こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

ソウル/クラブ/ラップ

【CD】

Rodeo: Deluxe Edition

Travi$ Scott

  • オンラインキャンペーン価格
    ソウル/クラブ/ラップ スペシャルプライス 7%オフ

販売中

在庫わずか

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥2,149
  • セール価格(税込)
    ¥1,999
    ¥150 (7 %) オフ
  • ポイント数
    18 ポイント

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


Rodeo: Deluxe Edition

Travi$ Scott

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2015年09月04日

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

輸入 (アメリカ盤)

レーベル

Epic/Grand Hustle

規格品番

88875103362

商品の紹介

  • ラッパーとしてだけでなく、リアーナの新曲を手掛けるなどプロデューサーとしても注目を集めるトラヴィス・スコット。登場してからカニエとT.I.のレーベルを渡り歩き、常にシーンを賑わせてきた彼が遂にデビュー・アルバムをリリース!エイサップ・ロッキーばりのセンセーションを巻き起こすと目される、ヒップホップ界最大の大型新人!目が離せない!

    タワーレコード (2015/09/01)

  • 最もホットなラッパー/プロデューサーとして注目を集めるトラヴィス・スコット。テキサス州ヒューストン出身の23歳(2015年時)。2013年にカニエ・ウエスト率いるG.O.O.D. Musicとプロデューサー契約、同年、米ヒップホップ誌XXLが毎年期待の新人を発表する恒例企画「XXL Freshmen Class2013」にも選出。 (過去にはウィズ・カリファ、ビッグ・ショーン、J.コール、イギー・アゼリア、キッド・インク、ケンドリック・ラマー、ジョーイ・バッドアスなど、現アーバン界で大ブレイクを果たしたアーティストらが選出されている)その後、T.I.率いるGrand Hustleレーベルと契約。自身の「Upper Echelon ft. T.I., 2 Chainz」を皮切りに数々のシングル・ヒットを飛ばし、これまでにリリースした2作のミックステープ『Owl Pharaoh』『Days Before Rodeo』で着実にシーンでの存在感を高め、その傍でプロデューサーとしてもリアーナの新曲「Bitch Better Have My Money」を手掛けるなど多彩な才能を発揮。シーンに登場してからは常にヒップホップ・アーバン・シーンを賑わせてきながらも、なかなかメジャー・デビューをしなかったトラヴィス・スコットが、ついにデビュー・アルバムをリリース!アメリカのみならず、ヨーロッパでのツアーも大成功させており、Lollapalooza 2015では、ステージ前方にファンが殺到したことにより、一時ライブが中断するといったハプニングが起こるなど、その人気の高さがうかがえる。アーバン・シーンに留まらないトラックセンスと、ファッション/ライフスタイルでも注目されるストリート性はとにかく注目の的で、彼をバックアップするカニエ・ウエストや、最近ではA$AP Rockyデビュー時のような、大器の登場を予感させる。

    発売・販売元 提供資料 (2015/08/17)

  • Rolling Stone - 3 stars out of 5 -- "Scott has a flair for roping far-flung guests into his punk underworld." Clash (Magazine) - "[T]he production is razor sharp, the beats are skewed and often very loud which makes them feel important..."

    Rovi

レビュー

  • 『Magna Carta Holy Grail』や『Yeezus』の裏方として注目され、ミックステープも評価を得てきたHタウン出身の23歳(2015年時)。2015年はドレイクやマドンナの制作、メジャー・レイザーとの共演、そして新曲に携わったリアーナとの熱愛報道…と、どう考えてもノリにノッている最中に超待望のアルバム・デビューだ。プロダクションは気鋭のワンダガールやアレン・リッター、メトロ・ブーミンらに委ね、総監督のマイク・ディーンが全体像をドープな輪郭にトリートメントしている。UGKネタの"Wasted"やスレイヴ使いの"Flying High"なども挿み、夜行性の酩酊フロウと残響ビーツが織り成す深いヤバさは、エイサップ・ロッキーが嫉妬しそうなほど。リオ・コーエンが後見するのも頷けるというか……恐れ入りました。
    bounce (C)出嶌孝次

    タワーレコード (vol.382(2015年8月25日発行号)掲載)

作品の情報

ゲスト

メイン

オリジナル盤発売日:2015年

収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 01:05:25

Recording information: Platinum Sound Recording Studios, New York, NY. Photographer: Nabil Elderkin. While Lady Gaga was working the avant side of pop, hip-hop was doing the same thing without a true figurehead. Artists from Kid Cudi to A$AP Mob were coming at the genre from all sorts of new angles, but with their feet firmly in the rap camp; then producer Travis Scott came along, sounding like Chief Keef but with a much broader brush, offering an attractive version of acid rap that landed him on Kanye West's GOOD Music label with a debut album that's so 2015 it features the ultra-hip trifecta of Future, the Weeknd, and Justin Bieber. Make those three a Venn diagram and Scott is the man in the middle, wonderfully weird and as stylish-sounding as the first two, and yet with a slick appeal that crosses over like Bieber, which is the biggest problem for detractors: it's all for show with no filling. Still, with lines like "Always kept my city on me like it was a Swatch" and "My dick longer than a Pringle box" over beats that honor and match edgy acts like Death Grips (the raw "Piss on Your Grave" featuring Kanye West) and Future (who appears alongside 2 Chainz on the sprawling highlight "3500"), Rodeo is an absurd wonder that thankfully works. That's up to and including Bieber, Young Thug, and Scott's bedroom brain-burner "Maria I'm Drunk," which is the ultra sheen of Taylor Swift with the lust of Miguel experienced via shrooms. "Wasted" sounds like Juicy J did an album for Stones Throw, "Flying High" with Toro y Moi borrows some of Slave's "Slide" so the indie party people get an anthem, then the very big "90210" travels across decades' worth of film soundtrack styles while sampling the late Pimp C as T.I. narrates. Weird that T.I. doesn't rap, and weirder still that Scott barely produces on this album, handing it over to returning and like-minded collaborators like Metro Boomin, Ultra$ound, and Mike Dean. His executive producer credit, however, is on point as the aesthetics of his early work are all here, and with "We designed our love, around these drugs" being the album's most profound lyrical moment, he may not be Nas, but he may be Warhol. As Kanye and Gaga try to bridge the gap between pop and art, this artist thrives in the chasm. Like Warhol said, "I love plastic, I want to be plastic," and with Rodeo, Travis Scott becomes a designer drug. ~ David Jeffries

エディション | Deluxe Edition

  1. 1. [CD]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Pornography

    close

    2.

    Oh My Dis Side

    close

    3.

    3500 - (featuring Future/2 Chainz)

    close

    4.

    Wasted - (featuring Juicy J)

    close

    5.

    90210

    close

    6.

    Pray 4 Love - (featuring The Weeknd)

    close

    7.

    Nightcrawler - (featuring Chief Keef/Swae Lee)

    close

    8.

    Piss on Your Grave

    close

    9.

    Antidote

    close

    10.

    Impossible

    close

    11.

    Maria I'm Drunk - (featuring Justin Bieber/Young Thug)

    close

    12.

    Flying High - (featuring Toro y Moi)

    close

    13.

    I Can Tell

    close

    14.

    Apple Pie

    close

    15.

    Never Catch Me

    close

    16.

    OK Alright - (featuring ScHoolboy Q)

    close