こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

ジャズ

【LPレコード】

The Complete Tony Bennett/Bill Evans Recordings<限定盤>

Tony BennettBill Evans (Piano)

  • ポイント10倍

現在オンラインショップ取扱なし

  • 通常価格(税込)
    ¥15,001
  • セール価格(税込)
    ¥13,501
    ¥1,500 (10 %) オフ

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


The Complete Tony Bennett/Bill Evans Recordings<限定盤>

Tony Bennett

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2015年04月28日

フォーマット

LPレコード

構成数

4

製造国

輸入 (アメリカ盤)

レーベル

Concord

規格品番

FAN36453

パッケージ仕様

ボックス

商品の紹介

  • ちょうど40年前にポピュラー音楽の帝王トニー・ベネットが伝説のジャズ・ピアニストビル・エヴァンスと一緒に2枚のアルバムを制作、その伝説のレコーディングの全てがついに重量盤アナログで登場。

    数多くのオルタネイト・テイクやボーナス・トラックを収録したボックス・セット。デラックスなボックス・セットはコレクターが喜ぶリソグラフ,レアな写真やWill Friedwaldによるライナーノーツ(トニー・ベネットの自伝『The Good Life』の著者)などを掲載した12ページのブックレットも封入。
    1975年のアルバム『Tony Bennett / Bill Evans』からすべてはスタートしたが、伝説の2人が優劣ない立場でグレート・アメリカン・ソングブックの名曲たち"The Days of Wine and Roses," "Young and Foolish", "The Touch of Your Lips"さらにビル・エヴァンスの代表曲"Waltz for Debby" にGene Leesの書いた詩を載せて歌うなど、とても熱のこもった、かつバランスのとれた作品でBennettも Evansも個々に輝いていて、協力し合った名盤。Bennettと Evansが選曲もし、ほぼ自発的にアレンジも考え、どのテイクを使うかも選んだ。Bennettは思い出す。「セッションの前には選曲に関しても2人で何も話さなかったよ。 僕が「この曲はどう?」と聞くとビルは「それはいいね!やってみよう!」てな具合でキーを探してやってみるみたいな感じだったんだ。」とBennett。
    レコーディングの後にこの2人でいくつかライヴも行ったが、中でもNew Yorkで行われたNewport Jazz Festivalでの演奏は世界中でTV放映された。
    1976年に Bennett and Evansは再びともにスタジオに入り『Together Again』を録音。この作品も前作同様のインプロヴィゼーション豊かなスタンダード・アルバムになっていてEvansのソロ"The Bad and the Beautiful" からはじまり、"Lucky to Be Me," "You're Nearer," "You Don't Know What Love Is."とつづく。さらにEvansのオリジナル "The Two Lonely People"には Carol Hallの詩がのせられた歌で盛り上がる。
    どちらの作品も一緒にレコーディングされたもので素晴らしいオルタネイト・テイクがいくつもあり、本作ではそれらを収録。特にCole Porterの "Dream Dancing." などは必聴もの!

    発売・販売元 提供資料 (2015/02/17)

  • トニー・ベネットと、伝説のジャズ・ピアニスト=ビル・エヴァンスが一緒に2枚のアルバムを制作、その伝説のレコーディングの全てが重量盤アナログで登場。数多くのオルタネイト・テイクやボーナス・トラックを収録した4枚組LPボックス・セット。リトグラフ、レアな写真やウィル・フライドウォルド(トニー・ベネットの自伝『The Good Life』の著者)によるライナーノーツなどを掲載した12ページのブックレットも封入。1975年のアルバム『Tony Bennett / Bill Evans』からすべてはスタート。2人が優劣ない立場でグレート・アメリカン・ソングブックの名曲たち"The Days of Wine and Roses""Young and Foolish""The Touch of Your Lips"さらにビル・エヴァンスの代表曲"Waltz for Debby"にジーン・リースの書いた詩を載せて歌うなど、とても熱のこもった、かつバランスのとれた作品でベネットもエヴァンスも個々に輝いていて、協力し合った名盤。そして再びともにスタジオに入り録音した1976年の『Together Again』。この作品も前作同様のインプロヴィゼーション豊かなスタンダード・アルバムになっており、エヴァンスのソロ"The Bad and the Beautiful" からはじまり、"Lucky to Be Me""You're Nearer""You Don't Know What Love Is"とつづく。さらにエヴァンスのオリジナル"The Two Lonely People"にはキャロル・ホールの詩がのせられた歌で盛り上がる。どちらの作品も同じセッションで録音されたもので素晴らしいオルタネイト・テイクがいくつもあり、本作ではそれらも収録。特にコール・ポーターの"Dream Dancing"などは必聴もの!

    発売・販売元 提供資料 (2015/02/17)

作品の情報

メイン

収録内容

構成数 | 4枚

合計収録時間 | 02:33:08

Having completed his relatively brief sojourn with MGM/Verve with 1973's Listen Easy, Tony Bennett was in the midst of forming his own label, Improv Records, when he made a deal with jazz pianist Bill Evans to cut two LPs: The Tony Bennett/Bill Evans Album and Together Again. (The first would be for Evans' label, Fantasy Records, the second to follow on Improv.) The singer and his collaborator -- "accompanist" does not adequately describe Evans' contribution, and in any case he received co-billing -- got together in a recording studio over four days in June 1975 with no one other than the producer, Helen Keane and an engineer present, and quickly recorded two of the best albums of either's career. For Bennett, it was a dream project; for years (decades, actually), he had been balancing the demands of commerciality with his own inclinations toward jazz and affection for the songs of Broadway masters and of the Great American Songbook. Left to himself with a jazz partner, he naturally gravitated toward both interests. There were songs here that he had already recorded, but never in so unadorned and yet fully realized a fashion. Evans was an excellent accompanist, using his steady left hand to keep his singer centered, but ready, whenever the vocals were finished, to go off into his characteristically lyrical playing. Bennett could seem a bit earthbound when he came back in (he still wasn't really a jazz singer), but his obvious enthusiasm for the project, coupled with his mastery of phrasing in songs he understood perfectly made him an equal in the partnership. As far as the major-label record business was concerned, the 46-year-old singer might have been over the hill and indulging himself, but in fact he was in his prime and finally able to pursue his ambitions unfettered, and that would prove itself a major boost to his career over time. For the moment, he'd made an excellent jazz-pop hybrid in which both musicians were shown off to advantage. [Of the 20 alternate takes and two bonus tracks included in this complete package, nine are previously unreleased except on the Bennett box set, The Complete Improv Recordings. Not surprisingly, they are more interesting for Evans' different improvisations than for anything else. But they also demonstrate that he and Bennett tried different approaches to the tunes. "Young and Foolish," the lead-off track on their first album, begins with both Bennett and Evans on the refrain, but the alternate take starts with Evans alone, followed by Bennett singing the song's introductory verse instead; the version runs a minute longer. The alternate take of "The Touch of Your Lips," on the other hand, is at a faster tempo and a minute shorter. None of the alternate takes actually improves on the originally released ones, but they show how well considered the album was.] ~ William Ruhlmann

録音 | ステレオ (Studio)

  1. 1. [LPレコード] DISC 1:

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Young and Foolish

    close

    2.

    Touch of Your Lips, The

    close

    3.

    Some Other Time

    close

    4.

    When in Rome

    close

    5.

    We'll Be Together Again

    close

    6.

    My Foolish Heart

    close

    7.

    Waltz for Debby

    close

    8.

    But Beautiful

    close

    9.

    Days of Wine and Roses

    close

  2. 2. [LPレコード] DISC 2:

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Bad and the Beautiful, The

    close

    2.

    Lucky to Be Me

    close

    3.

    Make Someone Happy

    close

    4.

    You're Nearer

    close

    5.

    Child Is Born, A

    close

    6.

    Two Lonely People, The

    close

    7.

    You Don't Know What Love Is

    close

    8.

    Maybe September

    close

    9.

    Lonely Girl

    close

    10.

    You Must Believe in Spring

    close

  3. 3. [LPレコード] DISC 3:

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Who Can I Turn To?

    close

    2.

    Dream Dancing

    close

    3.

    Young and Foolish

    close

    4.

    Touch of Your Lips, The

    close

    5.

    Some Other Time

    close

    6.

    When in Rome

    close

    7.

    Waltz for Debby

    close

    8.

    Bad and the Beautiful, The

    close

    9.

    Bad and the Beautiful, The

    close

    10.

    Make Someone Happy

    close

    11.

    You're Nearer

    close

    12.

    Child Is Born, A

    close

    13.

    Child Is Born, A

    close

  4. 4. [LPレコード] DISC 4:

収録内容を見る