こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

ソウル/クラブ/ラップ

【LPレコード】

Brava

Brodinski

  • ソウル/クラブ/ラップ輸入盤レコード/アナログ10%オフ
    LP、12"、10"、7"が期間限定プライスオフ

販売中

お取り寄せ

発送までの目安:7日~21日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

※入荷の見込みがないことが確認された場合や、ご注文後40日前後を経過しても入荷がない場合は、取り寄せ手配を終了し、この商品をキャンセルとさせていただきます

  • 通常価格(税込)
    ¥5,379
  • セール価格(税込)
    ¥4,841
    ¥538 (10 %) オフ
  • ポイント数
    44 ポイント

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


Brava

Brodinski

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2015年03月09日

フォーマット

LPレコード

構成数

2

製造国

輸入

レーベル

Parlophone

規格品番

0825646152278

商品の紹介

  • Billboard - "[B]y weaving in distinctly techno elements, like twitchy sirens and acid breaks, the result is something darker, speedier and unmistakably his."

    Rovi

レビュー

  • SDとの先行カット"Can't Help Myself"の時点でわかってはいたものの、この初作をもってブロディンスキーは、フレンチ新世代という前時代的な形容や、『Yeezus』参加という勲章の余波も完全に踏み越えることになる。トラップやスクリュー~スラブなどUSサウス発祥の作法が単にエクストリームな音響装置という側面に偏って拡散されてきた例は多いが、ここで彼が展開するのは根本的な肉体性を損なわないドープな重量級ベース・サウンド。ブリック・ベイビー・シットロがマルーカと跳ねる"Bury Me"をはじめ、OVO発の"Tuesday"で脚光を浴びたアイ・ラヴ・マコネン、大御所スリム・サグ、さらに(D4Lの)2$ファボやヤング・スクーターらATL勢のロウな援護も抜群だ。ヒップホップ好きに大推薦したい傑作!
    bounce (C)出嶌孝次

    タワーレコード (vol.378(2015年4月25日発行号)掲載)

作品の情報

メイン

収録内容

構成数 | 2枚

A French house producer who rarely offers French house music, Brodinski launched his career as an electro don who perfectly fits with Bugged Out! or Southern Fried, but his later work is left-field hip-hop of the highest order, the kind of stuff that attracted mavericks like Danny Brown and Kanye West. Here, the indie electronica DJ with two productions on West's monolithic Yeezus LP makes his album debut with an unexpected and excellent blast of fractured tracks, some so skeletal and wobbly they sound like the Chicago genre of footwork as heard through a nu-disco remix. "Bury Me," with Maluca and MPA Shitro, is a good example as it jerks like a zombie while shining like a diamond, but a more downtown version is "I Can't Help Myself," where SD stutters over trap booms and blasts before disappearing in a whirlwind of rave-rap beats. The weird "Need for Speed," with Louisahhh and Bloody Jay, sounds as if Giorgio Moroder called for Lil Jon, got Trinidad James instead, and was happy the mistake happened; then there's the pounding acid number called "Hector," which is one-part Mad Decent and one-part happy hardcore. With dark bass, aggressive attitude, and the word "bitch" used for emphasis, both Three 6 Mafia and Pimp C's influences are in full effect throughout the album, but even with all these touchstones and special guests, Brava has a unique voice, one that's choppy, quirky, welcoming, and likely smells of blunts when it burps. Think of Mr. Oizo signed to Hypnotized Minds, or Chief Keef as Erol Alkan's hype man, and the delightful, wobbly magic of Brodinski's debut will come as less of a shock. ~ David Jeffries

  1. 1. [LPレコード]

  2. 2. [LPレコード]