こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

全ての画像を見る

ロック/ポップス

【CD】

Venom: Deluxe Edition

Bullet For My Valentine

  • オンラインキャンペーン価格
    ロック/ポップス スペシャルプライス 7%オフ

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥2,581
  • セール価格(税込)
    ¥2,400
    ¥181 (7 %) オフ
  • ポイント数
    22 ポイント

カートに入れる

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


Venom: Deluxe Edition

Bullet For My Valentine

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2015年08月14日

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

輸入 (ヨーロッパ盤)

レーベル

RCA Records

規格品番

88875117242

商品の紹介

  • UKが生んだ新世代メタル・ヒーロー、ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタインの前作『テンパー・テンパー』に続く2年ぶり5枚目のスタジオ・アルバム『ヴェノム』が完成!プロデューサーに1stアルバム『ザ・ポイズン』、そして名盤との呼び声高い2ndアルバム『スクリーム・エイム・ファイアー』を手掛けたコリン・リチャードソンを迎え、初期の攻撃的メタル・サウンドに立ち返った音作りを意識した新世代メタル・ヒーローの名にふさわしい破壊力抜群の新アルバム。すべてのメタル・ファンに聴いてもらいたい永久保存盤!

    発売・販売元 提供資料 (2015/06/22)

  • NME (Magazine) - "It's full of all the things that made them a success in the first place, namely, duelling guitars, pounding breakdowns and choruses built for fields full of delirious metalheads to scream along to."

    Rovi

レビュー

  • この5作目は震えるほどヤバイ! メロディック・メタルコア人気を決定付けた初期2作でお馴染みのコリン・リチャードソンと共に、原点回帰をめざして作られ、冒頭からエクストリーム度マックスの不気味な楽曲で攻めまくっているじゃないか! ザクザクと刻まれる殺傷力抜群のギターや、クリーン・トーンとスクリームの鮮やかな対比が完全復活。王道メタルを志向した近作も捨て難いが、BFMFはやっぱりこうでなきゃ!
    bounce (C)山口コージー

    タワーレコード (vol.382(2015年8月25日発行号)掲載)

作品の情報

メイン

その他

オリジナル盤発売日:2015年

収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:57:07

Personnel: Matthew Tuck (vocals, guitar); Jamie Mathias (vocals); Michael Paget (guitar); Michael E. Thomas (drums). Recording information: Metropolis Studio, London, UK. The Welsh metal unit's fifth studio long-player, the aptly named Venom finds Bullet for My Valentine on the defensive, offering up a meaty and aggressive 11-track set aimed squarely at diffusing some of the concerns that fans voiced upon the release of 2013's uneven Temper Temper. After a short ambient intro, the band wastes little time in getting their hands dirty, digging into the first single "No Way Out" with all the delicacy of a lion pack descending on a broken-legged gazelle. A visceral mix of taut, dueling guitar-monies, old-school thrash propulsion, and a chorus that burrows into your eardrums and lays eggs, it's the perfect opening volley, even though it sets the bar a bit high for what follows. Bullet for My Valentine have always worn their influences proudly (and loudly) on their tattered sleeves (Metallica, Anthrax, Iron Maiden, Pantera, etc.), and that penchant for classicist metal serves as Venom's foundation, but the band is also a product of its time, and post-hardcore breakdowns and generic blasts of screamo-fueled angst are likely to creep in and occasionally dumb down the proceedings, especially on less immediate cuts like "Worthless" and "Harder the Heart (The Harder It Breaks)." That said, it's hard to find fault with the album's high points, as each of them, from the aforementioned "No Way Out" to the brooding, slow-burn title track and the unabashedly stadium-ready "You Want a Battle? (Here's a War)," undeniably play to the group's strengths. The band's detractors will probably complain that the template remains firmly in place, and the band is aimlessly trekking through well-trodden terrain, but by returning to their roots, Bullet for My Valentine seem to have reignited the spark that made their early work so vital. ~ James Christopher Monger

エディション | Deluxe Edition

  1. 1. [CD]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    V

    close

    2.

    No Way Out

    close

    3.

    Army of Noise

    close

    4.

    Worthless

    close

    5.

    You Want a Battle? (Here's a War)

    close

    6.

    Broken

    close

    7.

    Venom

    close

    8.

    Harder the Heart, The (The Harder It Breaks)

    close

    9.

    Skin

    close

    10.

    Hell or High Water

    close

    11.

    Pariah

    close

    12.

    Playing God

    close

    13.

    Run for Your Life

    close

    14.

    In Loving Memory [Demo Version]

    close

    15.

    Raising Hell

    close