ショッピングカート
DVD/ブルーレイ
DVD
ファイナル・デッドシャッター 本当にあった呪いのカメラ
★★★★★
★★★★★
0.0

お取り寄せの商品となります

入荷の見込みがないことが確認された場合や、ご注文後40日前後を経過しても入荷がない場合は、取り寄せ手配を終了し、この商品をキャンセルとさせていただきます。

商品の情報

フォーマット

DVD

構成数

1

国内/輸入

国内

パッケージ仕様

-

発売日

2015年10月23日

規格品番

ECLS-0122

レーベル

エクリプス

SKU

4571398921223

商品の説明

超人気のホラー・シリーズ『ファイナル・デッド』シリーズの流れを組む、衝撃の不条理連続怪死ホラー!
犠牲者は全員、あるカメラの被写体になっていた! ──そしてそのカメラは実在する!!

★日本のホラー映画のファンの間では、超人気のホラー・タイトル『ファイナル・デッド~』。その新作がここに登場! 犠牲者たちは、"ある何か<=悪魔? 呪い?>"に繋がれ、次々と怪死してゆく。
今回の"ある何か"とは《カメラ》! あるカメラの被写体になってしまった人々は、全員、次々と謎の不審死を遂げる!!

★本作で取り上げられた"呪いのカメラ"は本当にあった!
ホラー映画を撮り続け、ホラー映画界の新鋭と注目を集めつつある、本作の監督:フィリップ・エイドリアン・ブース。新たなホラー映画のテーマを探していた彼は、とある過去の新聞記事を見つける。それは彼の出身国:イギリスの地方新聞の"CURSED CAMERA(呪いのカメラ)?"というタイトルが付いた記事だった。その記事によると、1985年7月英国のある地方都市で、説明のつかない不可解な連続怪死事件が発生した。地元警察が捜査を進めていくと、その怪死事件の犠牲になった者たちは全員、ある"カメラ"の被写体になっていたという共通点があった。この出来事を気味悪がったその街の住民たちは、そのカメラを"呪いのカメラ"として、イタリアの某有名教会の地下に封印してもらった。その上その教会の神父は、毎年7月の9日間に渡って聖書を読み聞かせ、呪いを抑え込んでいるという。その記事にインスパイアを受けたフィリップ・エイドリアン・ブースは、それをテーマにした映画の脚本に取り掛かった。当然監督はそのカメラがあったと言われる英国の街に赴き、現地調査をしたものの、当時を知る現地の人の口は堅かった。が、その記事と地元で得たわずかな手掛りを元に物語を構築し、自らのアイデアも組み込み、鮮烈なホラー映画を仕上げた!!

★実録ホラーとして制作スタートした本作。忌み嫌う"呪いのカメラ"の存在感は抜群で、数々の人間を怪死させるという恐怖映像を見せてゆくのだが、監督のアイデアで物語のクライマックスは、監督が尊敬してやまないギレルモ・デル・トロのダーク・ファンタジーの世界まで一気に昇華させ、『パンズ・ラビリンス』の世界を彷彿させる展開までもってゆく。──この斬新な展開は、監督:フィリップ・エイドリアン・ブースを恐怖映画の新たな旗手として、注目に値する人物になってゆくであろう!!

作品の情報
あらすじ
祖父の死去を知った写真家:ブランドンは、祖父の資産相続人となった。遺体写真家だった祖父が住んでいた家に行ったブランドンは、そこで祖父が使っていた古い"カメラ"を見つける。ブランドンは早速そのカメラで写真を撮り始めるが、そのカメラにはすさまじい呪いが込められていることを知らなかった。写真に写った夫婦やアシスタントは次々と謎の怪死を遂げ、その魔の手は遂にブランドンの息子にも及ぼうとしていた・・・・。
メイン
その他
制作
クリス・レジナ (製作総指揮)
カレン・オハラ (製作総指揮)
音楽[映画制作用]
制作国
アメリカ
制作年
2014
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:00:00

【特典映像】
オリジナル予告編(2種)
日本版予告編
カスタマーズボイス
    評価する:
ニュース & 記事
還元ポイント
38pt
販売価格(税込)
¥ 4,180
販売中
お取り寄せ
発送までの目安:2日~7日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加