こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

全ての画像を見る

クラシック

  • オペラ

【CD】

ワーグナー: 舞台神聖祝典劇「パルジファル」全曲 (1951年録音)<タワーレコード限定>

ハンス・クナッパーツブッシュバイロイト祝祭管弦楽団

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 価格(税込)
    ¥3,086
  • ポイント数
    28 ポイント

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


ワーグナー: 舞台神聖祝典劇「パルジファル」全曲 (1951年録音)<タワーレコード限定>

ハンス・クナッパーツブッシュ

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の説明

モノラル録音
歌詞対訳無し
オリジナル・ジャケット・デザイン使用
オリジナル・マスターからのハイビット・ハイサンプリング(192kHz、24bit)音源をCDマスターに使用
解説:舩木篤也氏、永竹由幸氏、長谷川勝英氏、解説書合計13ページ

商品の情報

発売日

2015年03月25日

フォーマット

CD

構成数

4

製造国

国内

レーベル

TOWER RECORDS UNIVERSAL VINTAGE COLLECTION +plus

規格品番

PROC-1661

商品の紹介

  • 1951年バイロイトでの伝説的な"パルジファル"が復活!DECCAレーベルでは久々の復刻。
    第2次大戦後6年を経てようやく再開されたバイロイト音楽祭での記念碑的なライヴ・レコーディングによる、クナッパーツブッシュの「パルジファル」が復活。1951年のバイロイト音楽祭の開幕を飾ったフルトヴェングラー指揮によるベートーヴェン「第9」(EMIによるライヴ収録)の翌日、7月30日にプレミエを迎えたクナッパーツブッシュ指揮、ヴィーランド・ワーグナー演出による「パルジファル」の新演出上演は8月25日まで6回上演されました。プロデューサーのジョン・カルショウとエンジニアのケネス・ウィルキンソンを中心としたイギリス・デッカ・チームは、このうちの2回の公演(日程は不明)と総練習を収録、そこから最終的なマスターを編集し、翌1952年1月にLP6枚組で発売されたのが、「パルジファル」録音史上初の全曲録音となった当盤です。
    題名役のヴィントガッセンを始め、マルタ・メードル(クンドリ)、ジョージ・ロンドン(アンフォルタス)、ルートヴィヒ・ウェーバー(グルネマンツ)、ヘルマン・ウーデ(クリングゾール)など、戦後の「新バイロイト」を担うことになる当時としても最高のキャストが集められています(全6公演はシングル・キャスト)。合唱指揮には、同じくこの年バイロイトで指揮したカラヤンの推薦で、アーヘンからヴィルヘルム・ピッツが招聘され、これもまた戦後のバイロイトの象徴ともなった見事な合唱団を組織することになりました。なお録音には関係ないですが、ヴィーラント・ワーグナー演出による象徴主義的ともいえる舞台は、1966年のヴィーラントの死後も1973年まで20年以上にわたってほぼ毎年上演され、バイロイト音楽祭の名物となりました。
    クナッパーツブッシュはこの1951年以降、1953年を除き亡くなる前年の1964年まで毎年バイロイト音楽祭に登場し、戦後のバイロイトの支柱的存在となりました。特に「パルジファル」は、クラウスに譲った1953年、クリュイタンスと分担した1957年を除き、その指揮を一手に引き受けていました。クナッパーツブッシュによるバイロイトでの「パルジファル」は、1962年の上演がフィリップスによってステレオ収録され、歴史的名盤の呼び声が高いですが、当1951年盤は、1962年に比べてトータルで演奏時間が約22分も長く、ゆっくりとしたテンポでスケール雄大に聖杯を巡るドラマを描き上げています。(1/2)

    タワーレコード (2015/02/25)

  • モノラルながら音質も良好で、バイロイト祝祭劇場の奥行きの深く天井の高いステージの雰囲気を見事に再現しています(たとえば第1幕後半で舞台奥から歌うティトレルや同幕最後のアルト・ソロの空間的距離感を見事に表出しています)。それでいて舞台上の歌手や合唱は明晰に収録され、独特の蓋で覆われたピットの中で演奏するオーケストラとのバランスも絶妙です。従来のオペラ録音の常套だった歌手のバランスを大きくするのではなく、オーケストラの細部の音やヴォリューム感を感じさせるサウンド作りは、後のステレオ時代になってデッカが標榜する「ソニックステージ」の先駆けともいえるでしょう。客席から見える場所にはマイクを仕掛けることが出来なかったため、ウィルキンソンは、オーケストラ・ピットの覆いに隠したマイク、舞台上の声を収録するフットライトに隠したマイクに加えて、客席の天井の高い位置につりさげたマイクを使って演奏を収録し、それらをミックスすることによって素晴らしいバランスのサウンドを作り上げたのです。隣り合った録音室でカラヤン指揮の「マイスタージンガー」などを収録していたEMIのスタッフも、デッカの音質の素晴らしさに驚嘆していたということです。クナッパーツブッシュによるバイロイトでの「パルジファル」は、現在ではほかの年の公演が放送録音からさまざまな形でCD化されていますが、バイエルン放送によるモノラル中継放送をもとにしているため、鮮明度ではこのデッカ盤(および1962年フィリップス盤)とは比較になりません。
    日本では、1962年盤が1964年の「レコード・アカデミー賞」の大賞を受賞するなど早くから高く評価されていたのに対し、当1951年盤はなぜかLP時代には国内盤として発売されず、CD時代の1991年12月になってようやく登場しました(ロンドンPOCL-2251~4)。今回の再発売はそれ以来、ほぼ四半世紀ぶりとなります。さらに不思議なことに、1951年盤のCDは、正規音源としては海外では本家のデッカから発売されたことはなく、1992年にワーナーミュージック傘下のテルデック・レーベルのヒストリック・シリーズから発売されたのが唯一です。隣接権が切れて以降は、さまざまなレーベルからCD化されていますが、それだけにかえって、ユニバーサルミュージックが保有するオリジナル・マスターから新たにリマスタリングされる今回のCD化は重要な意味合いを持っているといえるでしょう。
    復刻に関してはこれまでのコンセプト通り、オリジナル・マスターからのハイビット・ハイサンプリング(192kHz,24bit)でデジタル化した音源をCDマスターに使用しました。解説書には、新規で舩木篤也氏による序文解説を掲載しました。クナッパーツブッシュの没後50年に相応しい、保存盤です。(2/2)

    タワーレコード (2015/02/25)

作品の情報

収録内容

構成数 | 4枚


【収録曲】
リヒャルト・ワーグナー:舞台神聖祝典劇《パルジファル》全曲
<DISC1-2>
第1幕
<DISC2>
第2幕
<DISC3>
第3幕

【演奏】
アンフォルタス………ジョージ・ロンドン(バリトン)
ティトゥレル………アーノルド・ヴァン・ミル(バス)
グルネマンツ………ルートヴィヒ・ヴェーバー(バス)
パルジファル………ヴォルフガング・ヴィントガッセン(テノール)
クリングゾール………ヘルマン・ウーデ(バス)
クンドリ………マルタ・メードル(メッゾ・ソプラノ)
聖杯守護の第1の騎士………ヴァルター・フリッツ(テノール)
聖杯守護の第2の騎士………ヴェルナー・ファウルハーバー(バリトン)
アルト・ソロ………ルート・ジーヴェルト(アルト)
第1の小姓………ハンナ・ルートヴィヒ(ソプラノ)
第2の小姓………エルフリーデ・ヴィルト(ソプラノ)
第3の小姓………グンター・バルダウフ(テノール)
第4の小姓………ゲルハルト・シュトルツェ(テノール)
バイロイト祝祭劇場管弦楽団・合唱団
ハンス・クナッパーツブッシュ(指揮)

【録音】
1951年7月、8月 バイロイト祝祭大劇場(ライヴ) モノラル録音

【原盤】
Decca

  1. 1. [CD]

  2. 2. [CD]

  3. 3. [CD]

  4. 4. [CD]

収録内容を見る