ショッピングカート
Soul/Club/Rap
CD
Calling All Lovers
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

オンラインキャンペーン価格
発売済み輸入盤スペシャルプライス10%オフ
開催期間:2021年6月21日(月)11:00~6月30日(水)23:59まで! [※期間中のご予約・お取り寄せ・ご注文が対象 ※店舗取置・店舗予約サービスは除く]
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

輸入 (アメリカ盤)

パッケージ仕様

-

発売日

2015年10月02日

規格品番

88875038962

レーベル

Epic/Streamline Records

SKU

888750389626

作品の情報
メイン
アーティスト
オリジナル発売日
2015年
商品の紹介
シンガー・ソングライター、TVパーソナリティー、ダンサー、女優・・・とマルチに活躍するアメリカの人気セレブリティ、テイマー・ブラクストン。姉トニ・ブラクストンはじめ、ブラクストン4姉妹で結成した"The Braxtons"の末っ子として少女時代からエンターテイメントの世界で活躍し、2011年からTVで放送されているブラクストン4姉妹によるリアリティーショー『Braxton Family Values』で一気にブレイク。2015年現在も続く同番組で、またトーク番組『The Real』のホストとして、アメリカのお茶の間で大人気。ソウル・R&Bシンガーとして実力も高く評価されており、今作は『Love and War』(2013年)から2年振りにリリースされる3rdアルバム。伸びやかでシルキーな歌声が冴えわたるラヴ・ソング「If IDon't Have You」は全米アダルトR&Bチャートでも好発進。発売日は9.11で、全米が大切な人に想いを馳せる日ということも、今作では大きな意味を持つ。シンガーという枠を越えてメッセージを発信するテイマー・ブラクストンが、全ての人々に愛のメッセージを伝える作品。しっとりとした大人の女性の歌声が聴く者を包み込む。
発売・販売元 提供資料 (2015/08/24)
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:48:29

Photographers: Robert Ector; Marcelo Cantu. Tamar Braxton's return to music in 2013 could not have gone much better. Love and War debuted at number two, featured a number one R&B hit and two additional singles that either scraped or peaked near the Top Ten. Three Grammy nominations resulted. Follow-up Calling All Lovers is wrapped up like it offers even more theatrics. Braxton isn't smiling in any of the photos contained in the booklet, which is made to look like a newspaper titled Tamartian Times. (Braxtonian Beacon was likely never considered; "Tamartian" is a nod to her followers). The album starts in scattered fashion with some neo-reggae, a retro-modern midtempo groove that evokes breakbeat-driven early-'90s productions, and a church-ified ballad. After those three songs, the album stabilizes, sliding between a number of plush ballads and sophisticated but bumping slow jams. Heartache prevails during the first half and crests with "Never," an authoritative and elegantly paced kiss-off of an inappreciative lover. The latter half is mostly about devotion and awe, while the back-to-back "Love It" (all booming bass, tapping keyboards, and rattling percussion) and "Must Be Good to You" (light and springy disco-funk) turn it up several degrees with Braxton offering firm declarations of her sexual power. Calling All Lovers doesn't merely offer more than what its packaging suggests. It might not feature a single as big as "Love and War," but it tops that song's parent album. ~ Andy Kellman

    • 1.
      [CD]
      • 1.
        Angels & Demons
      • 2.
        Catfish
      • 3.
        Simple Things
      • 4.
        Broken Record
      • 5.
        Never
      • 6.
        Circles
      • 7.
        If I Don't Have You
      • 8.
        Raise the Bar
      • 9.
        I Love You
      • 10.
        Makin' Love
      • 11.
        Love It
      • 12.
        Must Be Good to You
      • 13.
        Free Fallin'
      • 14.
        King
レビュー
  • ブラクストン姉妹の中で現在もっとも勢いのあるテイマー。2年ぶりのオリジナル新作は、前半こそレゲエ調の"Angels & Demons"や90sR&B的なスウィング調アップ"Catfish"で畳み掛けるも、ポロウ・ダ・ドンが手掛けた"Broken Record"、ブライアン・アレクサンダー・モーガン制作の"Never"、DJキャンパー製の"Raise The Bar"など、レトロ系からアンビエント系まで、お茶の間人気を受けて全方位に訴えかけるようなバラードを中心とした構成だ。とりわけインターンズの手掛けた"If I Don't Have You"は、ありったけのエモーションを込めて歌い上げる力強いバラードで、一時期の姉トニに迫るほど。終盤では時流に即したディスコ調のアップ"Must Be Good To You"も登場し、奔放なイメージも裏切らない。
    bounce (C)林剛

    タワーレコード (vol.384(2015年10月25日発行号)掲載)

カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
ポイント15倍
268pt
販売価格(税込)
¥ 2,190
¥ 219(10%)オフ
¥ 1,971
販売中
在庫わずか
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加