こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

雑誌

【雑誌】

Guitar magazine 2015年10月号

  • ポイント10倍

現在オンラインショップ取扱なし

  • 価格(税込)
    ¥980

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


Guitar magazine 2015年10月号

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2015年09月12日

フォーマット

雑誌

構成数

1

製造国

国内

レーベル

リットーミュージック

規格品番

02933-10

版型

A4変

ページ数

262

作品の情報

その他

  • フィーチャードアーティスト : 横山健

収録内容

構成数 | 1枚

【表紙】横山健

■Featured Guitarists
横山健
世界で最も美しいギターとパンクギター・ヒーローの邂逅
日本が誇るパンクロック・ギター・ヒーロー、横山健。彼が"世界で最も美しいギター"とも称されるグレッチと出会い、その衝動に突き動かされるように完成させたのが新作『Sentimental Trash』だ。近作は"怒り"(『Four』/2010年)や"震災後の心象風景"(『Best Wishes』/2012年)といった要因が作品制作に強い影響を与えていたが、本作では"ギターを鳴らす喜び"というピュアな想いに溢れており、その瑞々しいエモーションは作品の中で鳴り響く"ロックンロール"な楽曲からも強く感じることができる。さらにグレッチの132年に及ぶ歴史の中で日本人として初となるシグネチャー・モデル"Kenny Falcon"が開発されるなど、新たなギターがアルバム制作に与えた影響は計り知れない。今回、最新インタビュー、箱モノ・ギター・コレクション、グレッチ・ファクトリー・ツアー、奏法分析などをとおして、まばゆい輝きを放つ横山健の魅力に迫る。

■Featured Guitarists
デヴィッド・ギルモア
新作『飛翔』と静かなる狂気 CD連動
9年ぶりとなるデヴィッド・ギルモアのソロ・アルバム『飛翔』が期待を大きく上回る内容だ。インストと歌ものをうまく混ぜつつ、ジャズ、トラッド、ファンク、音響系といった種々の音楽性が揺るぎないギルモア節で展開。惜しげも無く鳴り響くギター・プレイには、静けさと同時になにやら狂気めいたものを感じさせる。今年世に出た作品の中でも指折りのギター・アルバムと言えるだろう。そんな『飛翔』の魅力を徹底検証する。

■The Instruments
衝撃の重低音!
PABLOが弾く魅惑のEXロング・スケール CD連動

■名手直伝!誌上スペシャル・セミナー
NAOKI(SA)の
イメージで弾くパンクギター・ソロの真髄 CD連動

■Special Session
竹安堅一×曽根巧
共鳴するロックンロール魂 CD連動

■インタビュー
◎横山健×山本彩(NMB48)
◎toe
◎ハナレグミ
◎アルバート・ハモンド・ジュニア
◎コートニー・バーネット
◎小野瀬雅生&横山剣
◎SCREW
◎Drop's
◎フィリップ・セイス
◎シアターブルック
◎Kunio Kishida
◎戸高賢史
◎仲井戸"CHABO"麗市
◎ましまろ
◎フラワーカンパニーズ
◎ガス G.
◎Crossfaith
◎J×溝口和紀×masasucks
◎ブラフマン
◎アイアン・メイデン

■GM SELECTIONS
「I Won't Turn Off My Radio」Ken Yokoyama
「クレイジー・ダイアモンド(Parts1-5)」ピンク・フロイド

■連載
■Perfect Seminar
■Musicians Institute Japan誌上ギター・クリニック
■ギターを思いっきり弾けるプライベート・スタジオ
■イチから知りたいレス・ポール学
■New Products Review

  1. 1. [雑誌]