こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

クラシック

廃盤

在庫わずか

発送までの目安:3日~5日

※店舗から取り寄せる商品となります

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

※入荷の見込みがないことが確認された場合や、ご注文後40日前後を経過しても入荷がない場合は、取り寄せ手配を終了し、この商品をキャンセルとさせていただきます

  • 価格(税込)
    ¥1,885
  • ポイント数
    17 ポイント

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


ショパン: ピアノ協奏曲第1番&第2番, 他<タワーレコード限定>

ステファン・アスケナーゼ

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の説明

世界初CD化(3-5)
オリジナル・ジャケット・デザイン使用(ブックレット内に他のジャケットとジャケット裏も掲載)
オリジナル・マスターからのハイビット・ハイサンプリング(192kHz、24bit)音源を CDマスターに使用
解説:福本健氏、寺西基之氏、遠藤勝彦氏

商品の情報

発売日

2015年06月03日

フォーマット

CD

構成数

2

製造国

国内

レーベル

TOWER RECORDS UNIVERSAL VINTAGE COLLECTION +plus

規格品番

PROC-1709

商品の紹介

  • アルゲリッチや内田光子の師匠としても名高い、アスケナーゼの貴重な協奏曲録音他を復刻!CD2は世界初CD化!

    ステファン・アスケナーゼ(1896~1985)はポーランド出身のピアニストで、その名が示す通りユダヤ系の出自をもっています。彼がピアノの手ほどきを受けた母親は、ショパンの弟子カロル・ミクリに学んだピアニスト。そして彼はリストの弟子の大ピアニスト、エミール・フォン・ザウアーにも学びましたから、彼の中にはショパン直系のポーランドの演奏伝統と、ベートーヴェン→ツェルニー→リストと連なるドイツの演奏伝統の二つが流れている訳です。1919年、ウィーンでデビューし、ピアニストとして活躍する傍ら、早くから教育者としても活動し、ベルギーのブリュッセル音楽院で長く教鞭をとりました。その門下からは同郷の後輩アンドレ・チャイコフスキー、アルゼンチン出身のマルタ・アルゲリッチ、そして日本の内田光子らを輩出しています。演奏家としてのアスケナーゼは、ショパン弾きとして名高く、同時にバッハからブラームスに至るドイツ系のレパートリーも得意としました。その芸風は音色、強弱、緩急を曲想に応じて多様に変化させるロマンティックなものでした。彼が演奏家として生きたのはロマンティックな演奏様式が次第に過去のものとされ、新古典主義的な演奏様式が主流を占める様になった時代です。1967年に発行された「名曲レコード事典」(音楽之友社)で彼の項を見ると次のような文章にあたります。「その演奏様式はロマンティックで、ゆっくりとしたテンポでルバートを利かせ、情緒纏綿としたショパンを聞かせる。今こういうスタイルでショパンを演奏するピアニストは少なく、その意味で珍重されるが、やや古くさいといえる。」(上野一郎氏評)(1/2)

    タワーレコード (2015/05/07)

  • 要するに彼の演奏は時代遅れと見なされていた訳です。ドイツ・グラモフォンへの録音も、その大部分がつい最近まで廃盤のままで、教育者としては名高いアスケナーゼも演奏家としては忘れられた存在となっていました。しかし、時代は変わりました。インターネットの発達により古今東西、様々な資料に簡単にアクセスできるようになり、古い時代のものも埋もれることなく、様々な価値観が並立しうる世の中となっています。クラシックの演奏様式も百花繚乱の様相を呈しています。かつて「古くさい」の一言と片づけられたアスケナーゼの芸術に再び光を当て、その豊かな演奏内容を味わっていただくため、彼がDGにステレオ録音したショパンのピアノ協奏曲集と、シューベルト、リスト、メンデルスゾーン、ショパンの作品を集めた小品集(PROC1711 として別途発売)を復刻しました。ステレオ録音のショパンのピアノ協奏曲第2番はこれが世界初CD化となる貴重な音源です。尚、国内盤と輸入盤で「アスケナーゼの芸術」全7枚組BOXがかつてありましたが、そちらにはピアノ協奏曲第2番はF.レーマン&BPOとの旧盤(1952年モノラル録音)が収められていました。この度の再発売が、"ピアニスト"アスケナーゼ再評価の狼煙となれば、それに勝る幸せはありません。今回の復刻では、ジャケットにLP 初出時のオリジナル・デザインを使用し、従来通りオリジナルのマスター・テープからハイビット・ハイサンプリング (192kHz、24bit)音源をCD マスターに使用しました。(2/2)

    タワーレコード (2015/05/07)

作品の情報

収録内容

構成数 | 2枚


【曲目】
フレデリック・ショパン:
<CD1>
1. ピアノ協奏曲 第1 番 ホ短調 作品11
2. ロンド《クラコヴィヤク》 ヘ長調 作品14
<CD2>
3. ピアノ協奏曲 第2 番 へ短調 作品21
4. ポロネーズ 第6 番 変イ長調 作品53《英雄》
5. ポロネーズ 第3 番 イ長調 作品40 の1《軍隊》

【演奏】
ステファン・アスケナーゼ(ピアノ)
ハーグ・レジデンティ管弦楽団(1,2)、 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(3)
ウィレム・ファン・オッテルロー(指揮)(1,2)、 レオポルト・ルートヴィヒ(3)

【録音】
1959年7月25-26日 アムステルダム、コンセルトヘボウ(1,2)、1962年4月27-30日 ベルリン、UFA トーンスタジオ(3-5)

【原盤】
Deutsche Grammophon

  1. 1. [CD]

  2. 2. [CD]