    close

    アーティスト
    Cullen Omori