こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

全ての画像を見る

ロック/ポップス

【LPレコード】

The Breeze: An Appreciation of J.J. Cale

Eric Clapton & Friends

  • ロック/ポップス輸入盤レコード/アナログ10%オフ
    LP、12"、10"、7"が期間限定プライスオフ

販売中

在庫わずか

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥3,337
  • セール価格(税込)
    ¥3,003
    ¥334 (10 %) オフ
  • ポイント数
    27 ポイント

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


The Breeze: An Appreciation of J.J. Cale

Eric Clapton & Friends

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2014年07月29日

フォーマット

LPレコード

構成数

2

製造国

輸入 (International Version)

レーベル

Polydor

規格品番

3787764

商品の紹介

  • JJ Caleへ。さよなら、そしてありがとう。音楽で結ばれたイギリスとアメリカの偉大なミュージシャンの友情の証。

    ■本作: 2013年7月26日に74歳で亡くなったアメリカのオクラホマ州出身のシンガー・ソングライター、JJ Caleへの感謝の気持ちを込めて制作されたトリビュート・アルバム。JJはブルース、ロカビリー、カントリー、ジャズの境界を無くしたような独特なサウンド=”タルサ・サウンド“のオリジネイターの1人としても知られている。彼の音楽スタイルはしばしば「レイド・バック」(のんびりした、ゆったりした)と表現される。
    ■Eric Clapton: 誰もが知るロック・シーンの伝説のアーティスト、ヴォーカル、ギター、ドブロ、スライド・ギターを担当。
    ■プロデューサー: Eric Clapton と 前作”Old Sock”でもプロデューサーとして参加した元UKポップ・デュオ=Climie Fisher のSimon Climie
    ■参加ミュージシャン: 豪華な顔触れ!John Mayer (G、Vo)、Willie Nelson (Vo、G)Tom Petty(Vo)、Mark Knopfler(Vo、G) Don White(Vo、G)、 Christine Lakeland (Vo、Back Vo、Acoustic G)、Derek Trucks (G、Slide G)、Albert Lee (G)、Don Preston (Vo、G)、Reggie Young (G)、David Lindley (Slide G、G)、Greg Leisz (Pedal Steel G)、Doyle Bramhall II (Slide G)、Nathan East(B)、Jim Keltner(Ds)、Walt Richmond(Piano、Fender Rhodes 、Upright Piano、 Hammond B3、Wurlitzer、Tremolo Piano、Wurlitzer Strings)、Mickey Raphael(Bass Harmonica)、Jimmy Markham(Harmonica)、Simon Climie(Wurlitzer 、Steinway、Percussion、Synth Bass ,Drum Programming、Brass、B3 Organ、Keyboards、Upright Piano、Synthesizer Pads 、Backing Vo)、Michelle John, Sharon White(Backing Vo)Michelle John(Back Vo)、Sharon White(Back Vo)

    発売・販売元 提供資料 (2014/07/01)

  • Paste (magazine) - "[The artists] take their time with their solos and scrupulously resist any temptation to showboat or overplay. The resulting performances are respectful and understated."

    Rovi

レビュー

  • 友達の多いクラプトンらしく、ウィリー・ネルソンやトム・ペティ、ジョン・メイヤーにデレク・トラックスなど錚々たるメンツを揃えて作ったJJケイルへのトリビュート盤。JJとの共演作『The Road To Escondido』(2006年)よりもさらにシンプルなブルース/カントリー・ロックを展開していて、名曲群の魅力をストレートに伝えようとする姿勢に愛を感じます。昨今のアメリカーナ人気の流れで聴くのも、もちろんOK!
    bounce (C)赤瀧洋二

    タワーレコード (vol.369(2014年7月25日発行号)掲載)

作品の情報

メイン

その他

オリジナル盤発売日:2014年

収録内容

構成数 | 2枚

Tributee: J.J. Cale. In a sense, nearly every album Eric Clapton recorded after 1970 has been a tribute to J.J. Cale. On that first solo album, Clapton cut a cover of Cale's "After Midnight" and while he was under the spell of Delaney Bramlett for that album, soon enough Slowhand began drifting toward the laconic shuffle that was Cale's stock in trade. Clapton never hesitated to credit Cale, dropping his name in interviews, turning "Cocaine" into a modern standard, even going so far as to record an entire duet album with the Oklahoma troubadour called The Road to Escondido in 2006. In other words, E.C. owed J.J. little but after Cale passed at the age of 74, the guitarist decided to pay a full-scale tribute in the form of the 2014 LP The Breeze: An Appreciation of J.J. Cale. Working with most of his regular band, Clapton also invited a host of friends who share a soft spot for Cale, including Tom Petty, Mark Knopfler, John Mayer, Willie Nelson, and the Oklahoma-based singer Don White, whose vocals are within the range of the departed Cale. All of these musicians don't distract from E.C.'s version of J.J.: everybody slides into a laid-back, pristine roots groove -- only "I'll Be There (If You Ever Want Me)" boogies, but "Cajun Moon" skips along, too -- and one that's executed with the precision of old pros. Occasionally, a personal stylistic quirk stamps a track with a signature -- there's no mistaking Willie's idiosyncratic phrasing or Knopfler's Strat -- but otherwise, everybody is operating at the same relaxed pace, differences between the musicians disappearing alongside the distinctions between songs. It's all perfectly pleasant and a convincing testament to what Clapton learned from Cale. ~ Stephen Thomas Erlewine

  1. 1. [LPレコード] DISC 1:

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Call Me the Breeze

    close

    2.

    Rock and Roll Records

    close

    3.

    Someday

    close

    4.

    Lies

    close

    5.

    Sensitive Kind

    close

    6.

    Cajun Moon

    close

    7.

    Magnolia

    close

    8.

    I Got the Same Old Blues

    close

    9.

    Songbird

    close

    10.

    Since You Said Goodbye

    close

    11.

    I'll Be There (If You Ever Want Me)

    close

  2. 2. [LPレコード] DISC 2:

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Old Man and Me, The

    close

    2.

    Train to Nowhere

    close

    3.

    Starbound

    close

    4.

    Don't Wait

    close

    5.

    Crying Eyes

    close