ショッピングカート
クラシック
DVD
ドキュメンタリー「ヘンリク・グレツキ: 悲歌のシンフォニー」
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

オンラインキャンペーン価格
クラシック スペシャルプライス15%オフ
商品の情報

フォーマット

DVD

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2020年01月28日

規格品番

109131

レーベル

Arthaus Musik

SKU

807280913194

スペック

収録時間:53分/音声:ステレオ2.0(ポーランド語, ドイツ語)/字幕:英, 独, 仏, 韓, 日/画面:4:3/REGION All(Code:0)/<DVD>片面単層ディスク

商品の紹介
20世紀の半ば、ロシア、ポーランドなど共産主義政権下の音楽家たちは当局から厳しい抑圧を受けていました。しかし1956年にポーランド、ワルシャワで現代音楽祭「ワルシャワの秋」が始まったことで、彼らの創造の自由が一気に緩和され、数多くの作曲家たちが思い思いの音楽を書くようになっていきます。ヘンリク・グレツキもその一人であり、いくつかの実験的な作品を通じて国際的に知られて行くようになります。しかし1970年代に入ると、グレツキは前衛的な作風に背を向け、少しずつ宗教的、瞑想的な音楽を書くようになります。1976年、ソプラノ独唱と管弦楽のために書かれた「悲歌のシンフォニー」はこの時期のグレツキを象徴する作品で、ゆったりとしたテンポで歌うオーケストラと、様々な時代の嘆きの詩を歌うソプラノが醸しだす雰囲気は、確かに新しい時代を予測させるにふさわしいものだったのです。しかし、この作品が世界中の人々に広く知れ渡ることになったのは、1992年に録音されたドーン・アップショウとジンマン&ロンドン・シンフォニエッタの演奏によってであることは間違いありません。当時、現代音楽の先鋒であったノンサッチ社は、この盤も単なる「普通の新譜」としての扱いでしたが、イギリスの放送局がこの曲の第2楽章を番組のテーマ音楽として使用したため、多くの人の耳に届くこととなり、それは爆発的な人気となって、遂にイギリスのクラシック・アルバム・チャートで第1位を獲得することとなります(全アルバム・チャートでも第6位!)。この映像は、名監督トニー・パルマーが「悲歌のシンフォニー」の成り立ちを追いながら、抑圧された作曲家グレツキの本質に迫っていくものです。なぜこの曲が生まれたか、そして人気を確立したか。これらが淡々と描かれていきます。
ナクソス・ジャパン
発売・販売元 提供資料 (2015/09/17)
収録内容

構成数 | 1枚

日本語字幕あり

トニー・パルマーによるドキュメンタリー映像
    • 1.
      [DVD]
カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
還元ポイント
29pt
販売価格(税込)
¥ 3,839
¥ 576(15%)オフ
¥ 3,263
販売中
在庫わずか
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加