ショッピングカート
Rock/Pop
CD
#7885 (エレクトロパンク~テクノポップ 1978-1985)
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

国内

パッケージ仕様

-

発売日

2014年06月25日

規格品番

TRCP-167

レーベル

Mute/Traffic

SKU

4571260583177

作品の情報
メイン
アーティスト
オリジナル発売日
2014年
商品の紹介
ノイズ/インダストリアルの草分け的存在であり、ポスト・パンク時代においてもっとも重要なバンドのひとつに挙げられる歴史的バンド、キャバレー・ヴォルテール。イギリスの工業都市シェフィールドで結成、先鋭的で破壊的なサンプリング/コラージュ手法でスロッビング・グリッスルと並ぶノイズ・バンドの代表格として地位を確立。その後、よりダイナミックな音響とビートをモノにしダンスへと歩を進め、今日のテクノ、アブストラクト、エレクトロに多大な影響を与えた。本作はキャバレー・ヴォルテールの長い歴史のなかでも1978-1981「ラフ・トレード」期と1983-1985「ヴァージン」期という彼らの大転換期の楽曲にフォーカスしたベスト盤。監修はメンバーであり中心人物のリチャード・カーク自らが担当しており「キャバレー・ヴォルテール入門的内容を目指した」と語るようにフロア対応の12インチではなく、あえて7インチ音源をメインにチョイスし、初リマスター化した注目作。

パンク/ニューウェイヴ・ムーブメントのなかラフ・トレードに移籍し、新たなインダストリアル・サウンドを確立したノイズ・バンドとして人気を博した「ラフ・トレード」期。そしてダンス・ビートを取り入れ、大胆なヴォーカル・サンプリングでエレクトロ・ダンス路線へと大きくシフト・チェンジ、「Sensoria」「James Brown」などのフロア・アンセムを生み出した「ヴァージン」期。インダストリアルからエレクトロニカまで、まさにエレクトロニック・ミュージックの生きた歴史と呼ぶべきキャブスの魅力を詰め込んだ、このベスト盤は現在のインダストリアル・ミュージック・リバイバルを語る上で外せない重要作品!
発売・販売元 提供資料 (2014/06/24)
収録内容

構成数 | 1枚

エディション | Remaster

    • 1.
      [CD]
カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
還元ポイント
20pt
販売価格(税込)
¥ 2,200
販売中
在庫わずか
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加