こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

ソウル/クラブ/ラップ

【CD】

Piteous Gate

M.E.S.H.

  • ポイント10倍

販売中

在庫あり

発送までの目安:3日~5日

※店舗から取り寄せる商品となります

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

※入荷の見込みがないことが確認された場合や、ご注文後40日前後を経過しても入荷がない場合は、取り寄せ手配を終了し、この商品をキャンセルとさせていただきます

  • 通常価格(税込)
    ¥2,473
  • セール価格(税込)
    ¥2,300
    ¥173 (7 %) オフ
  • ポイント数
    21 ポイント →今なら213 ポイント!

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


Piteous Gate

M.E.S.H.

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2015年07月下旬

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

輸入

レーベル

Pan

規格品番

PAN66CD

商品の紹介

  • M.E.S.H.のデビュー・アルバム。より断片化したベース・ミュージックにオリエンタリズムを織り交ぜたコンテンポラリーでシネマティックな音像と情景。OPNやゴルジェ以降のコラージュ感覚とベース・ミュージックのストリート感覚が完全一体化した電子音楽の新境地!
    ベルグハインでも開催されたベルリン地下の新鋭クルー〔JANUS〕のレジデント、ARCAやFatima Al Qadiriのリミックス、〈PAN〉からのEPリリース、コンテンポラリー・アート作家とのコラボなど、着実に注目度を高めてきたM.E.S.H.がいよいよアルバムを発表。 前作のダンス・ミュージックからミュージック・コンクレート的な音響作品へと深まった本作。暗黒の異空間で鳴り響くインダストリアルな金属物質の衝突と摩擦による破壊的なサウンドとエディット、叙情的なオリエンタリズムな旋律とインストルメントを挿入し、 ダンスの"動"から空間の"静"を活かしたかつてない実験的な電子音楽へと発展。

    発売・販売元 提供資料 (2015/07/14)

レビュー

  • メッシュから届けられた待望の初アルバム。EPではギリギリ保たれていたダンス・ミュージックとしての正気をあっさりと放り投げ、〈質量〉や〈定位〉を逸脱したビートは、映画「インセプション」よろしく水平/垂直のレイヤリングがもう変態すぎるコラージュ音狂作品へと着地。グライミーな空洞キックがハットの役割として不穏なリディムを刻んだり、分裂気味にこれでもかと破綻させた金属ビートを風景化するコンテンポラリー・アート感は聴き手の三半規管を新感覚に刺激……ベーシーでミュータントな電子音楽が急速にプロパー化してきた速すぎるそのスピード感に変な恐怖を憶えつつ、タイトルを見て腑に落ちるというか、平熱でしてやったりな氏の顔が浮かぶ謎盤でございます。
    bounce (C)ヌーディーマン

    タワーレコード (vol.381(2015年7月25日発行号)掲載)

作品の情報

メイン

その他

収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:31:08

Audio Mixer: James Whipple. As a co-founder of Berlin club night Janus along with fellow American expatriate Lotic, James Whipple has long been scouring cyberspace for hard-edged, futuristic sounds and recontextualizing them for the dancefloor. His initial releases as M.E.S.H. combined the jagged beats of U.K. grime and garage with dubby textures and a sense of meticulous sound design common to IDM producers such as Autechre, resulting in a sound and aesthetic occasionally referred to as "post-Internet." His debut full-length, Piteous Gate, is a bold step forward, leaving behind much of the dance-informed elements of his previous work and creating an unpredictable, sometimes frightening album of dark, theatrical soundscapes. The album utilizes plenty of harsh, demolishing sounds (the beat to "Optimate" sounds like a massive baseball bat smashing into a window) as well as more delicate ones, such as lutes and other Renaissance instruments. Dramatic horn sounds collide with thundering bass and skull-smashing beats, but there's an eerie sense of calm surrounding everything. M.E.S.H. doesn't constantly overwhelm the listener with punishing sounds, leaving plenty of space to breathe and reflect, and even provides a few lovely, more straightforward interludes such as "Jester's Visage." Piteous Gate is a gripping, suspenseful audio thriller, and along with 2015 releases by Fis, Lotic, Rabit, and Amnesia Scanner, it provides an eye-opening overview of how certain corners of the electronic music underground push club-derived sounds into confounding, challenging new directions. ~ Paul Simpson

  1. 1. [CD]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Piteous Gate

    close

    アーティスト
    M.E.S.H.

    2.

    Optimate

    close

    アーティスト
    M.E.S.H.

    3.

    Thorium

    close

    アーティスト
    M.E.S.H.

    4.

    Black Pill, The

    close

    アーティスト
    M.E.S.H.

    5.

    Kritikal & X

    close

    アーティスト
    M.E.S.H.

    6.

    Epithet

    close

    アーティスト
    M.E.S.H.

    7.

    Jester's Visage

    close

    アーティスト
    M.E.S.H.

    8.

    Methy Imbib

    close

    アーティスト
    M.E.S.H.

    9.

    Azov Seepage

    close

    アーティスト
    M.E.S.H.