こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

商品詳細

ジャンル別のオススメ

【SACDハイブリッド】

Dvorak: Symphony No.7 & No.8

アンドレス・オロスコ=エストラーダヒューストン交響楽団

  • ポイント10倍

販売中

お取り寄せ

発送までの目安:14日~35日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

※入荷の見込みがないことが確認された場合や、ご注文後40日前後を経過しても入荷がない場合は、取り寄せ手配を終了し、この商品をキャンセルとさせていただきます

  • 通常価格(税込)
    ¥3,121
  • セール価格(税込)
    ¥2,559
    ¥562 (18 %) オフ
  • ポイント数
    23 ポイント →今なら237 ポイント!

カートに入れる

店舗で取置き

商品の情報

発売日

2016/03/19

フォーマット

SACDハイブリッド

構成数

1

製造国

輸入

レーベル

PentaTone Classics

規格品番

PTC5186578

商品の紹介

  • 熱演!
    俊英オロスコ=エストラーダが
    手兵ヒューストン響と
    ドヴォルザークの交響曲第7、8番をライヴ収録!!

    SACDハイブリッド盤。1977年、コロンビアのメデジン生まれの俊英指揮者アンドレス・オロスコ=エストラーダが現在音楽監督をつとめるヒューストン交響楽団とドヴォルザークの交響曲第7番、8番をライヴ収録しました。
    オロスコ=エストラーダは1997年からウィーン国立音楽大学で指揮を学び、2004年ウィーン楽友協会にて急遽ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団を指揮し一躍注目を集めました。その後の活躍は華々しく2009年から2015年まで同管弦楽団の首席指揮者を、また2014年からhr交響楽団の首席指揮者の一方、2015年現在はヒューストン交響楽団の音楽監督をつとめております。さらに2015/16年シーズンからロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の首席客演指揮者に就任する世界の音楽界から注目を集めている俊英指揮者です。フレッシュな若々しさと情熱的な演奏で聴衆をわかせるオロスコ=エストラーダですが、手兵ヒューストン響とのドヴォルザークは圧巻の一言に尽きます。ドゥダメルを彷彿とさせる才気とカリスマぶりを証明した快演をお楽しみ下さい。
    キングインターナショナル

    発売・販売元 提供資料 (2015/12/14)

作品の情報

収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 01:17:00


【曲目】
ドヴォルザーク:
(1)交響曲第7 番 ニ短調 Op.70(i .11' 04" +ii .10' 03" +iii .7' 36" +iv .9' 32")
(2)交響曲第8 番 ト長調 Op.88(i .10' 30" +ii .11' 06" +iii .6' 04" +iv .10' 38")

【演奏】
アンドレス・オロスコ=エストラーダ(指揮)、ヒューストン交響楽団

【録音】
ライヴ録音:(1)2014年4月、(2)2015年3月/ヒューストン

  1. 1. [SACDハイブリッド]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Symphony No. 7 in D minor, Opus 70: I. Allegro maestoso

    close

    2.

    Symphony No. 7 in D minor, Opus 70: I. Poco adagio

    close

    3.

    Symphony No. 7 in D minor, Opus 70: III. Scherzo: Vivace

    close

    4.

    Symphony No. 7 in D minor, Opus 70: IV. Finale: Allegro

    close

    5.

    Symphony No. 8 in G major, Opus 88: I. Allegro con brio

    close

    6.

    Symphony No. 8 in G major, Opus 88: II. Adagio

    close

    7.

    Symphony No. 8 in G major, Opus 88: III. Allegretto grazioso

    close

    8.

    Symphony No. 8 in G major, Opus 88: IV. Allegro, ma non troppo

    close